2019・G1 at 東京・大田区総合体育館 vol.2

#G1 #大田区総合体育館(2)


新日本プロレス「G1 CLIMAX 29」大田区総合体育館2日目
今日は気になるカードが多く、本当は全てを網羅しなければならないのだが、
メインを観たらそういうワケにも行かなくなった。その試合は・・・。

棚橋弘至vsKENTA
両者、シングル初対決。KENTAがNOAHに在籍していた時は対抗戦の切札的
なカードだったのだが、現状は「遅きに失した」、ないしは「タイミングを
逃した」と表現すべき試合だと思っていたのだが・・・。


結果から言えばKENTAの勝利
どちらかと言えば・・・と言うか、完全に棚橋寄りな僕だが、そういう贔屓目
を抜きにして考えても「棚橋弘至ってすげぇ・・・」と唸らずにはいられない。
KENTAの持ち味を引き出し、全く相手を格下にせず、その上で殺伐とした
世界を崩さずに試合をする。世界中のプロレスラーが憧れる筈である。


Go2Sleepを決め、勝利したKENTAはG1で2連勝。その内訳が棚橋飯伏
という事実は凄い。試合後に棚橋に求めた握手はおそらく本音。この試合で
何かを掴んだであろうKENTAは、当分の間新日本マットの主役級で活躍でき
る気がした。

KENTA2連勝に対し、棚橋・飯伏の両名は2連敗
特に飯伏の足の怪我が深刻らしく、以降のスケジュールに耐えられるか否か。
かなり心配・・・。

※リーグ戦結果
○ランス・アーチャー(2勝) vs. バッドラック・ファレ(1勝1敗)×
○ウィル・オスプレイ(1勝1敗) vs. SANADA(1勝1敗)×
○オカダ・カズチカ(2勝) vs. ザック・セイバーJr.(2敗)×
×飯伏幸太(2敗) vs. イービル(1勝1敗)○
×棚橋弘至(2敗) vs. KENTA(2勝)×

2019・G1 at 東京・大田区総合体育館 vol.1

#G1 #大田区総合体育館(1)


新日本プロレス「G1 CLIMAX 29」、ようやくBブロック初戦
大田区総合体育館という大会場、しかも2連戦。今の新日本は完全に無双状態


国内初戦となるジュース・ロビンソンvs鷹木信悟(ジュースの勝利)に続き、
共にG1初参戦となるジョン・モクスリーvsタイチのマッチアップ。驚いたこ
とに攻めるタイチ、受けるモクスリーという状態。タイチの攻撃を受けきり、
自分の土俵に引きずり込んだモクスリー、持ち味をフルに発揮しての勝利。
さすがに元WWE王者の肩書きはダテじゃなかった。


アップセットが起こったのは、僕がBブロック首位候補に挙げている内藤哲也
矢野通を迎え撃った試合。終わってみれば最初から最後まで完全に矢野ワー
ルドが展開された、と言わざるを得ない。今後に向けて巻き返すしか無い内藤
だが、後々この一敗は効いてくるかも。矢野もたまにはマジで優勝目指しても
いいと思うんだけどなぁ・・・。


セミの消耗戦、石井智宏 vs. ジェフ・コブ(石井の勝利)を挟み、メインに組
まれたのは後藤洋央紀vsジェイ・ホワイト。スランプ状態からLA道場に渡り、
柴田と練習してきた後藤に声援が集まる展開。実際後藤の動きは良く、随所
でジェイを圧倒し、完璧な勝利

後藤は思い入れの全く無い選手なのだが、今回くらいは応援しよう、という
気にちょっとだけなった。
このG1で爪痕を残せなければ、後藤は終わってしまう気がするので。



そして今日は、前座で組まれたタッグマッチにやたら面白い試合があった。
第四試合、棚橋弘至&海野翔太&成田蓮vsKENTA&クラーク・コナーズ&
カール・フレデリックス6人タッグマッチ。タナとKENTAの絡みに期待が
集まった試合だが、主役は海野&成田野毛ヤングライオンズと、コナー
ズ&フレデリックスLAヤングライオンズの絡み。両軍、意地を剥き出し
でやりあう姿はかつての船木・野上vs安生・中野を観ているかのよう。
既に忘れていた古き良き新日本が、ココにあった気がする。

・・・しかし、やっぱりBブロックの人選はAブロックに比べて弱い気が(^^;)。
おそらく内藤・後藤・ジェイの三つ巴状態で、モスクリーがどこまでやる
のか?がポイントだが、どこまで盛り上がるか? 明日以降も注目!

GREAT BIG REVENGE

#村田諒太 #ミドル級世界戦線


エディオンアリーナ大阪で行われたWBA世界ミドル級タイトルマッチ
王者ロブ・ブラントに挑んだのは、前同級王者の村田諒太。いわゆる、
リベンジマッチである。

前回ラスベガスで行われた試合の時は、村田が「伏兵に足をすくわれる」
展開。当時のブラントはまだ無名であり、KOはともかく村田の勝利は動
かない、と予想された試合だったが、結果は村田の「惨敗」
正直、僕はあの試合が村田のラストマッチだった、と勝手に思っていた。

両者共に気合い充分
やや堅さの見える村田に対し、既に1度タイトルを防衛しているブラント
は余裕の表情。オープニングから出入りの激しい左右の連打を繰り出し、
村田の出鼻を挫こうとしていたのだが・・・!。


連打の殆どをガードで裁き、少ない手数ながらも強烈な一撃を返して行く
村田。特にボディブローは強烈で、1Rの途中からブラントの顔色が確実に
変わっていく。


こうなるともう村田の世界で、2Rはボディからの左右ワンツーが面白いよう
に当たる。1度目のダウンの時点で、事実上試合は終了していたように思う。

最後は村田の強打を浴びながら棒立ちになったブランドを見てレフェリー
が試合をストップ。見事に村田がリベンジを果たし、WBA世界ミドル級
王者返り咲いた!!

試合後のリング上で感極まった表情を魅せた村田。見ていたコチラが思わ
ず貰い泣きしてしまうくらい、感動に溢れたシーンだった。
前回を見る限り、村田の勝ち目は限りなく薄いと思われた試合だが、下馬
評を覆す見事な完勝劇。ここに来ての復活、もの凄く嬉しい。

完璧なリベンジマッチではあったが、村田は再びスタートラインに立てた
だけだと思う。本当のミドル級世界王者を名乗るのであれば、スーパー王
者のカネロ・サウス・アルバレスゲンナジー・ゴロフキン、同じ元五輪
金メダリストのWBO王者、デメトリアス・アンドラーデあたりと勝負し、
勝利する必要がある。日本人には到底届かないと思われたミドル級で、真
の王者になれるチャンスは村田にしか無い

もう一度夢を見せてくれ!>WBA世界ミドル級チャンピオン・村田諒太!

fireTVにインストール済みのアプリ

#オンデマンド地獄


Amazon fireTVに入っているアプリを整理してみた。
純正・・・というか、デフォルトで観られるAmazonプライムビデオ以外にも
各種のVODアプリをインストールしてある。使用頻度の高いのは↓↓下記
9アプリ

このうちSVODとして課金しているのはNETFLIX・hulu・FODの大御所系
3点と、プロレスのNJPW WORLD・WWE NETWORKの5点。独自コンテ
ンツ中心だがフリーなのはAbemaTV、CSのオマケとして使用出来るのが
WOWOWオンデマンドスカパー!オンデマンドの2つ。民放見逃し再送
信のTVerは念のために入れている。

自分で言うのもなんなのだが、かなり最強の布陣かと。
必要な番組はコイツらでほぼほぼ網羅出来るので、僕の引き籠もりライフ
は本当に快適。下手すれば一生外に出なくても退屈しないで済むと思う。

・・・とんでもない泥沼に足を突っ込んでる気がしないでもないけど(^^;)。

WスタンバイのAudacity

#Mac用波形編集ソフト


業務上、そして趣味として、音楽データを波形編集ソフトで弄ることが多い。
僕が使っているのは、AudacityというMac用のOSS。高機能な上に直感的で
解りやすく、不満点は殆ど無かったのだけど・・・。

このアプリ、拡張子が「.m4a」のタイプのファイルがデフォルトでは直接
読み込めない。FFmpegのライブラリを別途用意し、セットアップしなけれ
ばならないのだが、何故だかコレが上手く行かない。根本的な問題かも、と
思い調べてみたらなんてこたぁ無い、単にバージョンが古かった(^^;)。
で、最新版の2.3.2をダウンロードし、インストールしたところ、あっとい
う間に解決した。のだが・・・。


↑↑、上が2.1.0、下が最新の2.3.2エフェクトを出したところ。
よく見て貰うと解るのだが、使用頻度がやたら高かった「レベラー」が消え
ている。「増幅」で代用出来ないことも無いのだが、使い勝手が悪く、スピ
ーディーに編集出来ない。で、結局↓↓こうなりました・・・。

2.3.2と2.1.0のダブルスタンバイ
おそらく使い慣れた2.1.0を中心に使用することになるのだが、2.3.2にも
慣れておこうかと。バージョン違いのアプリを複数入れる、というのは僕の
場合よくある(^^;)。WindowsのPowerPointなんて未だにOffice2003
バージョンを最新版と共に入れてるくらいだから(^^;)。

・・・ちなみに、後になって2.1.0でも.m4a形式のファイル読み込みに成功。
64bit版と共に、32bit版のFFmpegライブラリを叩き込んであげればOK。
各種ダウンロード先は下記にまとめたので、必要な人は是非!

Audacity Official → 最新版本体(現状2.3.2)
Audacity 2.1.0 → 旧バージョンダウンロード
FFmpegライブラリ
→該当ページのmac用64bit版(ffmpeg_64bit_osx.pkg)
→該当ページのmac用32bit版(ffmpeg-mac-2.2.2.zip)
※先に64bit版をインストール、その後に32bit版を解凍し、生成された
ファイルを「ライブラリ→Applocation Support→audacity」の中に
格納する。