リアルフェイス

▼リアルフェイス / 知念実希人

amazonのリコメンドから購入した作品。
知念実希人という作家は初めてだが、ちょっとだけ聞き覚えがあったので
調べてみたら、「崩れる脳を抱きしめて」で昨年の本屋大賞にノミネート
されていた人。昨年のノミネートは10作品うち5作品を読んでいるのだが、
どの作品も僕の中では高評価。これは期待出来る、と踏んで読書開始。

ジャンルで言えば連作短編医療ミステリー。それも、美容整形というち
ょっとアレな分野を取り扱ったやや異色な作品。語り部は麻酔医師大学
院生朝霧明日香で、彼女がアルバイト勤務する美容形成外科を率いるの
「天才」の異名を欲しいままにする美容外科医・柊貴之。ただし、金さ
え積めば顧客のどんな依頼にも応える、いわゆる悪徳医師(^^;)、という
構成。

意外や意外、思った以上にコメディでやや面食らった。抱腹絶倒とまでは
いかないが、前半から中盤にかけてのテンポの良い展開はなかなか見事。
しかし、後半のシリアスな展開は思いっきり重厚で、落としどころもかな
り秀逸。ラストは全く予想外、最後までしっかり騙されてしまったのだか
ら、ミステリーとしての完成度もかなり高い、と思う。

しかし、気になる点が2つほど。
いわゆる「笑い」でミスリードを誘う、という方式は決して嫌いでは無い
が、そのジャンルの権威である東川篤哉の作品群と比較すると、やや中途
半端な印象は否めず。もっと振り切っても良かったし、それが充分出来る
作家な気がする。もしかしたらシリーズになるかもしれないから、次作品
での吹っ切った展開を大いに期待。
もう1つは・・・。まぁ、完全に好みの問題なのだけど、ラノベっぽい表紙
やっぱり苦手だなぁ、僕は(^^;)。売れるのかね、こういう表紙だと(^^;)。

ありがとうU.W.F.

▼ありがとうU.W.F. 母さちに贈る / 鈴木浩充

どういうワケだか最近リリースラッシュが続くUWF関連書籍
本命・・・というか、リファレンスとなるべき柳澤健「1984年のUWF」
皮切りに、そのアンサーとも言えるインタビュー集「証言UWF」など、
読み応え抜群の作品が多かった。しかしこの作品、これまでずっと「謎」
とされており、好き勝手な見解だけが先走っている現在のUWFを取り巻
く状況を打破する作品となるかもしれない。なぜなら、著者鈴木浩充
そう、あの新生UWFと呼ばれた株式会社ユー・ダブリュ・エフにて、
神真慈氏と共に専務取締役を務め、UWFを特別な場所まで押し上げ
た人である。

神社長・鈴木専務の2人に、30年近く取り憑いて離れないイメージは、
「横領フロント」。プロレスファンは誌面に載るプロレスラーの発言し
か拠り所が無く、例えば前田日明の発言こそ真実、と信じ込んでしまう
風潮が否めない。これに加え、新生UWF崩壊後の2人は公に対しての発
言を一切しなかった。ある意味“犯罪者”というレッテルを貼られたまま、
それを受け入れて地下に潜ったのだ。

この本は自費出版である。
これまでずっと沈黙を貫いた伝説のフロントが、どうして今になってか
ら著作を発表したのかと言うと、タイトルにある通り自らの母親のため
母が“自分の息子が泥棒扱いされている”ことで心を痛めている、という
事実を知り、ここで改めて身の潔白を証明しようとした。だから、大手
の出版社にも、ライター・作家にも頼らず、「自らの言葉」だけで表現
出来る自費出版にてこの本をリリースした、とのこと。

そもそも、UWF解散時にフロントの2人が本当に横領していた、と思っ
ているファンは、実はそれ程多くないと思う。会社を起ち上げたのは紛
れもなく神・鈴木両名であり、そこで得た利益の使い途は役員で決めて
構わない。そんなことは通常の会社に務めている人なら誰もが理解出来
ることであり、前田や他の選手の言うことがイマイチピンと来ない、と
感じていた人も少なくないハズ。ただ、ファンの心情的にはやはり選手
の味方をしたく、無条件に黙った2人のフロントに一方的に悪者になっ
て貰った、というのが本当のところだと思う。

この本を読んでいて、その考え方はおそらく正解だった、という思いを
強くしたのは間違いない。だからこそ、最悪とも言えるヒール役を買っ
て出てくれた鈴木専務には、ファンであった者としてここでちゃんとお
詫びとお礼をしておくべきだと思う次第。鈴木専務、本当にごめんなさ
い。そして我々のために悪者になってくれて本当にありがとうございま
した!

・・・というワケで、UWFに対する疑念はまた一つ晴れた。
ただ、正直「読み物」としてはちょっとだけ不満(^^;)。本職の作家さ
んでは無いのだから仕方無いが、せめて文章監修をいれるべきだった
気がする。まぁ、ファンであれば問題は無いと思うけど。
そしてもう一つ、UWF崩壊後の謎の会社「スペースプレゼンツ」に関す
る記述が殆ど無かったのが残念。その辺りのディープな話を、出来れば
また別のどこかで聞かせて欲しい気がする。

こうなってくるともう一人口を開かなければならない人が居る気が。
全てを時効にして良い今だからこそ、ご本人の言葉が聞きたいなぁ・・・。

揺るぎなし!「ビーチボーイズ」

古いDVDを整理していたら、偶然・・・というか、必然のように発見された
6枚のディスク。見つけるのは絶対に「夏」なんだよなぁ、コレが。

1997年だから、今からもう21年前の夏大ヒットした上に社会現象に近い
ところまでいっちゃったCX月9「ビーチボーイズ」。いろんな意味で、僕の
ライフスタイルを思いっきり変革してくれた連ドラである。

反町隆史・竹野内豊ダブル主演。性格も生き方も真反対男2人が、とある
きっかけで海辺の民宿に転がり込み、そこで一夏を過ごす、という、よくよく
考えてみればかなり“ありきたり”なストーリー。制作手法も典型的なトレンデ
ィドラマのソレであり、本当なら20年以上経過した後に改めて見返すような
プログラムでは無いのかもしれない。でも・・・。

自然光を大胆に活用したやたら明るい画面と、かなり考え込まれたナチュラル
な台詞回しは、今観ても全く輝きを失っていない。そして、きっと偶然だとは
思うのだが、物語の性質上、現代的なアイテムの類をほぼ必要としていない。
実際、画面には携帯電話が数回出る程度だし。そういう奇跡が重なりまくり、
年月が経っても決して「錆びない」ドラマになったのだと思う。

もちろんディテールだけでなく、この作品に出演した時期が正しく「全盛期」
だった主演反町・竹野内稲森いずみ、そして誰よりも凶悪なくらいの可愛
を醸し出す広末涼子らのハツラツとした演技は、本当に何度観ても飽きない。

このドラマに出会わなかったら、きっと今のように週に何本もドラマを観るよ
うにはならなかったし、映画以外の映像ソフト・ハードにこんなに金を使うこ
とは無かった筈。そう考えると、ちょっと複雑なのだが・・・。

・・・でも夏になるとやっちゃうんだよなぁ、このドラマの一気鑑賞(^^;)。
まぁ、いいよね、夏だし(^^;)。

▼ビーチボーイズ DVD BOX ※現在絶賛品切れ中!

MASA SAITO

『獄門鬼』の異名を取ったプロレスラー・マサ斎藤が、7月14日に永眠
2000年よりパーキンソン病を患いながらも、不屈とも言える精神の強さ
で闘病。2020年開催予定の東京五輪で聖火ランナーとなることを目標に
リハビリを重ねたが、容体が急変した模様。享年75

日本プロレスに入門しながら、アントニオ猪木と共に東京プロレスへ移籍。
同団体崩壊後は日本の団体に属せず、フリーの一匹狼としてアメリカマッ
トを渡り歩いた。タイトル獲得歴も意外にもの凄く、NWA世界タッグ王座
WWFタッグ王座フロリダヘビー級王座等を次々獲得。日本でも北米タ
ッグ王座IWGPタッグ王座に就き、1990年東京ドーム大会ではラリー
・ズビスコを破ってAWA世界ヘビー級王者にもなった。

しかし、我々にとって最も印象深いのは、1987年無観客巌流島で行わ
れたアントニオ猪木との一戦。ノールール2時間に渡って行われた異様な
試合は、否応なく我々の心に刻み込まれた。

闘病中の斎藤の姿には、心打たれるモノがあった。
もし自分が大きな病気になった時、ああいう生き方が出来るのか?と問わ
れても、絶対にNoとしか言えない。信条である「Go for broke」をリング
内外で体現した、偉大な男であったと思う。

昭和の名選手が、また一人。
“本当のプロレス”を魅せてくれた獄門鬼に、感謝リスペクトを。
そして、晩年のマサ斎藤をケアしてくれた健介オフィスの皆様にも、心か
ら感謝いたします。

※プロレスラーであった故人に敬意を表し、文中の敬称を略させていただ
きました。

30年目の帰還

▼ブルーザー・ブロディ 30年目の帰還 / 斎藤文彦

『超獣』ことブルーザー・ブロディ没後30年を機会に出版された本。
著者はファンから絶大な信用を誇るプロレスジャーナリスト及びエッセ
イスト、フミ・サイトーこと斎藤文彦

いまから30年前7月17日(日本時間)、プエルトリコ・バイヤモン
フォアン・ラモン・ルブリエル球場で行われていたWWC(ワールド・レ
スリング・カウンセル:カルロス・コロン代表)の興行開始前、同会場
シャワールームにて、プロレスラーのブルーザー・ブロディ刺殺
れた。刺したのは同じくプロレスラーで同団体のブッカーも務めていた
ホセ・ゴンザレス。ブロディは病院に搬送されたが、翌18日に死亡が確
認された。享年42

この作品の冒頭で、作者は我々に問いかけている。「いまから30年前の
7月18日、“あなた”はどこにいて、そのニュースを耳にしたのだろう」

・・・僕は何故かコレをハッキリ覚えている。
場所は今は無き新宿厚生年金会館の楽屋口。僕はコンサート設営のアル
バイト中で、同じ場所に居たプロモーターの人からこの話を聞いた。
この日の仕事は本当に上の空となってしまい、周囲には少し迷惑をかけ
たかも。その日の帰り、新宿三丁目駅売店で購入した東スポでソレが真
実であることを知り、強い絶望感に苛まれた・・・。

ブルーザー・ブロディという選手、好き・嫌いで言えば僕は決して好き
なタイプの選手ではなかった。しかし、当時の日本プロレス界に於いて、
凄く重要な登場人物だったことは間違い無い。なぜなら、我々の考え得
「夢のカード」一方には必ずブロディの名前が入る。好きだろうが
嫌いだろうが、認めざるを得ない。それがブロディだった。

この本の構成は、書き下ろしとなるブロディの生い立ちからフットボー
ラー・新聞記者としてのキャリア、そしてプロレスデビューから死に至
るまでのストーリーと、当時週刊プロレスに掲載されたインタビュー
2本立て。流れは終始淡々としているのだが、その分あの時の感情がリ
アルに蘇ってくる。

あの時、僕はホセ・ゴンザレスに殺意を覚えたし、絶対に実現すること
の無いハンセンvsブロディを思い絶望していたりした。でも、30年経っ
た今では違う感情を持っている。

ブルーザー・ブロディは、きっと刺されるべくして刺された
そして、ホセ・ゴンザレスにはそうしなければならない事情がきっと在
ったのではないか?と、今は思っている。

ブルーザー・ブロディという唯一無二のプロレスラーが全盛期のうちに
亡くなったからこそ、僕らは今でも「IF」の話をいくらでも出来る。もし
ブロディが実力の衰えた晩年をさらけ出してキャリアを終えていたら、
こういう状況にはならなかった、と思う。間違い無くスキャンダラスな
事件であり、二度と在ってはいけないことだが、ブロディはそういう
「最後」を我々に提供してくれた。そんなプロレスラーは、他に居ない。

昭和プロレスファンであれば、昭和プロレス最後のエースガイジンにつ
いてもう一度検証すべき。好き・嫌いのレベルで語るワケにいかないレ
ベルにいた男の人生には、必ず何かがあると思うので。