黒猫の小夜曲

▼黒猫の小夜曲 / 知念実希人

某所からの推薦図書
オススメされた時点では「知らないなぁ、この作家・・・」とか思っていた
のだが、読後に調べてみると半年くらい前に一冊読んでいたことが発覚。
しかしまぁ、それもしょうがないかと。理由は後述。

魂の道案内、いわゆる「死神」が主人公。鷹揚で自分本位だった死神が
左遷(?)され、黒猫の肉体を借りて地上に漂っている「地縛霊」たち
を救わなければならなくなる。数体の霊たちを浄化するうちに、ある
通項が浮かび、死神にして猫なのに、事件の真相を追う探偵までこなす
ことに・・・というお話。

とにかく設定ナイス
最初は不本意な左遷を嘆いていた死神が、黒猫として活動するうちに
人間の「魅力」に気付いていく流れが非常に美しい。ファンタジー要素
を強く押し出しながら、ミステリーとしての構成もかなりしっかりして
おり、双方のファンが満足する仕上がり。最終的に感じた「ほっこり感」
はかなりのモノで、ひさびさに読書で多幸感を味わった。

しかし、やや食い足りない部分も。
↑↑で書いたようにミステリーのレベルは高いのだが、犯人をもうちょ
っとだけ捻って欲しかった(^^;)。あまりに犯人らしい人が犯人だったの
がちょっとだけ残念。

ちなみになぜ読み終わるまで氏の著作を読んだことに気付かなかったか
と言うと、あまりに文体が違ったから(^^;)。それだけ引き出しが豊富な
作家だ、と評価しておきます。

そしてコレは僕のミスでもあるのだが、この作品は「死神シリーズ」
2作目だったらしい。また間違っちゃったよ、順番(^^;)。

最強のナンバー2

▼最強のナンバー2 坂口征二 / 佐々木英俊

柔道家・元プロレスラーにして元新日本プロレスCEO坂口征二
僕がプロレスに初めて触れたのはNET(現テレ朝)の中継番組「ワールド
プロレスリング」。シングルだったのかタッグだったのかはさすがに覚え
ていないが、坂口はそこでブルート・バーナードと闘っていた。つまり、
僕の40年を超えるプロレス観戦は坂口から始まった、ということ。

そんな偉大なプロレスラー坂口征二の、本人公認バイオグラフィー
著者の佐々木英俊氏とは、ファンクラブ「荒鷲」会長だった人だから、
熱の入れ方が半端ない。なにしろ生誕前の坂口家の人物考察から話が始ま
り、幼少期・青年期・壮年期・老年期から現在に至るまでをしっかり取材。
結果500ページ(!)を余裕で越えるもの凄い作品を作ってしまったのだ
から、これはもう尊敬に値する仕事。

本当に「坂口の全て」が詰まった本。
柔道日本一の時代、現役プロレスラーの時代、新日本プロレス社長の時代
など、どの時期も不足の全く無い書き込みがなされており、もう唸るしか
無い程。しかも、決して事実の記述だけが続いている系の作品ではなく、
読んでいるうちに坂口征二という「人物」の大きさが解ってくる。これは
もう、ノンフィクションの手本と言って良いかもしれない。

強烈に印象に残ったのは、やはり組織としての新日本プロレスを立て直し
た時代の章。この部分はリアルに経営指南書であり、世の企業経営者皆が
参考に出来る内容だと思う。

ちなみにこの本、今日時点で発売日前なのだが、1月4日の新日本・東京ド
ーム大会の日に先行発売されていたのを入手した。他の人より早く、この
本に巡り会えて幸運だった、と素直に自慢しときます(^^;)。凄いよ、コレ。

証言1・4

▼証言1・4 橋本vs.小川 20年目の真実 / V.A

宝島「証言」シリーズ最新作。
こないだまで”証言UWFシリーズ”だった気がする(^^;)のだけど、まぁ
応用の利きそうな企画だし、今回のテーマもなかなか興味深いのでOK。

テーマは「橋本真也vs小川直也」
1999年1月4日、新日本プロレス・東京ドーム大会で行われたあのあま
りにも歪な試合に焦点を当て、各方面の関係者へのインタビューから引
き出した「証言」が、淡々と綴られている。下記が証言者。

第1章:小川を「取り巻いた」男たち
佐山聡、村上和成、ジェラルド・ゴルドー、X(元猪木事務所スタッフ)

第2章:橋本を「守った」男たち
山崎一夫、藤田和之、安田忠夫、加地倫三(テレ朝ディレクター)

第3章:橋本を「見守った」レスラーたち
前田日明、武藤敬司、大仁田厚

第4章:橋本vs小川「至近距離見」の目撃者たち
金沢克彦、辻よしなり、田中ケロ、上井文彦、中村祥之、永島勝司、
橋本かずみ

・・・面白かったのはやっぱりこの手の本に普段出てこないテレ朝加地プ
ロデューサー元実況アナ辻よしなり氏の談話。二人はテレビ局からの
視点を大いに語っており、共に橋本に対する「愛」を感じる内容。生前の
強くて豪快で面白かった橋本真也を、懐かしく思い出せた。

これに対し、小川に好意的な証言をしている人がほぼ居ない、というのは
少々寂しい気も。やり方の問題こそあれ、橋本が最後に輝いたのは、やっ
ぱり小川の存在あってのこと。橋本と小川ではキャラ人間力に大きな差
があるのは否めないが、それでも少しだけ小川直也を認めてあげて欲しい
と思っちゃう僕はヘンなのかなぁ(^^;)。

とにかく、“UWF”という文字が外れ「証言」だけになったことで、掘り下
げられるテーマが増えた気がする。SWSインディの本が出たら読むな、
きっと。

サカナとヤクザ

▼サカナとヤクザ / 鈴木智彦(Kindle版)

完全なる「タイトル買い」
サブタイトル『暴力団の巨大資金源「密漁ビジネス」を追う』。コレに
興味を持たないサカナ好きは探す方が難しい。

登場する魚介類はアワビ・ナマコ・イワシ・ウニ・カニ、そしてウナギ
ナマコにはあまり興味は無い(^^;)のだが、他のモノは全て僕の「好物」
としてリストアップされるモノ。この本によると、だが、結論から言え
ば、上に挙げた全ての魚介類は「密漁」が無ければ市場に並ばない、も
しくは並ばなかったアイテムである。

いやぁ、凄い
確かに絶滅危惧種に指定されたウナギが、未だにすき家なか卯のメニ
ューにあることにちょっと引っかかる点はあったのだが、まさかこうい
う絡繰りで闇流通してるとは・・・。そういう、腑に落ちる部分が多々ある、
すばらしいノンフィクション作品だと思う。

いちばん印象に残ったのは、やっぱり北海道・根室方面の密漁の歴史
「ハロー!張りネズミ」でお馴染みの「レポ船」の実態が詳細に描かれ
ている。特に、旧ソ連巡視艇から特攻船と呼ばれる密漁ボートが逃げ
る部分の解説は正に迫真。著者の取材力は半端ではない。

ちなみに鈴木智彦とは、伝説のヤクザ専門誌「実話時代BULL」の編集長
を勤めた、その筋では有名なライター。この取材姿勢、全てのライター
は本当に見習うべき

久々のノンフィクション長編だったけど、殊の外満足。
ジャンル云々の前に、読み物として非常に面白いです。オススメ!

闘魂Vスペシャル伝説

▼闘魂Vスペシャル伝説 / 小路谷秀樹・小島和宏

プロレス関係のMOOKは多々読んでいるのだが、その中でもコレは特殊
フォーカスされているのは1990年代に「VALIS」というブランドから発売
されていたセルビデオシリーズ「闘魂Vスペシャル」。著者の一人として名
を連ねている小路谷秀樹氏とは、そのVALISの社長であり、レンタル全盛時
AV業界を席巻した映像クリエイター。つまり、闘魂Vの制作当事者自らが
同シリーズの秘話を語る、という作品である。

プロレスの中でも相当にニッチな世界なハズなのだが、小路谷監督の談話に
イチイチ頷ける自分にまず驚いた。つまり、僕は闘魂Vスペシャルシリーズ
作品をかなり観ている、ということ。確かに今でもきっと部屋を探せば何本
かのVHSパッケージを発掘出来ると思う。映像メディアといえばVHSしか無
かった時代。当時の販売価格3,800円というのは衝撃だったが、正味30分尺
と考えると、決して安くは無い。当時はかなりの薄給(^^;)。にも関わらず、
こういうビデオに金を惜しまなかった気がする。

小路谷監督の語るところによると、「闘魂Vスペシャル」の素材は、会社を
畳んだ時に新日本プロレスに権利ごと売却しているらしいのだが、新日本内
行方不明になっている(^^;)とか。発掘出来れば確実に配信サービスである
新日本プロレスワールド目玉になる。ぜひ探し出して欲しい。

正直、かなり楽しめました! いい企画だな、このMOOK。