WスタンバイのAudacity

#Mac用波形編集ソフト


業務上、そして趣味として、音楽データを波形編集ソフトで弄ることが多い。
僕が使っているのは、AudacityというMac用のOSS。高機能な上に直感的で
解りやすく、不満点は殆ど無かったのだけど・・・。

このアプリ、拡張子が「.m4a」のタイプのファイルがデフォルトでは直接
読み込めない。FFmpegのライブラリを別途用意し、セットアップしなけれ
ばならないのだが、何故だかコレが上手く行かない。根本的な問題かも、と
思い調べてみたらなんてこたぁ無い、単にバージョンが古かった(^^;)。
で、最新版の2.3.2をダウンロードし、インストールしたところ、あっとい
う間に解決した。のだが・・・。


↑↑、上が2.1.0、下が最新の2.3.2エフェクトを出したところ。
よく見て貰うと解るのだが、使用頻度がやたら高かった「レベラー」が消え
ている。「増幅」で代用出来ないことも無いのだが、使い勝手が悪く、スピ
ーディーに編集出来ない。で、結局↓↓こうなりました・・・。

2.3.2と2.1.0のダブルスタンバイ
おそらく使い慣れた2.1.0を中心に使用することになるのだが、2.3.2にも
慣れておこうかと。バージョン違いのアプリを複数入れる、というのは僕の
場合よくある(^^;)。WindowsのPowerPointなんて未だにOffice2003
バージョンを最新版と共に入れてるくらいだから(^^;)。

・・・ちなみに、後になって2.1.0でも.m4a形式のファイル読み込みに成功。
64bit版と共に、32bit版のFFmpegライブラリを叩き込んであげればOK。
各種ダウンロード先は下記にまとめたので、必要な人は是非!

Audacity Official → 最新版本体(現状2.3.2)
Audacity 2.1.0 → 旧バージョンダウンロード
FFmpegライブラリ
→該当ページのmac用64bit版(ffmpeg_64bit_osx.pkg)
→該当ページのmac用32bit版(ffmpeg-mac-2.2.2.zip)
※先に64bit版をインストール、その後に32bit版を解凍し、生成された
ファイルを「ライブラリ→Applocation Support→audacity」の中に
格納する。

KOSS Porta Pro Wireless

#ワイヤレスヘッドフォン


昨夜いただいたプレゼント
以前からずっと「手に入れたい!」、と固く心に決めていたKOSSのオープン
エア型のヘッドフォン「Porta Pro Wireless」が我が手に。しかもbluetoothの
ワイヤレス型。これはかなり嬉しい贈り物。


高級感のあるパッケージを開けると、小型・円形のケースが。
さらにこのケースを開けると、コンパクトに折りたたまれたヘッドフォンが
現れる。基本、ケースを使うことは無いかも、とか思ったのだけど・・・。

↑↑コレが拡げたところ。
両耳からぶら下がっているのがコントローラーバッテリーで、双方がケー
ブルで繋がっている。故に形状は「円」で、取り回しに関してはちょっとだ
け問題があるかもしれない。しかし、装着感はかなり快適。ぶら下がりモノ
以外の重さは全く感じないくらい両耳にフィットする。

肝心の音質については・・・。
iPod代わりに使っているiPhone 4Sとペアリングし、ちょっと大きめに音を
出した瞬間、思わず「おお!」と叫んでしまった。正直「原音に忠実」とは
言えないが、中低音がガンガン鳴り響く元気の良いサウンド。ゼンハイザー
のような広がり感は無いが、薄っぺらなユニットからこういう音が出てくる、
というだけでビックリする。コレ、最高じゃん、と思った。

難点は2つ。

1)おそらく大音量使用時の「音漏れ」が凄い筈
2)ケーブル類が思った以上に邪魔な上、持ち運び状況によっては断線かも
3)bluetooth専用、ケーブルの使用は出来ない

1に関してはイヤーカップの変更を検討中。多少だけど対策出来る気がする。
2、持ち運び時にはケースに入れるしか無い。必要だから付属していた、と
言うことだと思う。3は・・・。

しかし、こんな難点なんてどうでもいいくらい好みの音
開封しフル充電した今日、1時間くらい連続で使ったが、この爽快感は他の
機種では得られない気がする。ワイヤレスだけでしか使えないのは本当に惜
しい。3の対策としてワイヤードのPorta Proも手に入れよう、と決めた。
KOSS、すげぇな・・・。

I was Made for Dancin’

#ディスコ


僕の最近の音楽リスニングスタイルのテーマは「懐古主義」
中学生以降、ずっと身近にあったヒットチャート系の洋楽を中心に音源を
漁っているのだが、そんな時にフッと思い出したのがそれより遙か昔にヒ
ットした↓↓この曲。

・・・さすがに知らない人の方が多いのかなぁ、レイフ・ギャレット(^^;)。
第一次ディスコブーム、具体的にはサタデー・ナイト・フィーバーあたり
の頃にメチャクチャ流行った曲で、邦題は「ダンスに夢中」(^^;)。↑↑は
貴重なライブ(おそらく口パクだけど)映像だけど、特にレイフは踊って
いないのがポイント。

レイフを知らない人でも、↑↑この曲にはピンとくるかもしれない。
そう、後に「哀愁でいと」というタイトルで田原俊彦デビュー曲となり、
その圧倒的な歌唱力でお茶の間にセンセーションを巻き起こした問題作
コレもレイフの曲だったんだよね、実は・・・。

今さらレイフ・ギャレットをパワープレイしてもどうなのか?と自分でも
思う(^^;)のだが、この突き抜けたバカバカしさこそ70年代のパワー
ダンスに夢中だったあの頃の人たちって、今は何聴いてんだろなぁ・・・。

▼THE LEIF GARRETT COLLECTION / LEIF GARRETT

bluetooth Blues 2

#bluetoothスピーカー


昨日導入のbluetoothトランスミッターAUKEY・BT-C1+iPod Classicを活用
するため、BTスピーカーをAmazonで物色。BTスピーカーと言えば、ここでも
報告した“隠れた名機”QTOP PUNKERが音質面・コスパ面でいちばんオススメ。
コレの買い足しも考えたのだけど、最近この手のアイテムは似たようなモノが
多々販売されている。で、冒険してみた。

VTINなるメーカーのポータブルスピーカー
Amazonで調べたところ、BTスピーカーの中で最安値1,699円。さらに面白
いのは、microSDカードスロットがあり、カード上のmp3ファイルを再生する
機能があること。写真で見ると他の機種に比較してデザインが野暮ったいのだが、
届いた実物を見ると逆にレトロな感じがして良い。

さっそくAUKEYとアナログペアリングして再生してみた。
価格から考えれば「音が出ればヨシ」、な製品なのだが、驚いたことにコレが
びっくりするくらい高音質(^^;)。出力が3W+3Wと少ないため、大音量再生に
は向かないが、デスクサイドオーディオとしては充分。コレはオススメ出来る!
と色めき立ったのだが、今日現在で在庫無し(^^;)。非常に残念。

正直、僕が入手した個体がたまたま良かった可能性も充分。VTIN製のスピーカ
ーは他にも多々ラインナップがあるのだが、他の機種のレビューを見ると音質
に関しては「それなり」が殆ど。最初にBTスピーカーを購入する人は、やっぱ
QTOPをオススメしときます。

・・・でも、良い買い物だったな、コレ♪

bluetooth Blues

#bluetooth #アナログ処理 #AUKEY


気が付いたら周りに溢れているbluetooth機器類。
今やマウスは全てがBTマウスだし、クリッカー、そしてスピーカーも全部BT。
特にヘッドフォンに関してはbluetoothタイプが10本以上ある始末。

ところで、このヘッドフォンを使うべき「親機」となるのは全てiOS端末
最近僕の中で復活しているiPod Classic系レガシー音楽端末にはbluetoothが
搭載されておらず、愛用のヘッドフォン類が使用できないのが寂しいところ。
ということで、初めて「BT送信」用のアイテムを入手してみた。

お馴染みAUKEY、型番はBT-C1
ステレオミニプラグをBT非対応端末に接続し、ここからBTで飛ばしてくれる、
というシンプルなアイテム。価格も2,000円しない、というお得なモノで、1個
は持ってても良いかも、ということでAmazonで購入したのだが・・・。

実は使う前にちょっと悩んだ(^^;)。
というのは、ペアリングの方法。iOS機器からペアリングをするには、iPhoneな
どの端末からbluetoothの画面を開き、表示された名称をタップすることで接続
する、というのが普通。ところがこの場合、AUKEY側にもヘッドフォン側にも
そもそも「名称」を表示する画面が無い。こういう場合にどうするのが正しいの
か、思い出すのにちょっと時間がかかった(^^;)。

正解は「ヘッドフォンとAUKEYを双方共にペアリングモードにして近づける」
こんなアナログなこと、そういえば昔はよくやったなぁ、と(^^;)。

とにかく無事に音は出た。
音質はそれなりに良く、ケーブルが無いのはやっぱり便利。最近は安価なBTス
ピーカーも多々あるので、iPod専用のスピーカーを入手しても良いかもしれない。

アナログっぽくていいなぁ、この作業♪