第1回・萩中音楽祭

大田区民ホール・アプリコの小ホールで行われた、
「第1回萩中音楽祭ファイナルステージ」を観てきた。このイベント、いわ
ゆる「中の人」の中に古くからの友だちが居り、このファイナルに至るまで
にいろいろ興味深い話を聞いてきた。最後は結果をこの目で確かめたくて、
無理を言ってチケットを取って貰った。ここではとにかくファイナルに残っ
た3組のバンドをレビュー。

3ねん6くみ〜ず は、横浜銀蠅のカバーバンド。
平均年齢かなり高い模様(^^;)で、おそらく僕と大差無い気がする(^^;)。
横浜銀蠅を演る、というところに思い入れの深さを感じる人たち。完成度が
やたら高かったから、きっと凄く練習したのかと。こういうオトナって、実
は凄くカッコイイ気がする。

orcana は、かなりイキの良い4人編成のロックバンド。
足を運ぼうと思ったのは、このバンドがちょっと観たかったから。全員が
かなりのテクニシャンであり、既に自分たちのカラーをキッチリ持っている
ところに才能を感じる。ブレイクを効果的に使う楽曲は僕らの世代を盛大に
ニヤッとさせるし、Vo/G上谷はるかはちょっとしたカリスマ性があるかも。
客席とのジェネレーションギャップ(^^;)にめげず、圧巻のパフォーマンス。
このバンド、普通に30分とか1時間のステージを観てみたい。

Funky Chickens はベテラン・7人編成のビッグバンドで、JBフォロワー
出てくる音はさすがに重厚で、キャリアを感じさせてくれる本格的なソウル
パッケージショーを展開。3バンド中、唯一ノンストップ・ノンMCで持ち時
間の10分を突っ走り、予備知識の全く無さそうな観客の身体を揺らして魅せ
たのだから見事。こういうサウンド、非常に好きです、僕は。

・・・なんか、非常に新鮮
出演者の質、イベントとしての完成度などはイチ商店街が主催したモノとは
思えないレベルだったし、演ってる人たちも作ってる人たちも皆楽しそうだ
った。大田区羨ましいなぁ・・・。江戸川区でもこういうのがあるといいんだ
けど、無理なのかなぁ・・・。

参考:萩中音楽祭(萩中商店街オフィシャル)

Remember Me

Disney/PIXARの新作「リメンバー・ミー」をイクスピアリにて。
PIXARの作品は「トイ・ストーリー」以降、幾つかを除いて殆どを劇場鑑賞。
個人的にはどの作品も評価は高いのだが、この新作は・・・。

これまでのPIXAR作品の中で「No.1」なんじゃないか?と思わせる傑作。
メキシコの祭りである「死者の日」をすばらしくカラフルに表現したCG
加え、誰もが感動でき、そしてホロッと来てしまうストーリー。更に加え、
完成度満点の楽曲が溢れている。アニメーションという枠だけでなく、映画
として最高の完成度。鑑賞後にここまで清々しい気持ちになれた映画、ここ
数年では珍しいかもしれない。

今回は意図的に日本語吹替版をチョイス。
まずは主人公・ミゲルの声を担当した石橋陽彩に、大きな拍手を贈るべき。
とにかく重要な「歌」の部分が完璧。大袈裟でなく、この映画を傑作とした
大きな要因は彼の歌声にある気がする。将来が本当に楽しみ。

もう一人の主役・ヘクターを演じた藤木直人もすばらしかった。日本語を充
てるとするなら、もっと他の選択肢もあった気がするが、見終わった今では
藤木以外のキャスティングはあり得なかった、と思う。さすが実力者!

まだ3月だけど、もしかしたら2018年最高の映画になりそうな予感。
これは子どもから大人まで、誰もが観るべき傑作。バカなボクサーのおかげ
で下がりまくったメキシコのイメージを、一発で良いモノにしてくれます!
オススメ!

Amazon Music Unlimited

Amazon・Echo dotを導入して以来、何故かヘビーに音楽を聴く状況に。
もちろんこれまでも音楽は聴いていたのだが、僕の場合の音楽鑑賞とは、言
うなれば「真剣勝負」。音楽を聴く、と決めたらそれだけに集中してしまう。
故に、いわゆる「ながら聴き」というのが実はあまり得意ではなかったり
るのだ、実は。

ところが、Echoを入れてからというもの、仕事中読書中に何故か音楽が
かかる。どうしてかというと、BGMに相応しい音楽のチョイスが簡単だから
というのに尽きる。フュージョン系AORをチョイスしとけば耳障りで無い
し、なんなら波の音雨の音なんてのでもいい。飽きたら喋るだけでアーテ
ィストや曲が変わるのだから、便利なことこの上無い。

で、ちょっと気になっているのがAmazon Music Unlimited
Prime Musicだけでもかなりイケてるのだが、「普通あるだろ」というアーテ
ィストが対象になっていない場合が結構多い。具体的にはLED ZEPPELINとか。
ショックだったなぁ、アレは(^^;)。

Unlimitedの楽曲は4,000万曲
これは先行するApple Musicほぼ同じで、僕の欲する楽曲はほぼ網羅されて
いるに等しい。で、プランを検討してみたのだが・・・。

・・・Echoプランが安い。
今のところ(いろんな意味で)Apple Musicを止める気は無いから、個人プラ
ンを契約して無理するより、Echo用と割り切っちゃうのがいちばんいい気が。

Echoプランで行こう!
明日からZEPPELINとかPISTOLSとか、聴きまくるぞ!

THE GREATEST SHOWMAN

ヒュー・ジャックマン「グレイテスト・ショーマン」をイクスピアリにて。
コッテコテミュージカル映画であり、ちょっと前にスマッシュヒットとな
った「ラ・ラ・ランド」のソングメイカーを再び起用。つまり、あからさま
“2匹目のドジョウ”を狙った映画、だと思ってたのだが・・・。

ヒュー演じる主人公のP.Tバーナムは、19世紀に実在したアメリカの興行師
で、いわゆるフリークショウの先駆けとして財をなした伝説の人物。氏の率
いた団体は後にリングリングサーカスと名前を変え、エンターテインメント
の世界でも超一流となっていくのだが、この映画はその「前夜」をハートフ
ルに描いたもの。

・・・泣いた(^^;)。
いや、はっきり言えば泣けるシーンなんて殆ど無いのだが・・・。
登場してくる小人・巨人などの、あまりに個性豊かな人たちの華麗な演技に
圧倒され、心の底から感動を覚えた。彼らが歌い踊る様を観ていたら、クソ
みたいな人権団体のクレームで自らの働く場所を奪われた日本の小人プロレ
スシーンを思い出してしまったのが原因なのかも。こういうのに本当に弱く
なった。年取ったんだろうなぁ、きっと・・・。

とにかく全般から感じるのは力強いビートの利いたロックン・ロール
ミュージカル映画は人によってかなり好みが別れるし、僕個人も心から楽し
めた作品はこれまで「ロッキーホラーショー」くらい。でもこの映画、下手
すれば今後の僕の“テーマ”になるくらい、衝撃度・感動度が高かった。

ただただ、お見事です!
ミュージカル映画にアレルギーのある人でも、騙されたと思って観てほしい。
胃がキリキリするくらい、感動出来ると思うので。

Echo Dot + QTOP PUNKER

こないだのエントリでクソミソに書いてしまったSmart Speakerの件。
AmazonからEcho Dot招待状が届き、期限ギリギリまで悩んだ結果、結局
購入することに(^^;)。5,980円だから、まぁ騙されたと思って・・・。

・・・ところが!
いやぁ、コレかなり優れもの!! 音質は決して良くないけど、話しかけるだ
けでニュースや天気を読んでくれるのはちょっと楽しい。加えて何気に便利
なのがタイマー機能アラーム機能「アレクサ、3分のタイマーセット」
と話しかけると、ラーメンの出来上がり時間を教えてくれるし、「アレクサ、
6時にアラームセット」と言うとちゃんと目覚ましをかけてくれる。これだけ
でもかなり重宝しているのだが・・・。

やっぱり音質にはちょっと問題があり、音楽をしっかり聴くには不向き。
で、コレを解消するべく、今こういう環境↓↓になりました!

アマゾン大全に載っていたBluetoothスピーカー「QTOP PUNKER」を購入。
コレをEcoh Dotとペアリングして使用。Ecoh Dotは電源の問題があるため、
設置場所からかんたんに移動出来ないが、スピーカーだけなら好きなところ
に自由自在に置ける。しかもこのスピーカー、防水だから風呂にも持ち込め
るし、この大きさからは信じられないくらい音が良い。更に一度のフル充電
25時間連続再生可能。これで4,000円しないって凄い。

おかげで、最近は仕事中にBGMを流すことがしょっちゅう(^^;)。
「アレクサ、BARBEE BOYSをかけて」とか、「アレクサ、DAMNEDをかけ
て」で、シャッフル再生してくれるんだから、もう楽しくてしょうがない。

ちなみにプライム会員じゃないとAmazon Prime Musicが使えないから、こ
の使い方は無理。そしてPrime Musicにも制限があって、コレを外すには有料
Amazon Music Unlimitedを申し込まなければならない。
・・・Apple Music止めてコッチに移行しようかしら、と真剣に思案。

ともかく、Echo DotQTOP PUNKERの組み合わせ、最高!
久しぶりにリーズナブルで良い買い物したかも!