Let’s Note CF-B11

↑↑某所よりいきなり返却がなされたPanasonic Let’s Note CF-B11JWCYS
納品のつもりだったモノで、帰ってくるとは思っていなかった(^^;)。買った
頃はそれなりに高級機だったけど、実に5年前の機種。おそらく先方も捨てる
のに困って送りつけて来た気がする(^^;)。

そのまま倉庫行きかと思ったが、ちょっとスペックを調べてみたところ、コレ
がそこそこイケるレベル。CPUはCore i5、画面解像度は1920×1080フルHD
そして更に調べたところ、実装4GB・最大8GBメモリは、サポート対象外
16GBまで増やすことが可能。それならかなり使える、ということで、いろ
いろパーツを手配してみた。

まずメモリ、204ピンの8GBメモリを2枚購入。コレの交換にかなり手こずる。
というのは、2つのメモリスロットのうち1つはオンボード扱いで、本来ならば
蓋を開けなければ交換出来ない仕様。コレを無理くり抜き、8GBのメモリに差
し替えるワケだが、もちろん指なんて入らない。4日前に購入したピンセット
コレの作業のためで、なんとか抜いたメモリを本体から取り出すのにどうして
も必要だったから。いや、抜くのはまだ楽だった。問題は装着。メモリ装着に
「押し込む」という工程がどうしても必要になるのだが、まぁ押し込めない
ったら無い。最終的に極細ドライバーをメモリ下の穴に引っかけ、どうにか押
し込むことに成功したのだが、既に8GBのメモリは傷だらけである(^^;)。

そして、HDDを内蔵320GBから1TBSSHDに変更。EaseUs Todo Backup
利用してクローンを作成して換装したのだが、残念ながら正常起動せず。しか
し、Windows7のリカバリ領域はちゃんとコピー出来ており、残りのパーテー
ションにWindows7 Proを新規インストールすることで対応した。

無事に起動したLet’s、さすがにキビキビとした動作。
メモリ16GBは効果覿面な模様で、とにかく余裕すら感じるマシンとなった。
使い途は・・・。主にテストとかなんだろうなぁ、きっと(^^;)。

Tokyo Telemessage

ニュースサイトをなんとなく見ていたら、懐かしい文字を発見。
なんと「ポケベル」。今さらポケベルがなんで話題になったのかというと、こう
いうことであった。

ポケベル再び脚光=避難情報の受信機に-届きやすい電波、防災に期待(時事通信)

どうやらポケベルの電波(名称はなんと「ポケベル波」)は各種の携帯より格段
に強いらしく、建物内でも届きやすい。これを利用して、災害時の避難情報など
を伝える警報システムとして使用されている、とのこと。

例えば自治体が独居老人宅などに無償貸与し、緊急避難情報等を一方的に流せば、
どんな連絡手段よりも早く、確実に危険を伝えることが出来る。数十年前に死に
絶えたとばかり思っていたテクノロジーが、こんな有意義な形で生き残っている、
という事実が、少しばかり嬉しい。

もっと驚いたのは、このサービスを提供している会社
なんと東京テレメッセージ株式会社。携帯電話が一般に普及するまでのおよ
そ10年、ポケットベル全盛期(そういやまであったな^^;)を造り出した、
あの会社である。

ホームページを確認してみたら、なんと今でも「ページャー」という名称でポケ
ベルサービスを行っている!! いやぁ、もうなんか感動してしまった。

テレメポケベルは、僕も一時期持っていた。
公衆電話からコードを入力し、一言メッセージのやり取りをしてた頃を思い出す。
あの時は携帯電話が欲しくてしょうがなかったけど、今から考えればアレで充分
だったような・・・。正直、テクノロジーは進化しすぎている気がするな、最近

・・・と言っても、今さらポケベルを持つのもなんかなぁ(^^;)。
もう10歳年を取ったら、その時はテレメの防災ラジオを契約しようと思う次第。
そこまでなんとか存続してね、東京テレメッセージさん!

SDHCカード

こないだの現場は越谷レイクタウン
この中のテナントに秋葉原でお馴染みのドスパラ・上海問屋が入っており、久し
ぶりに覗いてみた。いや、ちょっと買い物もした(^^;)。

Class1032GBSDHCカード×1枚、同容量のmicroSDHCカード×2枚
以前は“大容量”とされていたメモリーカードで、それなりに高価だったのだが、
SDの方が969円、microSDに至っては700円。う〜ん、複雑(^^;)。

共にカメラ用のメモリとして使うつもりなのだが、32GBって広大なんだよなぁ、
実は。取り敢えずなくさないようにちゃんとカメラバッグに保管しておくつもり。
しかし、記憶メモリ関連って今ここまで安いのか・・・。1GB20円強だもん(^^;)。

jetfon

久々にちょっと興味をそそるテクノロジーを搭載したアイテムがリリースされ
る、とのニュース。モノ自体はAndroidスマホで、本来なら全くと言って良い
ほど興味が無い種類の製品。しかし・・・。

MAYA SYSTEMが8月28日に発売する「jetfon」。
日本初のクラウドSIMテクノロジーを搭載したスマホで、価格は税別39,800円。

SIMカードは基本不要。クラウド上に世界各国のSIMを格納し、位置情報から最
適な現地通信キャリアを選択、自動接続される仕組み。いわゆるローミング
使用せず、現地キャリアに直接接続するため、高額になりがちな通信費がかなり
削減出来るらしい。通信プラン内蔵アプリで購入出来るとか。

フォローする地域はアジア・ヨーロッパ・北米・南米・オセアニア・アフリカで、
100ヵ国以上を網羅。海外出張の多いサラリーマンにはかなり便利だし、ちょっ
旅行に行く、なんて時も保ってると役に立ちそう。もちろん普通にテザリング
も出来るから、海外旅行時にイチイチWiFiルーターレンタルしなくて良くなる。

・・・便利かも
今のところ海外に出る予定はあんまり無いが、そういう機会が出来た場合には購
入検討対象に入りそう。もし日本国内の大手キャリアがSIMを全てクラウドにし
てくれるのなら、機種変更とか楽になる気がする。

いいなぁ、こういうの。
Androidでなければもっといいんだけど(^^;)。

次回のiPhoneは・・・

iPhone次期モデルリーク映像が出回っている。
↑↑が代表的なモノで、有機ELディスプレイ搭載モデル2機種液晶
ディスプレイ搭載モデル1機種出る、というのはかなり信憑性の高い
らしい。

↑↑この画像を見ると解るが、どのモデルも現行のiPhone Xを元にして
いる。つまり、次回リリースから完全にホームボタンの搭載が無くなる
ということ。いやぁ、ピンと来ないなぁ、やっぱり(^^;)。

ホームボタンの無いiPhoneって、なんかAndroid臭が漂う気がしちゃう
のだけど、ソレって僕だけなのかなぁ・・・。正直、食指が動かないけど、
次回の機種変更の時にはこういうのしか選択肢が無い。それは覚悟しと
いた方がいいかも。