KAIRI SANE on Smack Down Live!

#PRINCESS of PIRATES


レッスルマニア終了後のWWEは、スーパースター・シェイクアップが進行中。
RAW←→SmackDownの移籍やNXTからの昇格があり、今年度の編成が決まっ
て行くのだが、その中で嬉しいニュースが。

カイリ・セイン、遂にSmackDownへ昇格
GMのペイジに呼び込まれ、ASUKAの新タッグパートナーとして登場した我ら
のカイリ、もの凄い大歓声WWE一軍のリングへ。

現在の女子王者のベッキー・リンチのニックネームは「THE MAN」
カイリの今の立ち位置はその対極・カワイイ系代表で、これまでのWWEに
居そうで居なかったタイプもしかしたら・・・。

中邑真輔がちょっと失速してしまったので、同じ日本人として今後に期待で
きる選手はもうカイリだけになった。もしカイリが世界を取ったら、とか考
えるだけでドキドキする。行ってくんないかなぁ、このまま・・・。

G1 SUPERCARD at M.S.G.

#KING OF SPORTS #新日本プロレスリング


土曜なのに珍しく徹夜。目的は新日本プロレス(とROH)の主催興行、
「G1 SUPERCARD」をライブ観戦するため。開催地はあのM.S.G
世界でいちばん有名な、ニューヨークの名物アリーナである。
ちなみにNJPW WORLDで第0試合のHONOR RUMBLEを観て、その後は
CSテレ朝チャンネル、という試聴スタイル。
取り敢えず気になった試合のみレビュー。

HONOR RUMBLEの注目は、先日引退を表明した獣神サンダーライガー
ライガーのテーマがヒットした段階で観客はほぼ総立ちとなり、文字通
スタンディングオベーションでレジェンドを迎え入れる。ここがクラ
イマックスかと思われたのだが・・・。

30人目(31人目?)の選手として登場したのはなんとグレート・ムタ
数時間前にHOGという大会で復帰したばかりのムタが、驚きの古巣参戦。
観客は狂喜乱舞(^^;)。結果はROHのケニー・キングが小狡く優勝したの
だが、主役は間違いなくライガー&ムタ。良いモノ魅せて貰いました!

そしてちょっと注目していたWOH王者岩谷麻優の防衛戦。
完璧な長身モデル体型運動能力の高さ、天然系の可愛さに加え、攻撃
えげつなさまで持ち合わせる岩谷は、もしかしたらカイリやイオより
アメリカ向きなのかも。残念ながらケリー・クラインに不覚を取り、タ
イトルは失ったが、今後に可能性を残す試合。何よりも、新日本マット、
それもMSGに麻優が立っている、という事実。ちょっと嬉しかったりした。

内容的には今大会1・2を争うレベルだったIWGP Jr.ヘビー級選手権
3wayマッチは、メキシコのドラゴン・リーパンディードを下して王座
奪取。王者の石森は直接勝敗に関与しないままの陥落となった。メキシ
カンのIWGPジュニア王者は、ミスティコ以来。リーがどんな王者となる
か、今後に注目!

エース・棚橋弘至ザック・セイバーJr.の持つブリティッシュヘビー級
王座にチャレンジ。せっかくのMSGで棚橋がこんな位置で試合をするの
はちょっと悲しかったが、やはり試合運びの上手さは出場全選手中ピカ
イチ。どんな状況でも対戦相手が必ず光るのだから凄い。しかし結果は
ザックの複合関節技でギブアップ負け。休んで欲しいなぁ、本当に。

IWGPインタコンチネンタル選手権は、新日本らしい消耗戦を制し、内藤
哲也を破った飯伏幸太が念願の王座初戴冠。「新日本らしさ」を魅せつけ
てくれた二人に、ただただ拍手を贈りたい。これがジャパニーズスタイル
だぜ!と日本人ファンが世界に自慢出来る内容だった。


メインはもちろんIWGPヘビー級選手権
ジェイ・ホワイトに挑んだオカダ・カズチカは、結果と共に内容をきっ
ちり残した上での大勝利。ジェイもここまでよく頑張ったと思うのだが、
やはりまだまだ格落ちの感。あと2年したらケニークラスに確実に到達
しそうではあるのだが・・・。

ともかく、新日本プロレスが自らのブランドでMSGに16,000人以上
観客を集めた、という状況が起こるとは、正直夢にも思わなかった。
アントニオ猪木の言う世界戦略とはおそらく違う状況だけど、ちょっと
前まで倒産してもおかしくなかった会社がここまで盛り返したのだから、
ここは素直に喜んでおこうと思う。

普通に思うんだよなぁ、最近。
世界でいちばん凄いのは、新日本プロレスなんだよ、って。

プロレス界vs.別冊宝島

#宝島 #VOICE OF WONDERLAND


▼プロレス界vs.別冊宝島 スキャンダル15年戦争の全内幕 / 欠端大林

2003年から今に至るまで続いている別冊宝島プロレス暴露本
すれっからしのプロレスファンなら思わず手に取ってしまうムック
のだが、この単行本はそれらの総集編。単に抜粋・編集しただけでは
なく、解説を付加した上で独立した作品に仕上がっている。

このシリーズのターゲットは、前半が圧倒的に新日本プロレス後半
はその殆どがプロレスリング・ノア。おそらくココに書かれている事
はおおよそ「本当のこと」だが、団体運営側としては触れて欲しくな
い事だらけなハズ。そんな中で新日は劇的なV字回復を見せたのだが、
ノアに関しては思わず目を覆いたくなるような凋落ぶり。そうなった
原因の大きな部分が宝島の暴露本にあったような気がする。

新日本を心の拠り所としながらも、いつもしっかりした試合を展開す
るかつてのノアもちゃんとチェックしていた僕は、本来このシリーズ
悪意を感じて然るべきなのだが、何故だかそこまでの否定感は無い。
長年プロレスファンをやっていると、「知らなくても良いこと」を知
ってしまった時の対応が出来るようになったらしく、この手の本を読
んでもハナで笑う程度で、心が傷つくことはなくなった。逆に、自分
にちょっと面白いプロレス裏知識が付いていくことを喜ばしくさえ思
った。

でも、もう要らないかな、別冊宝島の情報は(^^;)。
最近はムックを購入することも無くなったし、裏事情を知りたい、と
いう欲求もほぼ無くなった。おそらく宝島もその辺りはビシビシ感じ
ており、だからこそ新機軸である「●●の真実」シリーズを中心に持
ってきている気が。

読むならそっちだな、やっぱり。
取り敢えず暴露ネタの集大成としては、立派な作品だと思う。
・・・二度と読み返すことは無いと思うけど(^^;)。

北尾光司

#八百長野郎 #空拳道


元大相撲第60代横綱で元プロレスラー・元武道家・元総合格闘家
北尾光司氏が2月10日に逝去していた模様。死因は慢性腎不全、享年55

僕らにとって北尾とは、長い間ずっと「A級戦犯」であった。
許せなかったのはやっぱりSWS時代、ジョン・テンタとの試合中にいき
なりマイクを掴み、「この八百長野郎!」と叫んだこと。あの頃の僕は
“八百長”という言葉に敏感で、それをプロレスラー自らが叫んだ事実が
腹立たしいやら悔しいやら。その段階でもう二度と見ることの無い選手
だと思っていたのだが・・・。

それでも北尾を実力者として認めざるを得なくなったのは、Uインター
での山崎・高田との二連戦。あの山崎を子ども扱いし、満を持して行わ
れた高田との一戦では後に伝説となったハイキックでのKO負け。未だに
この試合は僕の観たプロレスの試合の中でもベストと言えるモノである。


逝去のニュースを見て、もう一度北尾のデビュー戦ビガロ戦を確認し
てみた。今この試合だけを改めて見れば、決して悪い内容ではない。
この日は他の試合が凄すぎただけだった、というのはフォローしすぎな
んだろうか?

出来ればもう一度だけ、プロレスファンの前に姿を見せて欲しかった。
ビガロとの決着戦があるのなら、その時はあちらで必ず観戦したい。
ご冥福をお祈りします。

Lucha Libre Estrella Fiesta

後楽園ホールにて「Lucha Libre Estrella Fiesta」を観戦。
開催と参加選手が発表された段階で絶対観に行こう、と決めていた興行。
懐かしき「ユニバーサルプロレスリング連盟」残り香を嗅ぐために・・・。

僕の本命は第三試合に登場したケンドー
ユニバがあれだけ盛り上がったのは、間違い無くケンドーの存在があった
から。全盛期ケンドー打たれ弱い、という致命的な弱点(^^;)こそある
ものの、ゴムマリのようなバネ立ち居振る舞いの面白さはピカイチ。
そして僕らに「応援すること」楽しさを教えてくれたのもケンドーだった。

ケンドーも年を取り、動きはさすがに全盛期に及ばないが、その面白さだ
けは昔のまま。最後もイホ・デル・パンテーラにカンパーナを決め、見事
に勝利を奪って魅せてくれた。

そして、まさかの再来日を果たしたのがタケダ
リングネームがタケダであった、という理由だけで日本に来たタケダは、
相変わらずマスク以外の特徴は無かった(^^;)のだが、そこに居るだけで
観客を楽しませてしまうのは凄い。


ケンドーやタケダをユニバのリングで最初に観たのはもう30年近く前
あの頃からずっと大好きな選手(タケダはそれ程でも無いけど^^;)が、
今もリングに上がって観客に手を挙げてくれる。こんな幸せ、プロレス
ファンをやってなければ絶対に感じられない。ありがとう、ケンドー!

メインに登場したのは、これまた懐かしきエル・イホ・デル・サント
しかも対戦相手の中にフェルサ・ゲレーラが居る。あまりの懐かしさに、
ちょっとだけ泣きそうになった

そしてもう一人、ネグロ・カサスエル・テハノ、そして浅井嘉浩と共に、
ユニバの「強さ」の部分を担ったシルバー・キング。ユニバ以降も各団体に
来日していたが、生で観るのは本当に久しぶり。身体は完全にヘビー級にな
っていたが、その迫力未だ健在。いやぁ、凄ぇわ・・・。

試合内容については正直語る必要すら無いと思うのだが、敢えて言うなら、
「予想以上に良かった」としておく。何よりも、動くサントやケンドーを、
2019年の今、“観ることが出来た”という経験は何にも代え難い。

企画してくれたスターダム・ロッシー小川社長と、東京愚連隊に感謝を。
おそらくもう次は無い、と思うけど、もし2回目があるのなら、次回も必ず。
楽しかったなぁ、本当に。