2019・G1 at 東京・大田区総合体育館 vol.2

#G1 #大田区総合体育館(2)


新日本プロレス「G1 CLIMAX 29」大田区総合体育館2日目
今日は気になるカードが多く、本当は全てを網羅しなければならないのだが、
メインを観たらそういうワケにも行かなくなった。その試合は・・・。

棚橋弘至vsKENTA
両者、シングル初対決。KENTAがNOAHに在籍していた時は対抗戦の切札的
なカードだったのだが、現状は「遅きに失した」、ないしは「タイミングを
逃した」と表現すべき試合だと思っていたのだが・・・。


結果から言えばKENTAの勝利
どちらかと言えば・・・と言うか、完全に棚橋寄りな僕だが、そういう贔屓目
を抜きにして考えても「棚橋弘至ってすげぇ・・・」と唸らずにはいられない。
KENTAの持ち味を引き出し、全く相手を格下にせず、その上で殺伐とした
世界を崩さずに試合をする。世界中のプロレスラーが憧れる筈である。


Go2Sleepを決め、勝利したKENTAはG1で2連勝。その内訳が棚橋飯伏
という事実は凄い。試合後に棚橋に求めた握手はおそらく本音。この試合で
何かを掴んだであろうKENTAは、当分の間新日本マットの主役級で活躍でき
る気がした。

KENTA2連勝に対し、棚橋・飯伏の両名は2連敗
特に飯伏の足の怪我が深刻らしく、以降のスケジュールに耐えられるか否か。
かなり心配・・・。

※リーグ戦結果
○ランス・アーチャー(2勝) vs. バッドラック・ファレ(1勝1敗)×
○ウィル・オスプレイ(1勝1敗) vs. SANADA(1勝1敗)×
○オカダ・カズチカ(2勝) vs. ザック・セイバーJr.(2敗)×
×飯伏幸太(2敗) vs. イービル(1勝1敗)○
×棚橋弘至(2敗) vs. KENTA(2勝)×

2019・G1 at 東京・大田区総合体育館 vol.1

#G1 #大田区総合体育館(1)


新日本プロレス「G1 CLIMAX 29」、ようやくBブロック初戦
大田区総合体育館という大会場、しかも2連戦。今の新日本は完全に無双状態


国内初戦となるジュース・ロビンソンvs鷹木信悟(ジュースの勝利)に続き、
共にG1初参戦となるジョン・モクスリーvsタイチのマッチアップ。驚いたこ
とに攻めるタイチ、受けるモクスリーという状態。タイチの攻撃を受けきり、
自分の土俵に引きずり込んだモクスリー、持ち味をフルに発揮しての勝利。
さすがに元WWE王者の肩書きはダテじゃなかった。


アップセットが起こったのは、僕がBブロック首位候補に挙げている内藤哲也
矢野通を迎え撃った試合。終わってみれば最初から最後まで完全に矢野ワー
ルドが展開された、と言わざるを得ない。今後に向けて巻き返すしか無い内藤
だが、後々この一敗は効いてくるかも。矢野もたまにはマジで優勝目指しても
いいと思うんだけどなぁ・・・。


セミの消耗戦、石井智宏 vs. ジェフ・コブ(石井の勝利)を挟み、メインに組
まれたのは後藤洋央紀vsジェイ・ホワイト。スランプ状態からLA道場に渡り、
柴田と練習してきた後藤に声援が集まる展開。実際後藤の動きは良く、随所
でジェイを圧倒し、完璧な勝利

後藤は思い入れの全く無い選手なのだが、今回くらいは応援しよう、という
気にちょっとだけなった。
このG1で爪痕を残せなければ、後藤は終わってしまう気がするので。



そして今日は、前座で組まれたタッグマッチにやたら面白い試合があった。
第四試合、棚橋弘至&海野翔太&成田蓮vsKENTA&クラーク・コナーズ&
カール・フレデリックス6人タッグマッチ。タナとKENTAの絡みに期待が
集まった試合だが、主役は海野&成田野毛ヤングライオンズと、コナー
ズ&フレデリックスLAヤングライオンズの絡み。両軍、意地を剥き出し
でやりあう姿はかつての船木・野上vs安生・中野を観ているかのよう。
既に忘れていた古き良き新日本が、ココにあった気がする。

・・・しかし、やっぱりBブロックの人選はAブロックに比べて弱い気が(^^;)。
おそらく内藤・後藤・ジェイの三つ巴状態で、モスクリーがどこまでやる
のか?がポイントだが、どこまで盛り上がるか? 明日以降も注目!

GREAT BIG REVENGE

#村田諒太 #ミドル級世界戦線


エディオンアリーナ大阪で行われたWBA世界ミドル級タイトルマッチ
王者ロブ・ブラントに挑んだのは、前同級王者の村田諒太。いわゆる、
リベンジマッチである。

前回ラスベガスで行われた試合の時は、村田が「伏兵に足をすくわれる」
展開。当時のブラントはまだ無名であり、KOはともかく村田の勝利は動
かない、と予想された試合だったが、結果は村田の「惨敗」
正直、僕はあの試合が村田のラストマッチだった、と勝手に思っていた。

両者共に気合い充分
やや堅さの見える村田に対し、既に1度タイトルを防衛しているブラント
は余裕の表情。オープニングから出入りの激しい左右の連打を繰り出し、
村田の出鼻を挫こうとしていたのだが・・・!。


連打の殆どをガードで裁き、少ない手数ながらも強烈な一撃を返して行く
村田。特にボディブローは強烈で、1Rの途中からブラントの顔色が確実に
変わっていく。


こうなるともう村田の世界で、2Rはボディからの左右ワンツーが面白いよう
に当たる。1度目のダウンの時点で、事実上試合は終了していたように思う。

最後は村田の強打を浴びながら棒立ちになったブランドを見てレフェリー
が試合をストップ。見事に村田がリベンジを果たし、WBA世界ミドル級
王者返り咲いた!!

試合後のリング上で感極まった表情を魅せた村田。見ていたコチラが思わ
ず貰い泣きしてしまうくらい、感動に溢れたシーンだった。
前回を見る限り、村田の勝ち目は限りなく薄いと思われた試合だが、下馬
評を覆す見事な完勝劇。ここに来ての復活、もの凄く嬉しい。

完璧なリベンジマッチではあったが、村田は再びスタートラインに立てた
だけだと思う。本当のミドル級世界王者を名乗るのであれば、スーパー王
者のカネロ・サウス・アルバレスゲンナジー・ゴロフキン、同じ元五輪
金メダリストのWBO王者、デメトリアス・アンドラーデあたりと勝負し、
勝利する必要がある。日本人には到底届かないと思われたミドル級で、真
の王者になれるチャンスは村田にしか無い

もう一度夢を見せてくれ!>WBA世界ミドル級チャンピオン・村田諒太!

2019・G1 at TEXAS American Airlines Center

#G1 #ダラス


新日本プロレスの真夏の祭典「G1 CLIMAX 29」開幕
今年はちょっと早いなぁ、と思ったのだけど、忘れてました(^^;)。2019年
のG1初日は、米国テキサス州ダラスからスタート。ということでテレ朝チャ
ンネルのライブを確認。


いきなり名勝負になったのは、ランス・アーチャーvsウィル・オスプレイ
公式戦。オスプレイが仕掛け、アーチャーが受ける、というありそうな展開
ではなく、両者共に積極的に仕掛ける大熱戦。これまで観たアーチャーの試
合の中では文句無くNo.1。受けたオスプレイも凄かった。アーチャー勝利!


EVILvsファレを挟み、続いて行われたザック・セイバーJr.vsSANADAの試合
は、両者の独特の間合いで観客を沸かすテクニカルな試合に。ザックの関節技
が光ったのだが、コントロールしていたのはSANADA。ザックのジャパニーズ
レッグロールを切り返し、オコーナークラッチで3カウントを取ったSANADA
の上手さが際だった。こういう試合、好きだなぁ・・・。


問題はセミで行われたKENTAvs飯伏幸太
NOAH離脱後のKENTAの試合の中ではいちばん良かった・・・のだが、冷静に観
て少し心配になった。久々のジャパニーズ・スタイルに付いていくのが精一杯
な感じで、技の正確さ不足とスタミナ不足が確実に見て取れる。
試合はKENTAが勝ったのだが、G1の連戦に付いていけるかどうか・・・。


それ以上に心配なのがメインでオカダ・カズチカと闘った棚橋弘至
足回りのコンディション不良は誤魔化し様が無いくらい顕著で、思わず目を覆
いたくなった。それでもダラスの観客を“棚橋vsオカダ”のブランドで興奮の坩
堝に叩き込んだインサイドワークは見事だったが、もちろん試合は敗戦。もっ
と長い期間休んで、しっかり身体を治して欲しいのだけど・・・。

MSG大会のように超満員とはならなかったが、会場の盛り上がりはかなりのレ
ベル。場所を選んで上手く集客出来れば、米国でもかなり新日本は盛り上がる
かもしれない、と改めて思った。
しかし、G1として考えると今日は特別編。本番は来週からの連戦かな・・・。
棚橋の巻き返しに期待したいけど、果たしてどうなるか? 今年も注目!

ARITA AND WEEKLY PRO-WRESTLING AND FINAL

#世界一のプロレスバラエティ


バトル・ニュースの記事によると、人気番組「有田と週刊プロレスと」
新作7月17日より配信開始、とのこと。

プロレスファンに絶大な支持を受けているのはもちろん、Amazonプライム
ビデオ全体でも驚異的な人気を誇るこの番組。気になるのは、新シーズンが
数字ではなく、「ファイナルシーズン」のカタカナになっていること。

新シーズン放送はもちろん嬉しいのだが、ファイナルってのはねぇ・・・。
この番組、ネタ元は2000冊以上のバックナンバーを有する週刊プロレス
あり、番組の放送がこのシーズンで100回を迎えたとしてもたった1/20
なのにファイナルにしちゃうのは余りにも惜しいし、寂しい

・・・いや、もしかしたら「新・有田と週刊プロレスと シーズン1」みたいな
感じですぐに新作が来るのかもしれないが、そこまでハラハラしなければな
らないのは精神衛生上よろしくない。今からでもいいから、「シーズン4」
に名称変更していただきたい!

ともかく、新シーズンの配信開始は本当に楽しみ。
チュートリアル・福田、バイキング・小峠、ビビる・大木などの準レギュラ
ー陣に加え、例えば安田顕あたりをゲストに迎えてくれると凄く嬉しい。
・・・劇団ひとりだけは絶対に呼ばないで欲しい(^^;)。

そして、9月にはシーズン1・2のDVDボックスも発売決定。
特典ディスクのために購入しちゃうんだろうなぁ、きっと。