NJPW × AEW

#Too Expensive


ちょっと前の話になるのだが、新日本プロレスAEW米国での合同興行
を開催発表。仲がいいのか悪いのかよく解らない関係を続けていた両団体
だが、やはりこういうスタンスを取るべきかと。

・・・問題があるとすれば、元新日勢、具体的にはヤングバックスケニー・
オメガなどの思うところがありそうなメンバーが交流戦に参加するかどう
かだが、ソレが無かったとしても見どころは多々。注目はやっぱり棚橋・
オカダ絡みのカードであり、発表がやたら楽しみ。6月27日かぁ・・・。

でも、さすがにPPV4,980円はさすがの僕もちょっと躊躇する(^^;)。
まぁ、観ないワケにはいかないので、買っちゃうとは思うんだけど。

WRESTLING DONTAKU 2022

#njdontaku #BC 4 Life


新日本プロレス『WRESTLING DONTAKU 2022』福岡PayPayドーム大会。
コロナの影響を受け、重要なカードの変更こそあったモノの、無事に開催された。

セミファイナル、IWGP USヘビー級選手権
チャンピオンのSANADAが負傷のため王座返上、前王者の棚橋弘至と元世界王者
ウィル・オスプレイが決定戦を行う予定だったが、オスプレイのコロナ陽性を
受けてカード変更。棚橋は石井智宏と決定戦を行うこととなった。

・・・改めて、棚橋弘至というプロレスラーの奥深さ凄さが解る試合。
石井特有のゴツゴツしたプロレスは、タナのカラーにいちばん合わないと思って
いたのだが、これが珠玉の名勝負に。特にタナのヘッドバッド迫力満点な上に
説得力抜群。こういう試合でもしっかりゲームメイク出来るところが凄い。

大熱戦を制し、再びUS王者となったタナ。来月アメリカでジョン・モクスリー
のシングルマッチが組まれているが、おそらくUS王座戦になるかと。コレは本当
に楽しみなカード。

しかし、試合後に現れた黒覆面に襲われたタナ。覆面の下に現れた顔は、なんと
ジュース・ロビンソン。完全にノーマークだったジュースはBullet Club入り決定。
US戦線も解らなくなってきた・・・。

今回は試合には触れないが、メインで内藤哲也を相手にIWGP世界王座を防衛した
オカダ・カズチカの前にジェイ・ホワイトが出現。オカダを蹂躙し、Bullet Club
としての復活を高らかにアピール。NEVER王座戦で乱入したアンダーソン&ギャ
ローズも含め、BC勢力拡大HOT勢が居ないのが、ちょっと気になったが・・・。

負けるな大谷!

#大谷晋二郎


絶対にあってはならないこと

・・・大谷晋二郎は、もっともっともっともっと報われなければならない
こんなことでキャリアを終える選手じゃない、と信じているし、こんなことで
僕らの前から消えてしまうようなプロレスラーでもない、と信じる。
絶対にあってはならないこととは、大谷晋二郎がリングから消えてしまうこと

だから絶対に負けるな! 絶対に無事に帰ってこい!

MURATA vs GOLOVKIN

#爪痕


さいたまスーパーアリーナで行われたWBA・IBF世界ミドル級統一王座戦
WBAスーパー王者村田諒太と、IBF王者ゲンナジー・ゴロフキンの対戦は、
あまりに感動的な、歴史に残る一戦となった。

試合序盤、ペースを握ったのはなんと村田
GGG背筋が凍るような左ジャブをものともせず、距離を詰めた村田が強烈な
左右のボディ。あのGGGが、伝説のゲンナジー・ゴロフキンが、明らかに村田
の攻撃を嫌がり、苦痛の表情を見せる。カネロとの試合でも、GGGはこんな顔
を見せなかった気がする。

判官贔屓が凄くある見方だが、3Rまでは明らかに村田のペース・・・な気がした。
この段階で、僕は間違い無く夢を見た。もしかしたら、本当に最強のミドル級
の日本人世界王者が誕生するのではないか?と。

しかし、GGGはやはり規格外の強さ
村田のボディを嫌いながらも、時折強烈に入る左ジャブワンツーの効果は絶
大で、村田の顔はラウンドを重ねる毎に大きく腫れていく・・・。

間違い無く劣勢の村田だが、それでも果敢に前に出てパンチを放つ。
そんな村田の姿を観ていたら、試合の途中なのにも関わらず、涙腺が崩壊した。

9R。あのGGGを相手に、9Rまで勇敢に打ち合った村田を、誰が責められよう。
この一戦で村田はカネロやGGGと同じ土俵に居ることをしっかり証明。そして、
村田諒太というボクサーがオールタイムで最強の重量級日本人ボクサーである
ことも証明された。心から拍手を贈りたい。

おそらく今日を最後に、村田諒太はグローブを壁に掛ける
最後の試合を生涯のベストバウトとし、負け試合にも関わらず観客を感動させ
た村田を、僕は心の底からリスペクトする。最高の試合を、ありがとう!

“THE GAME” is OVER…

#HHH #WrestleMania


WWEレッスルマニア38・ダラス2日目。
今日に限っては試合ではなく、冒頭に登場した偉大なプロレスラーについて。

重度の心臓疾患が原因で、現役引退を表明していたトリプルHが登場。
昨日のストーンコールド同様、そのオーラが只事では無いレベル。大きな病気
をしているようには、正直見えないのだが・・・。

稀代の名レスラーは、往年と寸分違わぬ格好良さで水吹きパフォーマンスを展
開した上でリングイン。しばし大観衆の声援を堪能した後、マイクを取った。

発した言葉は観客への感謝、そして「Welcome to Wrestlemania!」の一言。
ファイナルメッセージがレッスルマニア開始の合図であり、この言葉をきっか
けに大会開始を告げるパイロが鳴り響く。画面がリング上に戻ると、そこには
ひっそりとマイクリングシューズが置かれていた。

最後まで本当に格好良かったトリプルH。これまで本当にありがとう。
どうか、家族の皆様とお幸せに。次世代のアメリカンプロレスを、よろしくお
願いいたします。