「矢口高雄」という才能

#釣りの伝道師


漫画家矢口高雄さんが、20日に亡くなっていたことが明らかになった。
今年5月に膵臓癌が見つかり、半年にわたって闘病していた模様。享年81

代表作の「釣りキチ三平」は、間違いなく僕らのバイブルだった。
もしあの時代に三平の連載が無かったら、僕は長い間釣りを趣味にしてい
たとは思えない。そのくらい三平で描かれる世界は刺激的であり、幼い頃
の僕を完全に魅了した。

・・・以降、一部敬称略とさせていただきます。
釣りキチ三平は少年マガジンで連載されていたマンガだが、その「自然」
の描き方は、まるで絵画のような美しさをずっと保っていた。週刊連載
アレをやれたマンガ家を、僕は矢口高雄の他に知らない。三平の連載が終
わってからも矢口高雄から卒業することは出来ず、手に入る短編や書籍、
画集なども片っ端から手に入れ、貪るように読んだ覚えがある。だから、
2001年に三平が「平成版」として復活した時は、本当に嬉しかったのだ
けど・・・。

先生、三平くんの話はまだ未完なんですよ。
この壮大な作品の最後が読めないなんて、本当に耐えられない。だから、
アチラでもしっかり構想を練り、なんなら書き進めておいてください。
新作を、楽しみに待っています。

また必ず、どこかで。

鬼滅の刃 on Amazon Prime

#乗り遅れ自覚の再確認


今や社会現象と化している「鬼滅の刃」
週刊少年ジャンプ連載時は、3週目くらいで見切りを付けてしまい、センス
の無さを曝け出してしまった(^^;)のだが、取り敢えずアニメシーズン1
Amazonプライムビデオで追いかけてみた。

・・・いや、普通に面白いじゃねぇか、と(^^;)。
改めてアニメで見てみると、ストーリーはしっかりしているし、核もしっか
り存在する秀作。原作で読んでいる時には全く刺さらなかったドタバタ部分
も、アニメ版ではしっかり楽しむことが出来たのだから不思議。

シーズン1終了で現在公開されている映画にエピソードは繋がるワケだが、
その後がアニメの新シーズンになるのか、それともまた映画になるのかを、
ちょっと注目しておいて良いかも。

とはいえ先も気になるので、遅ればせながら原作も追いかけてみようと思う。
どうして刺さらなかったのかなぁ、連載中(^^;)。

有田プロレスインターナショナル

#神の言葉


配信バラエティ始まって以来の名番組「有田と週刊プロレスと」の後を受け、
有田哲平が新たに立ち上げた新番組「有田プロレスインターナショナル」
正直思っていた形態の番組ではなかった(^^;)のだけど、これもまた非常に
おもしろい。

過去2~3週の予告編を載せてみた。
トーク形式を捨て、ある程度普通のバラエティにシフトしているのだが、
毎回【有田+プロレスに詳しいゲスト2人】を、プロレスに全く明るくない
芸人司会として回す、という構成。かなり冒険のシフトだが、これが功を
奏したらしく、どの回もとにかくおもしろく、尚且つ興味深い。

特に先週から今週に続ているグッズ周りの話は、ある意味で勉強になる程。
市場に出ていることが話題になっていた、あのウルトラマンマスク、まさ
古坂大魔王が購入していたとは、夢にも思わなかった。

今日から始まった闘道館ロケはまだまだ続きそう。
しばらくマニアックな話題で楽しめそうだな、この番組。

水曜どうでしょう ザ・ベスト

#コンピレーション


明日(10月28日)よりオンエア開始となる「水曜どうでしょう」新作
コレに併せる形で、新作DVDの発売がアナウンスされているのだが・・・。

なんとタイトルは「水曜どうでしょう ザ・ベスト(偶数版)」
どうでしょう祭りで開催された「どうでミーショー」にランクインした
企画を再編集してまとめたモノらしい。偶数版なので、1位の作品は収録
されていない模様(^^;)。

・・・まぁ、ベスト盤という考え方はキライじゃないし、コレはコレで楽し
みではあるのだけど、今のところDVD化のなされていない企画を、早めに
表に出して欲しい、というのが本音。まぁ、アフリカを別にすれば、該当
するのは【カルトクイズ】【四国R-14】だから、色々無理があるとは思
うんだけど・・・。

とはいえ、予約しちゃうな、きっと。

A Inter 11.4

#神の言葉


シーズン4で最終回かと思われたAmazonプライム「有田と週刊プロレスと」
どうやら有プロの愛称で愛された番組は本当にファイナルだった模様。もう
すぐDVDボックスも発売になるらしいし・・・。ところが!

・・・11月4日、新番組始動!
番組名は『有田プロレスインターナショナル』、愛称は『Aインター』
プロレスファンなら何のオマージュかすぐに解る小粋なタイトル。ただ、
短命に終わらないかだけが心配なのだけど(^^;)。

有プロとどう違うのか、今のところ明確な情報は全く無いのだが、何なら
いきなり封筒に入っている週プロが登場して来ても一向に構わない(^^;)。
とにかく、プロレスファンの鏡である有田哲平が、戻って来てくれるとい
う事実を素直に喜びたいところ。

希望があるとすれば、倉持明日香に引き続きアシスタントをやって欲しい
のと、劇団ひとりを呼ばない(^^;)こと。それさえ叶えば後は何をやっても
いいので。

安田顕、ゲストに来ないかなぁ・・・。