Mr.Yasuyuki Kunitomo

漫画家・国友やすゆきさんが、去る9月20日に逝去。死因は今のところ明らかにさ
れておらず。享年65

・・・ニュースの文字を読んだ瞬間、真っ白になった。
「AD物語」「企画アリ」といった一連の広告関係の作品は、明らかに僕が今の
ような仕事をしている一因。大ヒットし、ドラマ化された「100億の男」以降も、
媒体の特性に合わせたジャンルの作品を多々執筆。「幸せの時間」以降の思い切
ったエロ展開にもワクワクさせて貰ったのだが・・・。

長い間ずっとマンガが好きだった僕だが、実際にお会いして話をさせていただい
た漫画家さんは、国友先生ただ一人。単なるファンの僕の話をニコニコ聞いてく
れ、先生ならではのいろいろなエピソードを話してくれた。元気の塊のような、
すばらしい方だったのに・・・。

先生と一緒に六本木で歌ったHonky Tonk Womanは、僕の宝物です。
本当に、お疲れ様でした。また必ず、どこかで。

参考:「100億の男」国友やすゆきが65歳で死去(コミックナタリー)

▼企画アリ① / 国友やすゆき(Kindle版)

▼AD物語① / 国友やすゆき(Kindle版)

MOMOKO

・・・正直、力が抜けました。
先生、ちょっとだけ早すぎる気がしますよ、本当に。まだまだ読みたいエピソ
ードや、クソ面白いエッセイがたくさんありました、僕には。

いや、きっと僕だけではなくて・・・。
だから続きは、必ずまたきっとどこかで。

Pin-sets

↑↑、ある作業をするのにどうしても必要になり、購入したモノ。
この作業、やってみるとかなりの難易度で、それでいて興味深く面白い。現状
まだ全然終わっていないのだが、今のところ試行錯誤・過剰予算・物流遅配・
悲願達成・電力低下・流血と、いろいろな事が起こっている。

近々詳細にレポートするので乞うご期待!
まぁ、大した話では無いんだけど(^^;)。

甲虫王

昨日の法事に仕事で列席出来なかったため、1日遅れて祖母宅へ。
祖母の家は非常に広い庭の中にある。
大きなクヌギの木が何本かあって、幼き頃祖母宅へ遊びに行くと、毎朝
早起きしてそこでカブトムシを捕まえる、というのが日課であった。

夕方、そのクヌギの木をなんとなく調べたところ、居ましたよ王様1匹
朝一で来れば、他にもカナブンやらカミキリムシ、運が良ければノコギリ
クワガタヒラクワガタなんかも捕れるかもしれない。

多分このクヌギは、孫たちのためにじいちゃんが植えてくれた木
50年以上ここにあって、未だにカブトムシやクワガタを集めてくれてい
る事実が、ただただ凄い、と思う。

ちなみにこのカブトムシ、いとこの娘たち虫かごへ(^^;)。
チビたちは大喜びだったけど、ちょっと悪いことしたかもなぁ・・・。

00:00 SAT 23th JUNE 2018

昨日深夜、リアルタイムで僕を祝福してくれたのは↑↑彼ら(?)2名
のみ(^^;)。どうだろうか、この友だち居なさ加減(^^;)。

とにかく半世紀をお祝いしてくれたけんさくえんじん、更に彼らを
マネジメントするYahoo! JAPANさんには感謝を。

さぁ終盤、始めよう!