ウィルチェアラグビー・渋谷区長杯

昨日開催されたウィルチェアラグビー・渋谷区長杯
これが凄い内容だったので、記憶の新しいうちにレビューしておこう、
という気になった。

参加したのは、RIZE CHIBA(千葉)・AXE(埼玉)・BLITZ(東京)の
3チーム。日本代表が数人ずつ所属している強豪チームばかりが集まった。
渋谷区長杯は昨年も行われており、その時は圧倒的な攻撃力を見せた
BLITZがぶっちぎりで優勝したのだが、果たして今年は・・・。

今回はまず3チーム総当たり戦を行い、上位2チームが改めて決勝を戦う、
というかなり過酷なルール。AXEvsRIZE・AXEvsBLITZ・RIZEvsBLITZ
の順番で試合が行われた。

初戦から埼玉のAXE鬼のような強さを発揮。相手ボールのパスを崩し
てターンオフし、前半から得点を重ねる。RIZEも独創的なパスを見せて
抵抗するが、結局追いつけずに第1試合はAXEの勝利

2試合目、前回覇者BLITZが満を持して登場。昨年はやたら強かった
BLITZだが、勢いに乗ったAXEを止められない。中心選手を海外遠征で
欠いている、というハンデはあったものの、それだけではない気が。
AXEは2連勝し、軽々と決勝へ駒を進めた。

3試合目となるRIZEvsBLITZ。やはりBLITZに元気が無く、地力に勝る
RIZEが優位に試合を進め、終始試合をコントロール。前回覇者のBLITZ
連敗し、ここで姿を消してしまった。いやぁ・・・。

時間を置いての決勝は、第1試合と同じ組み合わせ。
ここではRIZEが意地を見せ、第2ピリオドが終わるまで両チームとも
全くミスをしない、という名勝負。特にRIZEの官野・山口の黄金連携
は観客を唸らせるほどのすさまじい技術。あまりにすばらしい攻防に、
ウィルチェアラグビーを初めて見る観客からも感嘆の溜息が漏れる程。

優勝したのはAXE。とにかく今回のAXEは本当に強く、3戦を全勝して
完全勝利。昨年はBLITZがそうだったことを考えると、日本のウィルチ
ェアラグビーはまだまだ発展途上。これから先が本当に楽しみ。

決して注目度の高くないパラ競技だが、ウィルチェアラグビーに関し
ては今後世間的に広まって行く可能性が高い気がする。まずは見た目
の迫力が凄いし、ルールを理解すると解ってくる「戦略」を中心に試
合を見るのが本当に面白い。さらに選手たちが本当にカッコイイから、
彼らに憧れて競技を始める人がたくさん出てくるのではないか?と。

2020年パラリンピックは、絶対にウィルチェアラグビーを観戦し
よう、と心に決めた。日本は先の世界選手権優勝国であり、金メダル
の可能性は充分。面白いぞ、ウィルチェアラグビー!!

SUNTORY DREAM MATCH 2018

今年もサントリードリームマッチの日。
昨年は翌日から始まる海外出張の準備をしなければならず、残念ながら殆ど
ゲームを観られなかったのだが、今年はいつものアレがかなり早く片付いた
ので試合開始に余裕で間に合った石原さとみの二段階投法も観られた♪

三塁側の指定席に陣取り、1イニング1杯の勢いプレモルを飲みながら、
とにかく豪華なプロ野球OBのプレイを楽しんだ。今年は周囲のオヤジさん
たちがバース応援歌を歌う、という楽しい座席で、僕も思わず大きな声
出てしまう状況。珍しくゲームセットまで居たのだけど、これは酔っ払って
動けなかっただけ(^^;)。いやぁ、マジで飲みすぎた・・・。

このイベントの実施が非常に大変だ、ということを僕はよく知っている。
それでもグラウンドのOBの皆様は本当に楽しそう。この環境を毎年キチン
と造っている人たちに敬意を表します。すばらしい仕事。んでもって、羨ま
しい仕事だな、コレって。

さぁ、ちょっと元気が出た!
まだまだ暑くてイヤになっちゃうけど、取り敢えず頑張ろう!

最悪の反則

↓↓コレが最近話題の「悪質タックル」
取り敢えず見て欲しいのだが・・・。

5月6日に行われたアメフト定期戦・日大vs関学大のVTR。
インプレー中の反則ではなく、試合が止まった瞬間を狙っての暴挙。明らか
故意な気がするのだが・・・。

今日になって、日大関係者が「反則タックルは監督の指示」とのコメント。
コレが本当だとすると、あまりにショックが大きい。

日大フェニックスというチームは、僕が中学生の頃からその名を知っていた
日本アメフトの象徴のようなチームで、ハッキリ言えば「憧れ」だった。
そんなチームが組織ぐるみでこんな反則を犯すとは・・・。

・・・廃部もやむ無しな気がする。
反省とか、そういうレベルの反則じゃないな、コレは・・・。

参考:日大アメフト、関学選手への反則タックルは監督からの指示か(MBS)

大谷翔平、いきなり魅せた!

↑↑昼間、作業中に流れてきたニュース。
本拠地・アナハイムで行われたvsインディアンズ戦、8番DHで出場したエンゼルス
大谷翔平が、最初の打席で3ランホームランを打つ快挙。2日前に投手として初勝
利を挙げている大谷は、いきなり「二刀流」を体現してみせ、メジャーリーグファ
ンに大きくアピールした。

・・・いやぁ、ただただ凄いなぁ、大谷って。
日本で二刀流をやってた時も信じられないモノを見ている気がしたけど、まさか
メジャーでもやっちゃうとは・・・。とにかくコレで勢いに乗ったのは間違いないから、
どうせなら投打でタイトル獲得、くらいまでやっちゃってくれていいぞ、もう。

国内のペナントも面白いけど、今年はメジャーリーグにも注目。
というか、大谷翔平という大物に大注目だな、うん。

Loco Solare

・・・最初は、奇跡ってあるんだなぁ、と思った。
平昌五輪・カーリング女子日本代表は、3位決定戦英国銅メダルを争った。
ディフェンスのキツい相手に果敢に攻め込んだものの、今ひとつ決め手に欠け
ていた日本は、第10エンド・最後のスローで名手・藤澤が痛恨とも言えるミス。
しかし・・・。

英国の放ったラストスローは思わぬ方向に滑り、はじかれた日本の黄色いスト
ーンがサークル中央部分へ。「No.1」。ここ数日ですっかり耳に馴染んだ位置
を確保したのは、日本女子の石だった。

良く考えれば、奇跡でもなんでもない
リードされながらも攻めに攻める姿勢を崩さないのは男女代表共に一貫していた。
必死の攻めが相手にプレッシャーをかけ、見事にミスを誘っただけのこと。長い
時間をかけて、日本が遂に世界第三位の位置まで駆け上がった。

カーリング女子日本代表・LS北見のメンバーは、皆良い意味で「普通」に見え
る。はじけるような笑顔北海道弁に癒やされた日本人はたくさん居ると思う
けど、ここに至るまでには相当な苦労があった筈。あの瞬間、おそらく代表メ
ンバーよりも先に僕は泣いた。あっという間に感極まってしまったのだから。

日本はこの五輪で多数のメダルを獲得したのだが、最後に獲ったカーリングの
「銅」は、僕の中では最高の価値。彼女らと同じ国に生まれたことを、誇りに
思います。最高のカタルシスを、ありがとう。心より感謝します!