KAIRI SANE on Smack Down Live!

#PRINCESS of PIRATES


レッスルマニア終了後のWWEは、スーパースター・シェイクアップが進行中。
RAW←→SmackDownの移籍やNXTからの昇格があり、今年度の編成が決まっ
て行くのだが、その中で嬉しいニュースが。

カイリ・セイン、遂にSmackDownへ昇格
GMのペイジに呼び込まれ、ASUKAの新タッグパートナーとして登場した我ら
のカイリ、もの凄い大歓声WWE一軍のリングへ。

現在の女子王者のベッキー・リンチのニックネームは「THE MAN」
カイリの今の立ち位置はその対極・カワイイ系代表で、これまでのWWEに
居そうで居なかったタイプもしかしたら・・・。

中邑真輔がちょっと失速してしまったので、同じ日本人として今後に期待で
きる選手はもうカイリだけになった。もしカイリが世界を取ったら、とか考
えるだけでドキドキする。行ってくんないかなぁ、このまま・・・。

虎の回顧録

▼虎の回顧録 昭和プロレス暗黒秘史 / タイガー戸口(Kindle版)

“野生の虎”こと、タイガー戸口の自伝。
御年71歳にして未だ現役。この間のジャイアント馬場没20年追善興行
バトルロイヤルにも出場し、元気なところを魅せてくれた、昭和を代表す
るプロレスラーの一人。

以前から著書熱望されていた戸口さん。
その理由は、Gスピリッツ等の雑誌で時折見掛けるインタビュー面白さ
にある。とんでもない毒舌に加え、ややヤバめの話題でもポンポン口に出
してしまう暴露癖(^^;)。コレを思いっきり楽しむには、何かを一冊仕上
げてもらうのが一番。ということで、期待大のまま読み始めた。

・・・いやぁ、どうだろ(^^;)?
これまで読んだ各種のインタビューに比べると、やや大人しい感否めず。
お得意の「他レスラーへの悪口」も若干歯切れが悪いのは、自分史という
性質上、一つのことに文章量を割けなかったのが原因なのだと思う。

それでも、日本プロレス時代から今に至るまで現役を続け、そのキャリア
の半分を海外で過ごした豪傑の語る自らの半生は本当に面白い。自分の
を隠そうともしない姿は潔くてカッコイイし、馬場猪木ですら一刀両
してしまう口の悪さもある意味ですばらしい。プロレスとは如何なる物
、が見えてくる佳作。プロレスファンならぜひ!

Was HIDEO ITAMI sold out really?

PWInsiderの記述によると、WWE・205Liveに所属するヒデオ・イタミが、
WWEを退団した、とのこと。既にtwitterのアカウントも元のリングネーム
である“KENTA”に変更されている。どうやらROYAL RUMBLE翌々日に収録
された205での試合が最後になる模様。

普段はあまり205は見ないのだが、さすがに今回は確認してみた。
対戦相手はRRでも4wayで対戦した同じ日本人の戸澤アキラ。かつての格か
ら考えれば負けるハズの無い相手に「完敗」といって差し支えの無いフォー
ル負け。こんな姿でWWEを去ることになるなんて・・・。

5年前にKENTAがWWEと契約した時には、正直かなり期待していた。
NXTでトップ戦線に食い込み、レッスルマニアアンドレ杯バトルロイヤル
への出場を決めた時は現地で本当に狂喜したし、あっという間に1軍へ上が
って活躍する、と信じて疑わなかった。しかし・・・。

とにかくチャンスの尻尾が見えたあたりで必ず大きな怪我をする。
WWEでタイムリーに試合が出来ない、というのは致命的であり、この結論
も仕方無いのかもしれない。しかし、あのKENTAが5年も居てベルトの一つ
も取れなかった、という事実はあまりに寂しい。

この先、KENTAはどういう選択をするのか?
本音を言うのなら早急に帰国し、NOAHや新日本で以前と同様のファイトを
魅せて欲しいのだが、WWEに長期参戦しながらゆっくりと自らの格を落とし
た今のKENTAに、どれほどの商品価値があるのか・・・。

・・・まだ遅くない
例えばAEWで結果を出してから、華々しく「凱旋」して欲しいんだ、本当に。
それぐらいやらないと、KENTAじゃないよ・・・。

ROYAL RUMBLE 2019(KICK OFF SHOW)

WWE4大PPVの一つ、「ROYAL RUMBLE」WWE Networkで配信中。
これ見始めると非常に長くなるので、本編レビューは後ほど。
ここでは日本人男子3選手が参加したKICK OFF SHOWの2試合をば。
ちなみにオンエア順は逆なので念のため。

WWEクルーザー級フェイタル4wayマッチは、王者のバディ・マーフィー
カリスト、戸澤アキラ、ヒデオ・イタミが挑戦。プレショーとは言え、
負傷欠場以降のイタミがPPVに出るのはおそらく初。ここでの戴冠を期待
したのだけど・・・。

・・・一回り大きくなった、というか、ちょっと太ったイタミことKENTA
この体型で他の3人についていけるか、と試合前から不安な予感(^^;)。
寂しいことにコレが的中してしまった。

まぁ、マーフィーがクルーザー級じゃないかもしれない問題は置いてお
くとして、終始ゲームメイクした戸澤と持ち味を出しまくったカリスト
は評価出来る。ところがイタミは全くピリっとせず、最後はマーフィー
ピンフォールを取られる始末。イタミはWWEでベルト取るのは無理
かもしれない。なんとかならないかなぁ・・・。

そして、中邑真輔US王者ルセフに挑戦。
昨年のランブル覇者プレショーに登場する、というのは寂しい限り。
正直、BタイトルであるUS王座なんて無視して欲しいのだが、カードが
組まれた以上勝って欲しいところ。

さすがに中邑、やや下手(^^;)なルセフを相手にかなり見応えのある試合
を構築。ヒールらしい動きを随所に交え、ルセフを翻弄。更にルセフの
マネージャー・ラナを挑発し、誤爆させた上で小狡く試合をモノにした。

中邑真輔、US王座返り咲き
まぁ、嬉しいことは嬉しいけど、このタイトルを取ったからと言っても
素直に喜べない、というのも本音。

日本勢としては女子ASUKAが本戦に出場したが、男子プレショー
この現実はちょっと厳しい。戸澤と中邑にはもう少し立場を上げて欲し
いし、イタミに関しては大奮起が必要。KUSHIDAがWWEに上がるよう
になったら、押し出されちゃう気がするなぁ・・・。

MYC 2nd・里村明衣子&紫雷イオ

Mae Young Classic 2nd Season on WWE Network。
まさか2回目があるとは思わなかったMYC、トーナメントは既に準決勝


昨年優勝したKAIRI SANE同様、今年も日本勢が大活躍。
“女子プロレス界の横綱”こと仙女里村明衣子、元スターダム“天空
の逸女”こと紫雷イオの2人が準決勝進出。それぞれトニー・ストーム
リア・リプリー決勝進出を賭けて闘うことに。


里村vsストームの試合には、本当に唸らされた。
両者共にハードヒットでテクニカル。完全なるジャパニーズスタイル
披露し、観客を沸かせまくった。内容は正に一進一退。特にストームの
成長は凄まじく、あの里村を相手に一歩も引かない。それでも地力に勝
る里村に分がある、と思っていたが、粘りきったストームが激勝。横綱
は準決勝で惜しくも姿を消した。

退場する里村をHHHが労う、というサプライズ。
確かにこの試合、今回のMYCのベストマッチだったし、里村が魅せてく
れた「本物感」は凄かった。今大会のMVPでも良いと思う。


そしてイオvsリプリー。フィジカルに勝るリプリーだが、実は体格差の
ある相手が得意なイオ。やっぱり攻めさせるだけ攻めさせた上で勝利
空中技のバランスの良さ、豪快な受け身、そして外人受けしそうなルッ
クスの良さ。カイリの次のNXT女子王者にいちばん近いかも。

決勝は明日、WWE初となる女子オンリーPPV「EVOLUTION」にて。
トニーもイオもルックスに優れたスター候補なだけに、勝敗が読めない。
カイリの防衛戦もあるし、このまま寝ないで見ちゃおうかな・・・。