SHINSUKE NAKAMURA vs GREAT MUTA

#Yeaoh!


有明アリーナで行われたプロレスリング・ノア『有明凱旋』
Abemaで生中継があったので、久しぶりにTV観戦していたのだが、休憩時間
に上映された元旦武道館大会特報映像驚愕!

グレート・ムタがシングルで闘う相手は、なんと中邑真輔
正確に言えばWWEスーパースターSHINSUKE NAKAMURAが、久々に日本の
団体のリングに上がる。ここ数年で、いちばんビックリしたかもしれない。

NOAHにとっては完全にしてやったりのサプライズ。これでおそらく武道館の
客入りは完全に保証された感。個人的にも「うわ、観てぇ!」と叫んでしまっ
たくらい、ときめく発表ではあった。が・・・。

今日のNOAHは気合いの入ったカードが揃っており、内容もかなり充実してい
たのだが、この発表に完全に喰われた感があったのはちょっとだけ残念(^^;)。
試合の記事が全然上がってこないからなぁ・・・。

足跡

#絶望と希望


▼足跡 / KENTA

全日本プロレスNOAHを経て、単身米国へ渡りWWE(NXT)のリング
でファイト、現在は新日本プロレスで活躍するKENTAの自伝。G1の頃
からリング上でPRに余念の無かった本(^^;)をようやく入手した次第。

NOAHで頭角を現し始めた頃のKENTAは、最高に魅力的な選手だった。
プロレスラーとしては小兵、さらにムキムキの筋肉質では無いにも関わ
らず、2mを超える高山善廣を相手にしても小さく見えない。闘争心を
剥き出しにして闘うその姿は、ある意味プロレスラーの理想。こういう
選手が新日本に居ないのが本当に悔しかった覚えがある。

この自伝ではKENTAの誕生から少年期・青年期、プロレスラーになっ
てからの各団体でのキャリアがバランス良く語られているのだが、のめ
り込んで読めたのはやっぱりWWE入団まで。米国でも大活躍を期待され
ていたのに、度重なる大怪我で欠場を繰り返す。結局はRAWにもSDにも
登場出来ないまま退団してしまったのは、やっぱり本人にとっても思い
出したくないキャリア、ある意味黒歴史だったことが伝わって来た。
あそこでプロレスラーのKENTAは、半分終わってしまった、と判断せざ
るを得ない。

だから、このタイミングでの自伝の出版はちょっと早すぎた感。
正直、今のKENTAに「あの頃」を望むのは酷、というのは解っているが、
今の新日本で明確になりつつある『新しいKENTA』というキャラクター
は化ける可能性があると思うし、それを成功させて初めてKENTA自信の
【足跡】が刻める気が。そこまで待ってからこの作品が出ていたら、も
っとハッピーな気分になった、と僕は思う。

しっかり足跡を残し、その後にぜひこの続きを。
KENTAならきっとそれが出来るし、それをやらなければならない選手
と思うので。

“THE GAME” is OVER…

#HHH #WrestleMania


WWEレッスルマニア38・ダラス2日目。
今日に限っては試合ではなく、冒頭に登場した偉大なプロレスラーについて。

重度の心臓疾患が原因で、現役引退を表明していたトリプルHが登場。
昨日のストーンコールド同様、そのオーラが只事では無いレベル。大きな病気
をしているようには、正直見えないのだが・・・。

稀代の名レスラーは、往年と寸分違わぬ格好良さで水吹きパフォーマンスを展
開した上でリングイン。しばし大観衆の声援を堪能した後、マイクを取った。

発した言葉は観客への感謝、そして「Welcome to Wrestlemania!」の一言。
ファイナルメッセージがレッスルマニア開始の合図であり、この言葉をきっか
けに大会開始を告げるパイロが鳴り響く。画面がリング上に戻ると、そこには
ひっそりとマイクリングシューズが置かれていた。

最後まで本当に格好良かったトリプルH。これまで本当にありがとう。
どうか、家族の皆様とお幸せに。次世代のアメリカンプロレスを、よろしくお
願いいたします。

“STONE COLD” STEVE AUSTIN

#AUSTIN3:16 #Wrestlemania


今年はテキサス州ダラスで行われたWWE・レッスルマニア38
最近はすっかりWWEを追いかけておらず、流れが全く解らないのでパスしよう
かとも思ったのだが、あの男の登場を聞いてしまったからには観ないワケには
いかなくなった。

ケビン・オーエンズのトークコーナー、『KO SHOW』ゲストとして呼ばれ
たのは、なんと“ストーン・コールド”スティーブ・オースチン。事前の煽りで
SCSA挑発しまくったオーエンズに対し、SCSAも更に汚い言葉(^^;)で応戦。

結局、ノーホールズバード形式シングルマッチが実現!
SCSAは実戦から20年近く離れており、勘が戻るかどうか心配していたのだが、
それに関してはオーエンズが秀逸な働きでフォロー。SCSAの良いところを全て
引き出すリングテクニックには正直恐れ入った。

最後はしっかりストーンコールド・スタナーを決めたSCSAの勝利
僕のオーエンズの評価は高く、今のWWEで最もプロレスの上手い選手だと思う
が、SCSAと対峙するとさすがにオーラの違いは歴然。ATTITUDE時代の選手っ
てやっぱり凄いんだな、と改めて思った。

・・・この試合がメインになるのはどうかとも思ったのだが、終わってみればコレ
をメインにするより他に方法が無いことに気付いた次第。試合をするSCSAをも
う一度魅せてくれたWWEに感謝。ビールが美味いぞ、今日は。

Beautiful Day

#ONGAKU-SENKA


『今日のiPod「POP」から流れた曲』
もうとっくに書いたと思っていたのだが、実はこのトピックに登場して
いなかった(であろう)、大物バンドの曲。

Beautiful Day by U2.
U2に関しては、今さら言うことが無いくらい有名なバンドであり、も
ちろん名曲も多々あるが、今回は2002年頃にもの凄いインパクトを放
ったこのPVをセレクトしてみた。

WWE(当時はWWF)のスーパースター・HHHが、足の大怪我から復帰
した時に作成されたビデオ。この頃のHHHは正直好きなプロレスラーで
は無かったのだが、このビデオで大ファンになった覚えが(^^;)。
あの感動的な復帰劇は、この曲が無くては成り立たなかったと思う。

最近では殆ど試合をしなくなったHHHと、殆ど活動しなくなったU2。
両者共、このままで終わる筈は無く、最高のビッグ・カムバックを期待
せずにいられない。その時はまた、この曲を使って欲しいなぁ・・・。

▼All That You Can’t Leave Behind / U2