俺たち文化系プロレスDDT

映画「俺たち文化系プロレスDDT」を観た。
監督スーパー・ササダンゴ・マシンことマッスル坂井と、「山田孝之の東京
都北区赤羽」等で知られるドキュメンタリーの鬼才・松江哲明の2名。
当初はDDTの1年を追ったドキュメント映画として製作される筈だった作品が、
2015年11月17日後楽園ホールで行われた伝説の興行「#大家帝国主催興行」
にフォーカスされた作品に変更された。

あの後楽園は、リアルに2015年ベストの興行だった。
事の発端となった“棚橋事変”に関しての詳細はコチラを参照して貰うとして、
あの難事件を誰もが納得出来る形でしっかり収める「箱」を作った坂井・大家
・ディーノの3名からなる#大家帝国の面々を心からリスペクトしたし、自分の
立場をあやふやにせずに敵地に立った逸材棚橋弘至も改めてリスペクトした。
サムライでオンエアした試合の映像だけでも説得力抜群。そんな試合のサイド
ストーリーが映画になったのだから、コレを観ないワケには行かない。

・・・ハッキリ言ってしまえば、決して万人向けの「映画」では無いと思う。
しかし、ずっとプロレスを引き摺って生きてきた我々にとっては、どんな映像
よりも心に突き刺さる。HARASHIMAの涙やディーノの「本当は流さなければ
ならない」という台詞、思わず感情移入してしまう大家の「熱さ」はビシビシ
と僕の胸を打つ。正直、上映中に何度も泣いた

万人向けでは無い、と書いたが、出来ればプロレスに興味の無い人にこそ観て
欲しい。そういう人が100人観たとして、引っ掛かってくれるのは1人居るか
居ないかだと思う。しかし、もしその1人が居たとしたら、僕はその人を一生
信用出来る気がする。

出来ればDVD「#大家帝国主催興行 マッスルメイツの2015」とセットで。
プロレスは、こんなにも人を幸せにする!

ぶらり路上プロレス

どうしたんだAmazonプライムビデオ!
「有田と週刊プロレスと」に続き、またもやプロレス番組の配信が開始。
タイトル「ぶらり路上プロレス」HRASHIMA・飯伏幸太といったDDT系
のプロレスラーが博多大吉先生と共に日本各地のぶらぶらする、とい
旅番組なのだが、その行程で必ずプロレスが行われる。それも路上で。
しかもとんでもない路上で(^^;)。

さすがに路上プロレス慣れしてるだけあり、DDT勢のファイト(?)は
ハチャメチャながらもツボを突いたすばらしい展開。ただ、今回のロケ地
として設定されているのは神田明神。爆笑しながらもいろんなことを心配
してしまう僕が居るのだが(^^;)。

初回配信は#1・#2の2本(神田明神篇)。
来週配信の予告でぶったまげた。なんと、上野・アメ横のど真ん中で路上
をやっちゃうらしい。マジでヤバいんじゃねぇか、コレ(^^;)。

そしてシーズン1は何話予定なのか? 東京以外のどこでロケするのか?
寒くないのか? など、心配は尽きないのだが、「有田」と共にコレも毎週
チェックするつもり。Amazonプライムビデオ万歳♪

CWC #08

「WWE CRUISERWEIGHT CLASSIC」8週目
今週から準々決勝なのだが、準決勝・決勝10週目でライブ放送が決まってい
るため、2試合ずつを2週に渡って放送、ということになる。
今週は日本勢2名が登場。というか、4人が4人とも「日本」の香りが色濃い。
オンエア順にて。

▼ 〇グラン・メタリック(ドラダ・スクリュードライバー)戸澤陽×

ドラゴンゲート所属の戸澤が、元新日本所属のマスカラ・ドラダことメタリック
と闘う準々決勝第1試合。この2人がこの大事な場面でどんな試合をしたかと言う
と、起承転結のハッキリした重厚な試合を選択した模様。

とは言っても、要所々々で戸澤は叫び、ドラダは跳ぶ、という両者の持ち味を
発揮する場面も多々。徐々に激しくなる攻防に、場内から「Fight Forever」
チャントが。

どちらが勝ってもおかしくない好勝負だったが、最後は戸澤のパッケージジャー
マンを封じ、スクリュードライバーで切り返したドラダの勝利。我らのアミーゴ
が、CWC準決勝へ堂々進出!

▼ 〇飯伏幸太(シットダウン式ラストライド)ブライアン・ケンドリック×

優勝候補筆頭飯伏の前に立ったのは、ベテランケンドリック。ケンドリック
は日本のファンにはスパンキーという名の方が通りが良い、元アイドルレスラー
これは飯伏の楽勝かな、と思っていたら・・・。

とにかくスパンキーが老獪。リング下へのエスケープを繰り返し、リングアウト
を狙う、という昔ながらのプロレスを展開。そして飯伏のハードな打撃に対する
受けっぷりも良い。フィニッシャーは鈴木みのる「逆落とし→フェースロック」
で、コレが決まった時は一瞬大番狂わせが起こったと思った程。

しかし、スパンキーの上手い攻めを凌ぎきった飯伏が、伝家の宝刀・シットダウ
ン式ラストライドを豪快に決め、見事に準決勝進出。ただただ強いな飯伏は。

・・・試合後、満場から「Thank You Brian」の大チャント。
大泣きしながらリングに上がり、スパンキーを抱きしめるブライアン・ダニエル
ソンの姿を見て、ちょっと貰い泣きしてしまった。

来週はザックvsダー、そしてリッチvsTJ
ザックは当然勝つだろうけど、リッチとTJは全く予想が付かない。果たして・・・。

DDT・世界でいちばん熱い夏

DDT「両国ピーターパン2016・世界でいちばん熱い夏」SAMURAI TVにて。
完全に晩夏の風物詩となったDDT両国大会だが、今回は間違い無くメイン
KO-D無差別級選手権を語るべき。

若干21歳王者竹下幸之助に挑んだのはベテランの大巨人石川修司
大日本・全日本で大活躍している石川のワンサイドゲームになるかと思ったが、
竹下の“地力”はそれを許さず。この若さでこういう試合が出来るプロレスラー
を、僕はこれまで観たことが無い。中嶋勝彦オカダ・カズチカも若い頃から
凄いとは思っていたが、竹下のポテンシャルは間違い無くその上を行っている。
正直、舌を巻いた

試合は石川が説得力満点のジャイアントスラムを決めて勝利したが、DDTの
今後のためにも竹下が王者でいるべき。早い段階で再挑戦し、もう一度王座
に就いて貰いたい。

大会全体としては、相変わらず緩急の付け方が極端(^^;)。
前半戦は笑いに包まれ、後半戦は固唾を呑む、というパターンはもうDDTの
十八番、と言って良いと思う。かなり長い興行だったが、最後が凄ければ
もうそれで。DDT両国は最近ずっと満員を記録しているが、それも充分に
納得出来る。

今現在、日本のプロレス団体をリアルにランキングするのなら、DDTはもう
新日本のすぐ後に付けている。三番手をドラゲー大日本が争い、続いて
NOAH、少し離れてZERO1・W-1・全日本。なんでこうなっちゃったのかな?

正直、W-1と全日本はどうでもいいから、NOAHには踏ん張って欲しい。
試合内容では、全然負けていないのだから。