メイウェザー、大晦日出ないってよ

・・・あ〜、早くもそういうこと、という感じ。
今朝ポストされたフロイド・メイウェザーJr.instagramにて、大晦日
那須川天心戦キャンセルする、的な長文が。自身はエキシビション
マッチのつもりだったのに通常の試合とされた、と憤っているらしい。

メイウェザーを責めるつもりは毛頭無い。
考えてみれば天心と闘っても彼になんのメリットも無い。10kg以上軽い
キックボクサーとボクシングルールで試合をしても、まぁ勝って当然だし、
もし負けでもしたら大ダメージ。コレを回避するのは当然の権利なのだ
から。

これはもうRIZIN運営側の問題。
まずはきっちりと「試合契約」が済んだ状態で会見に臨んだのか?とい
うのをハッキリさせるべき。世間を大騒ぎさせ、たった3日後やっぱり
やりません、というのはちょっと酷すぎる。すっかりやる気になり、あ
マクレガーとSNSでやり取りまでして煽りに加わった天心気の毒
ならない。

RIZINのやるべきことはたった一つ。なんとしても大晦日にメイウェザー
を引っ張りだしてくること。それ以外に名誉回復の方法は無いと思う。

そして、THE MONEYにも一言言いたい。
・・・モハメド・アリは、受けたぜ?!

フロイド・メイウェザーJr. vs 那須川天心

・・・さすがにビックリした。
本日都内で行われた記者会見で、RIZINが大晦日のカードを一部発表。
全くノーマークの会見だったのだが、そこで発表されたカードは・・・。

フロイド・メイウェザーJr. vs 那須川天心
まさか、まさかのメイウェザー参戦。それも天心と闘う、となったら、
話題になるのは当然。しかし・・・。

スーパーウェルター級のメイウェザーに対し、天心はスーパーフェザー
。体重差は約13kgもあり、本来であれば組んではいけないカード
だとするなら、「キックあり」のルールが最低条件。そうでないのなら、
正直天心に勝ち目は無い。

ただ、メイウェザーがボクシング以外のルールを受諾するとは思えない。
おそらくウェルター級契約のボクシングマッチになると思うが、そうだ
とすると腹立たしいことこの上無い。

もしRIZINがキックルールでの対戦をメイウェザーに認めさせたら、凄く
このプロモーションを見直すんだけどなぁ・・・。続報に期待。一応。

KID

「神の子」山本”KID”徳郁、逝去。
詳しい死因は明らかにされていないが、かねてより闘病中だったが進行
した模様。享年41。日本格闘技界でも屈指と呼ばれた天才は、あまりにも
早くこの世を去ってしまった。

K-1MAXのリングに上がった2004年以降の5年間、KIDは日本格闘技界の
主役で在り続けた。無駄の一切無いシェイプされた身体、端正なルックス、
そして何よりも「狂気」を含んだ俊敏な肉食動物のような格闘スタイルは、
あっという間にファンを虜にした。

残念ながら後年はカード・勝ち星に恵まれず、全盛期を知るファンには寂
しい結果が続いた。僕はUFCに於けるKIDの闘いを観る度に、あと5年早く
参戦していたら、と臍を噛んでいた。

しかし、あの5年間の強烈さは今でも全く色褪せる事は無い。
KIDに憧れ、格闘技を志した選手が何人も居る。あの5年が無ければ、日本
の格闘技の隆盛は絶対に無かった。日本MMA史上、最大の功労者は、間違
い無く山本”KID”徳郁である、と思う。

・・・寂しいなぁ、本当に。
ただただ、お疲れ様でした。でも、また必ずどこかで。

真説・佐山サトル

▼真説・佐山サトル タイガーマスクと呼ばれた男 / 田崎健太

初代タイガーマスクとして一世を風靡した佐山サトルの評伝。
著者の田崎健太とは、あの「真説・長州力」を書いたノンフィクション作
家。あの本の好き・嫌いはともかく、取材力に関しては確実に信用出来る
仕事人であることは間違い無い。

・・・いやぁ、凄かった
まずハードカバーの単行本で500ページを超える物量だけでも凄い。これ
に加え、佐山本人や周辺の人々に丁寧に取材がなされており、いい加減な
記述・断定的な記述の類いが一切無い。内容に関しては、これまでいろい
ろなところで書かれてきた初代タイガーや佐山のエピソードとほぼ相違な
く、誤解を恐れずに言うのなら、壮大な「まとめ」を読んでいる気分。だ
けど・・・。

もし田崎さんで無い人間が「まとめていた」のであれば、そんなこととっ
くに知ってたぜ!的な、妙な否定を伴った感想しか出てこなかった気がす
る。キッチリ仕事の出来る作家さんが書いてくれるからこそ、僕らが特別
な感情を持たざるを得ない「唯一無二の存在」物語を楽しむことが出来
た、と思う。田崎さん、本当に感謝します。

そして改めて、佐山サトルという男の「天才ぶり」を思い知った。その上
で、佐山サトルというプロレスラー・格闘家が、今の僕にどれだけの影響
を与えてくれたのかも再確認出来た。

タイガーマスク熱狂したこと、旧UWFゾクゾクしたこと、シューティ
ング「恐ろしい競技が始まった」と感じたこと等を昨日のことのように
思い出す。何より、本人の意には沿わないのかもしれないが、僕が変わら
ずに大好きなプロレスの世界戻ってきてくれた佐山には、本当に感謝し
か無い。

願わくば、今後の佐山サトルの人生に正当な評価があることを望む。
佐山サトルの存在に人生を変えられた人間は、本当にたくさん居る筈なの
だから。

RIZIN11・浅倉カンナvsRENA再戦は・・・

やたら盛り上がっているG1 CLIMAX28だが、珍しく日曜に試合が組まれ
ていなかった。そんな狭間の日に、ひっそりと(でもないのかな?)開催
されたRIZIN11、メインだけYouTubeで確認してみた。

女子スーパーアトム級トーナメントを制し、名実共にRIZINの女王の座に
就く驚異の20歳・浅倉カンナに、ツヨカワクイーン・RENAが挑んだリベ
ンジマッチ。この試合、僕の予想通りの結果となった。

・・・得意の打撃が全く当てられないRENA。これはRENAが悪いのではなく、
カンナの距離の取り方が絶妙だ、ということ。有効打を殆ど貰わないまま、
面白いように何度もRENAにタックルを決める。RENAもテイクダウン後の
ディフェンステクニックを鍛えて来たようだが、ほぼ防御しか出来ない
ポイントが全く稼げない判定3-0でカンナがまたもや完勝した。

前回の対戦時には嬉しさを隠しきれなかったカンナだが、今回は「当然」
という表情で受けた勝ち名乗り。おそらくカンナ、バックボーン打撃系
の選手にはもう負けないかも。グラップラーと闘う時が次の審判かな?

負けたRENAは翌日の記者会見で「休業」を示唆。キャラクターを考える
と休業は非常に惜しいのだが、おそらく相当なショックだったんだろうな
ぁ、と思う。個人的には復活を望むが、MMAじゃなくていい気がする。

他の試合は一切観ていない。
というか、やっぱり観る気にならないんだよなぁ、この大会(^^;)。
天心が出るときくらいかな、やっぱり。