Always there to confuse and fool you

ポール・ウェラー1992年の作品。
まず驚いたのが、コレがもう20年前の曲である、ということ。

スタカン時代を経て、初のソロ作品として発表された自信の名を冠したアル
バムに、この曲は入っていた。もちろん当時の僕のヘビーチューンで、それ
までと全く趣の違うこの曲に魅了されまくったから、今でも「古い曲」とい
う感覚が全く無い。

・・・曲が廃れていないのか、それとも僕が変わっていないのか。
どちらも正解だと思う次第。

I’m still confuse…

 

▼Paul Weller / PAUL WELLER

RAP PHENOMENA

最近なぜだかヘビーに聴いているY.M.O
直撃世代としては、やっぱり初期から中期にかけての音源に思い入れがある
のだが、その中でもいちばんグッとくるのがアルバム「BGM」に収録されて
いる曲たち。

最高に好きなのは「Happy End」という環境音楽の走りのような曲なのだが、
その次くらいに好きなのが「ラップ現象」という中毒性の高い曲。もしかし
たらライブ映像があるかも、とYouTubeを探してみたら、こういうの↓↓
見つかってしまった。

・・・初音ミクバージョン。
Y.M.Oの曲をボカロに歌わせる、というのはコロンブスの卵的な発想かも。
打ち込みのレベルも高く、ミクさんのボーカルもかなり雰囲気があるのが
良い。同様のネタ、ちょっと集めてみようかしら?

しかし、出来ればオリジナルもちゃんと聴いて欲しいなぁ、ここは。
一発で気に入ることは多分無いけど、ガマンして3回アルバムを通して聴
いたら、たぶんアナタも中毒に。名盤です!

▼BGM / YELLOW MAGIC ORCHESTRA

ジャングルでファン・ファン・ファン

本日は1月11日
日本語だと「ワン・ワン・ワン」だから、今日を「犬の日」とする団体もある
らしい。じゃあ、11月1日の立場はどうなるんだ、という気がしないでも無い。

英語では「BOW WOW」
それで思い出したのが↑↑の懐かしいバンド・イギリスのBOW WOW WOW。
バッキングヴォーカルにデビュー前のボーイ・ジョージが居たことで有名。

・・・今聴いてもそれなりに面白いんだけどなぁ、このバンド。
アナベラ、結構カワイイし。

 

▼Love, Peace & Harmony The Best Of Bow Wow Wow / BOW WOW WOW

『Z』>『S』

▼PASSENGER / THE ROOSTERZ

定期的に聴きたくなるバンド、というのが幾つかあるのだが・・・。
その中で定番中の定番なのが、このTHE ROOSTERZ解散ライブの音源。

1988年7月22日・渋谷公会堂
この日、渋公の2階最前列に僕は居て、数十メートル先から繰り出される
極上のバンドサウンドに、最初から最後まで圧倒されていたことを、昨日
のことのように思い出せる。

これはもう、人によっていろいろ意見の違いがあると思うのだけど、僕は
大江慎也が脱退した後、この解散時のメンバー編成花田裕之・下山淳・
穴井仁吉・三原重夫)になったルースターズこそが理想のバンド。この思
いは30年経過した今でも変わっていない。

このライブを収録したCD「FOUR PIECES LIVE」は、何度かの再リリース
を繰り返しながらも現在は絶盤状態。もちろん僕は所持しているから問題無
いのだけど、いろんな人が聴くべき名盤。もう一度再発して欲しいなぁ・・・。

公的抑圧

このところのヘビーチューンはY.M.O
基本、僕は音楽を「ながら聴き」が出来ない体質なのだが、何故かY.M.Oだけ
は大丈夫。これ、結構昔からそうなのが不思議

取り敢えずiPodにはほぼ全アルバム・全楽曲が入っていたりするのだが、
ちょっと気になってYouTubeでビデオを探してみた。で、この曲を発見。

1979年、LATHE GREEK THEATREでのライヴ、「COSMIC SURFIN’」
TUBESのオープニングアクトだったY.M.Oが、完全にメインを喰ってしまった
という伝説のパフォーマンス。細野晴臣・坂本龍一・高橋幸宏の3名はもちろん、
矢野顕子・松武秀樹、ギターは渡辺香津美なんだから、そりゃあそうなる(^^;)。
この6人、ビデオを見ちゃうともう目が離せない。圧巻とは正にこのこと。

Y.M.Oは、定期的に復活してくれるのも嬉しい。
メンバーの3人は今や“偉人”とか“達人”、下手したら“仙人”の域に達しているが、
今後もどこかで厳かなパフォーマンスを魅せてくれると嬉しい。
・・・なんなら、ニューアルバムとか。

 

▼PUBLIC PRESSURE / YELLOW MAGIC ORCHESTRA