Star Cycle

#ONGAKU-SENKA


『今日のiPod「POP」から流れた曲』
ハードロック界の世界三大ギタリストの一角であり、その中でいちばんの
テクニシャンとされるレジェンド・ギタリストインスト曲

Star Cycle by Jeff Beck.
ジェフ・ベックジミー・ペイジエリック・クラプトンの3名が三大
ギタリストとされるのだが、個人的にはクラプトンがブルース・R&B
ペイジがハードロックのステレオタイプな印象。コレに対し、ベックは
【ザ・ギターヒーロー】。とにかく超絶にギターが上手い上に、真似し
てみたくなるリフを産み出す天才。まぁ、普通の人は真似なんて出来な
いんだけど(^^;)。

で、このスター・サイクルなワケだが・・・。
この曲は昭和の時代、テレ朝の『ワールド・プロレスリング』にて、
次期シリーズ参加外人選手紹介時にかかる曲だった。つまり、僕が音楽
を意識して聴く前から身体に染みこんでいた曲で、今でもこの曲のイン
トロを聴くと気分が高揚する。

ギター小僧としてはあっという間に壁にぶつかったため、ベックを日常
的に聴くことは無かったのだけど、この曲だけは本当に特別。ライブ映
像もやたらカッコイイので、是非ご確認ください!

▼There and Back / Jeff Beck

ウタの歌

#OP_FILMRED


『ONE PIECE FILM RED』興奮が収まらない状況。
今年の春頃から劇場鑑賞した映画はどれも大当たりで、毎回感動を引き摺っ
ているのだが、REDはその中でもいちばんのインパクト。ストーリーはもち
ろんだが、やっぱり【ウタ】というアーティストの楽曲の力によるところが
大きいかと。

映画館で観たウタのパフォーマンスは紛れもなく最高。実際にはいろいろな
アーティストが提供した楽曲をAdoが歌っているのだが、とにかく全楽曲の
レベルが異様に高い。Adoという覆面ボーカリストの実力は充分に知ってい
るつもりだったけど、ここで改めて彼女の才能を認識した次第。

8月10日発売のアルバム、速攻で予約。
しばらくの間はきっとコレを聴き込みつつ、REDを反芻する気がする。
もう1回くらい観に行っちゃいそうだなぁ、RED。

▼ウタの歌 / Ado

ONE PIECE FILM RED

#OP_FILMRED


ONE PIECE FILM RED、公開初日
幸か不幸か仕事が飛んだので、すぐにチケットを押さえて舞浜へ。

入場特典の四十億巻も無事にゲット。
ワンピースの映画は全部を劇場で観ているワケではないけど、これまで観た
作品の中では、躊躇なく【最高】という評価が付けられる。

公式から8月15日まではネタバレしないように勧告が出てるので、僕もソレ
に従ってネタバレ無し、素直な感想だけメモ。

  • シャンクスが最高の海賊であることに感謝!
  • ベックマンが赤髪海賊団の副船長であることに感謝!
  • ヤソップが赤髪海賊団の狙撃手であることに感謝!
  • ウタが最強・最高のアーティストであることに感謝!
  • ルフィがシャンクスに憧れた事実に感謝!
  • Ado&名塚佳織ねぇねぇ、本当にありがとう!

以上。
本当にこの映画、映画の域を超えた最高の『音楽作品』だと思う。
ワンピースを知らない人も、絶対に観た方がいい。知ってる人は勿論必見!

Calling You

#ONGAKU-SENKA


『今日のiPod「POP」から流れた曲』
史上最高のロードムービー『バグダッド・カフェ』劇中歌として世に出て、
その後世界中でカバーされた名曲

Calling You by Holly Cole Trio.
コーリング・ユーと言えば、ホリー・コールと言われるくらいグレードの
高いテイクだが、コレもまたカバーバージョン。しかし、オリジナルの
ジェヴェッタ・スティールのバージョンよりも間違い無く一般的

とにかく「刺さる」曲。
大袈裟では無く、ホリー・コールの歌うこの曲に刺さらない人間なんていな
いんじゃないのか?と思えるくらいドラマチック

この曲が大ヒットしていた頃、僕は原宿でホリー・コール・トリオのライブ
を観る幸運に恵まれた。いろんな事情があって、けして楽しいだけの思い出
では無いのだけど、とにかく圧倒されたまま帰宅したことだけは覚えている。

おそらく今後も、この曲を聴く度にいろんなことを思い出すと思う。
いちばん思い出すのは、きっと映画のことなんだろうけど(^^;)。

▼Blame It on My Youth / Holly Cole Trio

UTA

#ONEPIECEDAY


本日、7月22日『ONE PIECEの日』
そんな日に、日本武道館で行われた「ワールドプレミア」の一部が、ワンピ
ース公式YouTubeチャンネルにてライブ配信。その冒頭のパフォーマンスで、
完全に打ちのめされた

映画「ONE PIECE FILM RED」の主役の一人、ウタライブ
いわゆるVTuberが登場するステージはもう何度も観ているのだが、ウタの
のソレはハッキリとレベルが違った。大袈裟で無く、一瞬も目が離せない
Adoというあまりに個性的なシンガーがワンピースの世界に居る、という
事実が、正直ちょっとピンと来なかったのだけど、コレを観てしまったら
もうグウの音も出ない

MCパートはもちろん我らのねぇねぇこと名塚佳織にチェンジ。
コレもしっかりハマっており、Ado + 名塚が構築するウタというアーティ
ストに完全に魅了された。

・・・今、僕はハッキリとファンです、ウタの(^^;)。
REDの公開が楽しみだな、本当に。