LYOTO is BACK!

日本時間の明日(10/29)、サンパウロで行われるUFC FIGHT NIGHTにて、
THE DRAGONことリョート・マチダオクタゴンに復帰。ライトヘビーから
階級を一つ落とし、ミドル級で強打者のデレク・ブランソンと闘う。

ドーピング違反1年8ヶ月の欠場を余儀なくされたLYOTOだが、我らの
アントニオ猪木から認められた格闘センスは本物。しかし、現在39歳にして
2年近くのブランクに、相手がブランソンというのはちょっと危険かも・・・。

正直、負けるLYOTOの姿は観たく無い
こと才能だけで言うのなら、あのアンデウソン・シウバを上回るポテンシャ
ルを有するLYOTOだから、なんとかしてくれる気がしないでも無いのだが・・・。

良い結果が出ることを望む!
もう一人の「闘魂の遺伝子」は、きっとここでは終わらない!

MONEY vs NOTORIOUS

8月27日(現地時間)、ラスベガスで行われる「メガファイト」
ルールボクシング・3分12R、スーパーウェルター級契約、8オンスグローブ。
カードはフロイド・メイウェザー・ジュニアvsコナー・マクレガー

メイウェザー5階級制覇パウンドフォーパウンド歴代最強とされるプロ
ボクサーで、マクレガーUFC唯一2階級を同時に制覇した総合格闘家
ボクシングの試合をするのだから、普通に考えればメイウェザーの勝利は動か
ない。しかしこの試合、妙な期待感がある。

UFCでのマクレガーを知っている人なら、彼が殆どの試合をパンチ→パウンド
でカタを付けていることもご存じなハズ。MMAとはいえ、あのパンチの決まり
方は凄まじく、もしマクレガーのパンチが先に当たったら、と考えると・・・。

この試合が決まってから瞬間的に思い出した試合がある。
何年か前の大晦日、魔裟斗山本KID徳史K-1ルールでの一戦がソレ。
KIDがまさかの開幕ダウンを奪い、本職であるハズの魔裟斗がタジタジ。
最終的には逆転で魔裟斗が勝利したのだが、この試合がそういう展開になる
可能性は充分にある、と思う。

DAZNで生中継かぁ・・・。
コレはライブで観ておいた方が良い試合かも。2日前にお試し契約かな?

保存

UFC203・CMパンクは・・・

ネットでもう結果を知ってしまったのだが・・・。
人生初のMMAにチャレンジした元WWE王者CMパンクは、UFC203で行われた
ミッキー・ガルとのデビュー戦に完敗した模様。

総合格闘技の世界が甘くないことは理解していたのだが、改めてショック。
映像での確認は17日のFOXでのオンエアを待たなければならない。一応録画予約
は入れてあるのだが、果たして観るかどうか・・・。

しかし、パンクには持って生まれたカリスマ性がある。
まだデビュー戦、次戦以降にきっとチャンスはあると思う。CMパンクがUFCで
勝ち名乗りを上げる姿を、必ず観たい! それまで、僕は待つ!

LESNAR vs HUNT on UFC200

UFC200「LESNAR vs HUNT」・ラスベガスT-Mobileアリーナ大会。
ジョン・ジョーンズの出場停止でこの試合がメインになると思ったら、女子の
試合がタイトルロールに(^^;)。まぁ、別にいいんだけど(^^;)。

5年ぶりにオクタゴンへ復帰した元IWGP王者ブロック・レズナーの対戦相手は、
日本でもお馴染みの元K-1王者マーク・ハント。現在UFCヘビー級8位のランカー
で、ブランクのあるレズナーにはキツい試合になる、と思ったけど・・・。

ほぼ完全に試合を支配したのは我らがレズナー。
1Rはフットワークフェイントでハントのパンチを定めさせず、両足タックルから
テイクダウン→パウンドという理想的な展開。2Rにはややスタミナが切れた、と
思わせながら、3Rは序盤からタックルでハントを倒す。約4分間に渡りパウンドを
落とし続け、あのマーク・ハントを完封してしまった。

判定は3-0ブロック・レズナーの勝利。いや、痺れたね、全く。
今回の試合はワンマッチのみの特別契約。以降もUFCに継続参戦するのでは無く、
8月以降はWWEに復帰する予定(サマースラムでvsランディ・オートン戦)。
勝ち逃げ、ということになるのだが、それもいいでしょう。
プロレス最強、ということで。

今回はWOWOWとUFCの契約が切れたため、ニコ生のタイムシフトで観戦。
コレを無料中継してくれたニコ生に、本当に感謝します!

UFC200・直前でケチが・・・

7月10日(現地時間)、ラスベガスT-Mobileアリーナで開催されるUFCの記念
大会「UFC200」、開催まであと3日というところで大事件が起こった。

タイトルロールであり、メインイベントでもあるUFCライトヘビー級王座統一戦
ダニエル・コーミエ(正規王者)vsジョン・ジョーンズ(暫定王者)が中止発表。
これはジョーンズのドーピングチェックに陽性反応が出たため。

よりによって、という感じ。
UFC200では我らがブロック・レズナーの復帰戦(vsマーク・ハント)も組まれ
ているのだが、やはり注目はメイン。以前はジョーンズに全く歯の立たなかった
コーミエは、今や押しも押されぬ王者。実質的に“無敗”のジョーンズを倒し、
ライトヘビー級最強をアピールする最高のチャンスだったのに、ここでの中止は
本当に気の毒。そういえばUFC197でも同じカードが中止になっているから、こ
の2人はよっぽど噛み合わせが悪いんだろうなぁ、と。

こうなったら、元IWGP王者のレズナーに期待。
でも、PPVの契約件数は落ちるんだろうなぁ、きっと・・・。