WRESTLE KINGDOM 16・3rd Day

#njwk16day3 #njwk16 #プロレスのチカラ


新日本プロレス「WRESTLE KINGDOM 16」三日目
今年のレッスルキングダム、どちらかと言えばドーム大会が前座で、今日
横浜アリーナがメイン、という感じに。何故ならば、今大会の全試合が
新日本プロレスvsプロレスリング・ノア対抗戦だったから。
さすがに今日はAbemaTVPPVを購入。セットアップ大変だった・・・。

まずはダブルメイン1試合目について触れなければならない。
あとでしっかり考察するつもりだが、ここまでの成績は4勝4敗1分けと、
しっかりイーブンL.I.J金剛も両団体のダークヒーローズであり、今後
を考えると負けた方のダメージが大きすぎる。特に、シングル王者2人
も配しているNOAH・金剛絶対に勝ちたかったところ。

しかし、試合はL.I.Jの完勝
この結果にはちょっと唖然とした。チームの実力バランスはほぼ均等、と
思っていたのだが、実際に観ると技量差が歴然。L.I.Jは勝つべくして勝っ
た、とするしか無いのだが、ここで終わらせてしまったらNOAHファン
引くに引けない中嶋勝彦拳王はシングルでリベンジすべきだし、新日
本もそのチャンスを与えなければならないと思う、のだけど・・・。

そしてダブルメイン2試合目はもっと残酷な試合となった。
今度は新日本オカダ・カズチカ&棚橋弘至という2人の王者を登場させ、
NOAH武藤敬司清宮海斗をパートナーとして対角線へ。前の試合の結
果を考慮すると、NOAHは絶対に負けられない

この試合で主役にならなければならなかったのは、もちろん清宮
明らかに格上の3人に囲まれながら、随所で良い攻めは魅せてくれたのだ
が、如何せん役者が違いすぎた・・・。

フィニッシュのタイガースープレックスをカットされた清宮にもう引き出
しは残っておらず、オカダのレインメーカーで轟沈。試合が決した時、場
外でやり合っていたハズの棚橋武藤が、なんとも言えない表情を見せた
のが印象的。

オカダは号泣する清宮を文字通り「罵倒」
こういう態度を取るオカダを初めて見た気がするが、コレは清宮への期待
の現れ、と取りたい。以前似たような風景を観たことがある、と思い返し
てみたら、若手の頃に対抗戦に抜擢されたオカダが正に今日の清宮。あの
頃のオカダは、罵倒すらして貰えなかったのだから。

いろんな意味で対抗戦を完勝して魅せた新日本。僕は新日ファンとして何
度もNOAHに煮え湯を飲まされて来た覚えがあるのだが、今日NOAHが飲
んだ煮え湯は激アツで劇毒かも・・・。繰り返すが、この続き、無い事にして
しまったらNOAHファンは立ち直れなくなる気がする。

しかし、久しぶりにピリピリした緊張感の漂う良い興行だったのは間違い
無いと。オカダと棚橋の〆には、さすがに多幸感あり。横浜アリーナで
やっと示せたかな、【プロレスのチカラ】を。

WRESTLE KINGDOM 16・2nd Day

#njwk16day2 #njwk16


新日本プロレス「WRESTLE KINGDOM 16」二日目。
今回のレッスルキングダムは1/8横浜アリーナを含めて3大会行われる
ので念のため。動員は正直芳しくなかったが、今日も熱戦に次ぐ熱戦
この内容なら今年の新日本は大丈夫な気が・・・。

最初のピックアップはセミファイナルIWGP USヘビー級選手権
チャンピオンKENTA前王者棚橋弘至が挑んだ。なんと、ノーDQ

かつてのECWを彷彿とさせるジャンクヤードマッチ竹刀・ラダー・テ
ーブル・イス・ゴミ箱はもちろん、棚橋はアコースティックギターまで
投入。タナ、こういう試合の方がイキイキしてる気が。

ビッグラダーからテーブル上の棚橋にフットスタンプを狙ったKENTA、
蘇生した棚橋にラダーを揺さぶられ、リングのゴミ箱上に落下、大流血
逆に脚立の上に立った棚橋は、テーブルクラッシュ式ハイフライフロ
をズバリ。

やっぱりタナはベルトがあった方が絵になる。
新年に棚橋が勝つと、その年は良い年になっている傾向あり(^^;)。
よかったよかった!

そしてメイン、昨日王座に就いたオカダ・カズチカが、自ら“リアル王者”
を名乗るウィル・オスプレイの挑戦を受けたIWGP世界ヘビー級選手権
いろいろケチの付いたIWGP世界王座だが、少なくともこのカードは鉄板

中盤までは完全にオスプレイのペース
跳び技はもちろん、パワー・テクニック・インサイドワークの全てに於
いて、フィジカルで上回るハズのオカダを凌駕。誤解を恐れずに言えば、
やっぱり【新日本プロレスのチャンピオン】にいちばん相応しい選手は、
ウィル・オスプレイであると思う。

しかし、オカダもしっかり意地を魅せ、タイミングの良いカウンターで
オスプレイに対抗。サスケスペシャルで場外に飛んできたオスプレイを
捉えてツームストンを放った場面と、掟破りのストームブレーカーを完
璧に決めた場面には、思わず唸ってしまった。

最後の最後までどちらが勝ってもおかしくない展開だったが、なんとか
レインメーカーを決めたオカダが薄氷の初防衛。この2人の試合なら、
本当に何度でも観たい。

試合終了後にマイクを握ったオカダ、一瞬感極まる場面も。
「声援の中でプロレスをやりたい」という台詞で、瞬間的に貰い泣き
てしまった。僕はプロレスを観に行って声を出さずに観戦出来る自信が
無い。だから近い将来、以前のように声援が許されるようになった時、
リングサイドに駆けつけたい、と心から思う。

冒頭に書いたとおり、レッスルキングダムTo Be Continue
1月8日・横浜アリーナで、久しぶりにプロレスファンの琴線を刺激しま
くる試合が待っている。買うぜ、PPV!

WRESTLE KINGDOM 16・1st Day

#njwk16day1


今年もイッテンヨン新日本プロレス「WRESTLE KINGDOM 16」初日。
まず最初に。今日のドーム大会はいろいろな意味で2021年度新日本の
ベストと言える興行。試合内容はもちろん、カード編成試合順、そし
て観客の観戦状態などを含めた総合的な評価。久しぶりに「新日本プロ
レスを観た!」という気分になった。

本当は全試合触れたいところだが、まずはセミファイナルIWGPジュニ
アヘビー級選手権王者エル・デスペラードBOSJ覇者高橋ヒロム
が挑んだ試合。

デスペもヒロムも全くブレない『現在の新日ジュニアスタイル』を展開。
試合開始から終了まで、殆ど動きが止まらず、観客を魅了し続ける極上
の闘いを展開。久しぶりに感動でボォ〜っとしたほど。

試合はデスペの初防衛に終わったが、結果云々よりもあの2人がドームで
最高の試合をした、というのがポイント。これまで絶対無理だと思ってい
たけど、もしかしたら近い将来、ドーム興行のメインがジュニア、という
のも起こりうるかも、と本気で思った。

そしてメイン、IWGP世界ヘビー級選手権
王者にして2021年プロレス大賞MVP鷹木信悟に、G1覇者オカダ・カ
ズチカが挑んだ試合。セミの印象が凄く、もしかしたら喰われちゃうんじ
ゃないか、とか心配したのだが・・・。

主導権を握ったのは明らかに王者の鷹木。オカダの攻めをパワーで凌ぎ、
終盤にはオカダのお株を奪うレインメーカーポーズまで。ところがここか
らオカダの様子が変わり、一進一退の激烈な攻防へ。

両者フィニッシュを狙うが、決まったのはオカダのレインメーカー
迷走したIWGP世界ヘビー級戦線を見事な説得力で制し、初の世界王者
なった。

ドームは今年も2連戦、オカダは明日ウィル・オスプレイとの防衛戦。
しかしオスプレイは未だに自分が王者だと主張しており、オカダを暫定
王者扱い。黙らせるには、明日しっかりオカダが勝つしかないのだが、
個人的にちょっと複雑。オスプレイの言うことももっともだ、という気
がするので・・・。とにかく、明日はIWGP世界ヘビー級問題に終止符が打
たれそう。

もう一つ。
柴田勝頼成田蓮との試合で復活。キャッチレスリングルールを直前で
通常のルールに変更し、とにかくプロレスのリングに帰って来てくれた。
こうなったらもう、柴田を信じるしかない。完全復活を心から待つ!

・・・加えて、今日のドーム大会の様子を観ていて感じることがあった。
長くなりそうなので、その件は場所を改めて。

BOSJ & WTL 2021 FINAL

#njbosj #njwtl


開幕戦で書いた通り、すっかり興味の無くなった新日本年末恒例の
【BEST OF THE SUPER Jr.】・【WORLD TAG LEAGUE】二本立て
昨年はどちらもやたら盛り上がったのだけど、このトーンダウンぶりは
2021年の新日本迷走を物語っているかのよう。

WTL後藤洋央紀&YOSHI-HASHIEVIL&高橋裕二郎を破って優勝。
このカードを決勝に持ってくる、ということ自体が迷走の極地(^^;)。
全力でプッシュしたEVILがイマイチブレイクせず、よりによって後藤
が優勝。ドームで後藤の相手をするザックタイチ気の毒になる。
YOSHI-HASHIは頑張ってるとは思うのだけど・・・。

BOSJ高橋ヒロムYOHを破って二連覇
しかし、途中のSHOの乱入が中途半端に終わったのはどうかと思う。
EVILと違い、SHOはヒールとしてしっかり客に認められているから、
ここはバッドエンドに振ってSHOが優勝すべきだった。デヴィット
の時はソレが出来たのになぁ、とか思った。

コレは観るべきところが無いまま終わる、と思ったけど、SHO乱入後
ヒロムとYOHの攻防でようやく救われた感。最後を新日ジュニアら
しいカタチで締めたのは、ヒロムの意地かと。

・・・試合後のヒロムのこの表情を見て、少し悔しくなった
ヒロムの必死さ暑苦しさは、もっと評価されて良いハズ。焦点の定
まらないシリーズになんとか一貫性を持たせたのはヒロムやデスペラ
ード、そしてヒールに徹したSHO功績。コレには報いを与えるべき。

とにかく新日本、ドームまでになんとか立て直して欲しいところ。
このままじゃ来年ちょっとヤバイ気がするので。

NJPW vs NOAH Again

#対抗戦


新日本プロレスプロレスリング・ノア合同記者会見

2022年、横浜アリーナで行われる「WRESTLE KINGDOM 16」にて、
新日本とNOAHが久々にクロスすることに。今回は交流戦ではなく、完全
【対抗戦】モード。プロレスでここまでゾクッと来るニュースは本当に
久しぶりである。

ちょっと前までは「勝負にならない」と感じるところまで差の付いた両団
体の規模だが、ここ1年で状況は激変した。新体制で試合内容も観客動員
数も上げて来たNOAHに対し、ややこれまでの勢いが削がれて来た感のあ
る新日本。ここでの対抗戦開催は、どちらの団体にも起爆剤になり得る。

しかし、重要になるのは『勝ち負け』かと。
ここで負けた方の団体は、2022年が地獄になる可能性も。特に新日本は
地力をしっかり示す必要があり、結果如何では考えたくない事態に陥るか
もしれない。新日ファンとして、「NOAHに煮え湯を飲まされる」のは、
正直もうたくさんなので。

どんなカードになるか、今から楽しみ。
横浜は・・・行かなきゃならないだろうなぁ、来年。