G1 SUPERCARD at M.S.G.

#KING OF SPORTS #新日本プロレスリング


土曜なのに珍しく徹夜。目的は新日本プロレス(とROH)の主催興行、
「G1 SUPERCARD」をライブ観戦するため。開催地はあのM.S.G
世界でいちばん有名な、ニューヨークの名物アリーナである。
ちなみにNJPW WORLDで第0試合のHONOR RUMBLEを観て、その後は
CSテレ朝チャンネル、という試聴スタイル。
取り敢えず気になった試合のみレビュー。

HONOR RUMBLEの注目は、先日引退を表明した獣神サンダーライガー
ライガーのテーマがヒットした段階で観客はほぼ総立ちとなり、文字通
スタンディングオベーションでレジェンドを迎え入れる。ここがクラ
イマックスかと思われたのだが・・・。

30人目(31人目?)の選手として登場したのはなんとグレート・ムタ
数時間前にHOGという大会で復帰したばかりのムタが、驚きの古巣参戦。
観客は狂喜乱舞(^^;)。結果はROHのケニー・キングが小狡く優勝したの
だが、主役は間違いなくライガー&ムタ。良いモノ魅せて貰いました!

そしてちょっと注目していたWOH王者岩谷麻優の防衛戦。
完璧な長身モデル体型運動能力の高さ、天然系の可愛さに加え、攻撃
えげつなさまで持ち合わせる岩谷は、もしかしたらカイリやイオより
アメリカ向きなのかも。残念ながらケリー・クラインに不覚を取り、タ
イトルは失ったが、今後に可能性を残す試合。何よりも、新日本マット、
それもMSGに麻優が立っている、という事実。ちょっと嬉しかったりした。

内容的には今大会1・2を争うレベルだったIWGP Jr.ヘビー級選手権
3wayマッチは、メキシコのドラゴン・リーパンディードを下して王座
奪取。王者の石森は直接勝敗に関与しないままの陥落となった。メキシ
カンのIWGPジュニア王者は、ミスティコ以来。リーがどんな王者となる
か、今後に注目!

エース・棚橋弘至ザック・セイバーJr.の持つブリティッシュヘビー級
王座にチャレンジ。せっかくのMSGで棚橋がこんな位置で試合をするの
はちょっと悲しかったが、やはり試合運びの上手さは出場全選手中ピカ
イチ。どんな状況でも対戦相手が必ず光るのだから凄い。しかし結果は
ザックの複合関節技でギブアップ負け。休んで欲しいなぁ、本当に。

IWGPインタコンチネンタル選手権は、新日本らしい消耗戦を制し、内藤
哲也を破った飯伏幸太が念願の王座初戴冠。「新日本らしさ」を魅せつけ
てくれた二人に、ただただ拍手を贈りたい。これがジャパニーズスタイル
だぜ!と日本人ファンが世界に自慢出来る内容だった。


メインはもちろんIWGPヘビー級選手権
ジェイ・ホワイトに挑んだオカダ・カズチカは、結果と共に内容をきっ
ちり残した上での大勝利。ジェイもここまでよく頑張ったと思うのだが、
やはりまだまだ格落ちの感。あと2年したらケニークラスに確実に到達
しそうではあるのだが・・・。

ともかく、新日本プロレスが自らのブランドでMSGに16,000人以上
観客を集めた、という状況が起こるとは、正直夢にも思わなかった。
アントニオ猪木の言う世界戦略とはおそらく違う状況だけど、ちょっと
前まで倒産してもおかしくなかった会社がここまで盛り返したのだから、
ここは素直に喜んでおこうと思う。

普通に思うんだよなぁ、最近。
世界でいちばん凄いのは、新日本プロレスなんだよ、って。

北尾光司

#八百長野郎 #空拳道


元大相撲第60代横綱で元プロレスラー・元武道家・元総合格闘家
北尾光司氏が2月10日に逝去していた模様。死因は慢性腎不全、享年55

僕らにとって北尾とは、長い間ずっと「A級戦犯」であった。
許せなかったのはやっぱりSWS時代、ジョン・テンタとの試合中にいき
なりマイクを掴み、「この八百長野郎!」と叫んだこと。あの頃の僕は
“八百長”という言葉に敏感で、それをプロレスラー自らが叫んだ事実が
腹立たしいやら悔しいやら。その段階でもう二度と見ることの無い選手
だと思っていたのだが・・・。

それでも北尾を実力者として認めざるを得なくなったのは、Uインター
での山崎・高田との二連戦。あの山崎を子ども扱いし、満を持して行わ
れた高田との一戦では後に伝説となったハイキックでのKO負け。未だに
この試合は僕の観たプロレスの試合の中でもベストと言えるモノである。


逝去のニュースを見て、もう一度北尾のデビュー戦ビガロ戦を確認し
てみた。今この試合だけを改めて見れば、決して悪い内容ではない。
この日は他の試合が凄すぎただけだった、というのはフォローしすぎな
んだろうか?

出来ればもう一度だけ、プロレスファンの前に姿を見せて欲しかった。
ビガロとの決着戦があるのなら、その時はあちらで必ず観戦したい。
ご冥福をお祈りします。

“JUSHIN” THUNDER LIGER

今日は別のことを書くつもりだったのだが、そういうワケには行かなくなった
以下、本日行われた新日本プロレス・旗揚げ記念日大会一夜明け会見の模様。

・・・獣神サンダー・ライガーが、来年1月東京ドーム二連戦での引退を発表。
引退の理由として、「伸びしろがなくなった」と語った。

昨日のエントリで「そろそろ覚悟した方がいい」と書いたのだが、あの熱戦
の翌日に事実としてそれを突きつけられた感。本人は異様なまでに明るく、
悲壮感の全く無いライガーらしい記者会見で、僕も大いに笑わせて貰ったの
だが、途中でおかしな状態となった。

間違い無く爆笑していたのに、同時に号泣
平成の新日本プロレス・・・いや、平成のプロレス界で、僕らにたくさんの大
きな夢を魅せてくれた「正しいプロレスラー」が、自らの口で引退をアナウ
ンス。ライガーが決めたことなら、我々はそれを受け入れるより他無い、と
いうことを心では解っているのだが、涙腺はソレを受け入れてくれなかった
らしい。

僕にとっての「平成」は、正直思い入れを持ち辛い時代だった。
僕は20年間の昭和を過ごしたが、人生に於ける大事なこと・・・凄く嬉しいこ
とや凄く悲しいこと・・・を、その時期にほぼまとめて経験したから、その後
の人生はほぼほぼ「妥協」。好きなプロレスラーも殆ど全員が昭和を代表す
る選手であり、そういう人たちが引退したら、僕もプロレスを離れていった
筈だった。でも・・・。

平成の僕らには、獣神サンダー・ライガーが居た。
自ら進んで奇抜なマスクを被り、それまで誰も考えつかなかった技をいくつ
も繰り出す。オトナたちを唸らせ、子どもたちを会場に呼ぶ。試合のみなら
ず、プロモーターとしても超一流で、禁断であった他団体の選手を一同に集
めて行った「SUPER J-CUP」が実現出来たのは、ファンのみならず同業者で
あるプロレスラーからも絶大に信用されていたライガーが企画したからこそ。
妥協もクソも無い、自分のやりたいことをパワフルに実現するライガーの姿
に、何度励まされたか・・・。

本当の「感謝」は、ラストマッチが終了した時点で改めて。
残りはまだ10ヶ月もある。僕はこれからできるだけ多くライガーの試合を観
て、大事なモノが何だったのかをもう一度思い出そうと思う。もちろん最後の
東京ドームも、出来るだけ良い席で観戦するつもり。

デビュー戦引退試合を、同じドームで。最後まであるよ、ライガー・・・。

獣神サンダー・ライガー

新日本プロレス・旗揚げ記念日@大田区総合体育館をNJPW WORLDにて。
興味深いカードが多々組まれたのだが、僕の興味は一点のみ。
リアル・リビング・レジェンド獣神サンダー・ライガーが、石森太二
持つIWGPジュニアヘビー級王座に挑戦したタイトルマッチがソレ。

入場から場内にこだまする大ライガーコール
平成時代の新日本をずっと引っ張ってきた選手は、もうライガーしか居ない。
観客もそのことをよ〜く解っている。


その存在自体が「日本の誇り」と言っても全く過言の無いプロレスラーは、
一回り以上若い王者を翻弄し、そして追い込んだ。試合の主導権の8割を握
りながらも、最後は石森のYESロックに無念のギブアップ・・・。

試合後にライガーは、
「石森が強くて、俺が弱かった。それだけ。俺なりにいろいろ考えることも
あって、近いうちにいろいろ語らせてもらう。ただ、俺が弱かった、これが
現実」、さらに「あれだけ応援してもらって、それに応えることができなか
った。ある意味、プロ失格だと思うし。口下手な俺が、あとでまた語らせて
もらいますので。今日はそれだけ。ごめん!」と語ったらしい。

・・・ライガーの凄いところは、新日ジュニアという世界で認められている場所
に、自らの後継者を多々創ったこと。いや、ジュニアだけではなく、例えば
現在WWEでトップを取っている殆どのレスラーが、スーパージュニア時代
ライガーに少なからず影響を受けている。一世代以上前のレスラーなのにも
かかわらず、現役でリングに上がり、世界中で尊敬を受けている。でも・・・。

ライガーも今年で55歳(な筈)。
だとするのなら、僕らもそろそろ覚悟した方がいいのかもしれない。その前に
もう一度だけ・・・。IWGPジュニアのベルトを巻く獣神サンダー・ライガーの姿
を観たい。

Please, One more Fight, LIGER!

虎の回顧録

▼虎の回顧録 昭和プロレス暗黒秘史 / タイガー戸口(Kindle版)

“野生の虎”こと、タイガー戸口の自伝。
御年71歳にして未だ現役。この間のジャイアント馬場没20年追善興行
バトルロイヤルにも出場し、元気なところを魅せてくれた、昭和を代表す
るプロレスラーの一人。

以前から著書熱望されていた戸口さん。
その理由は、Gスピリッツ等の雑誌で時折見掛けるインタビュー面白さ
にある。とんでもない毒舌に加え、ややヤバめの話題でもポンポン口に出
してしまう暴露癖(^^;)。コレを思いっきり楽しむには、何かを一冊仕上
げてもらうのが一番。ということで、期待大のまま読み始めた。

・・・いやぁ、どうだろ(^^;)?
これまで読んだ各種のインタビューに比べると、やや大人しい感否めず。
お得意の「他レスラーへの悪口」も若干歯切れが悪いのは、自分史という
性質上、一つのことに文章量を割けなかったのが原因なのだと思う。

それでも、日本プロレス時代から今に至るまで現役を続け、そのキャリア
の半分を海外で過ごした豪傑の語る自らの半生は本当に面白い。自分の
を隠そうともしない姿は潔くてカッコイイし、馬場猪木ですら一刀両
してしまう口の悪さもある意味ですばらしい。プロレスとは如何なる物
、が見えてくる佳作。プロレスファンならぜひ!