SHO × DOUKI

#njsatsuma


新日本プロレス『レスリング薩摩の国』鹿児島アリーナ大会。
今日のメインイベント、個人的に注目度がかなり高い一戦だった。

IWGPジュニアヘビー級選手権王者SHOに挑んだのは、J5GDOUKI
DOUKIにとっては、新日本参戦以来初のシングルタイトルマッチ挑戦。そして
SHOに関しては、チャンピオンとして初の新日メインを張る日(おそらく)。

僕のこの二人に対する評価はかなり高い。このタイトルマッチに向けた認定書
云々の丁々発止は立派なプロの煽りになっていたことはもちろん、双方共に
自分で試合が組み立てられるタイプ。攻め・受け共に、このキャリアと思えな
いくらいレベルが高い。

試合は一進一退。しかし、ゲームメイクをしたのはヒールに徹したSHOで、
あのDOUKI見事なベビーフェイスに化けさせる悪役ぶりを発揮。喰らいつい
たDOUKIもすばらしく、内容だけ見ればDOUKIの全キャリアのベスト、と言っ
ても過言は無い気がする。

お馴染みのHOT大乱入を凌ぎ、スープレックス・デ・ラ・ルナが決まった時は、
すわ、タイトル移動!?とか思ったが、金丸・成田をタイミング良く乱入させた
SHOが絵に描いた様なバッドエンドを構築。いや〜、唸るな、コレは。

DOUKIはこの試合で新日ジュニアのトップの一角に食い込んだ。しかし注目す
べきはSHOのポテンシャル。辻・成田・上村・海野よりも、新日本プロレスの
“ヘビー級”でトップを取るべきなのは、SHOしかあり得ないと思うのだが・・・。

IWGPジュニアの一連が終わったところでのSHOの動きに期待。
長期政権?いや、それよりその先が観たいでしょ、やっぱり。

奇妙な乱入

#njDONTAKU #GLG


昨日、後楽園ホールで行われた新日本プロレス『Road to レスリングどんたく』
5月3・4日に福岡国際センターで行われるビッグマッチに併せ、各種前哨戦が
行われるシリーズなのだが、ここで奇妙な乱入者が。

L.I.J vs BC War Dogs5vs5シングル対抗戦の第四試合として行われたセミフ
ァイナル、内藤哲也vsドリラ・モロニーの終盤、なんとNOAH・GLGで活躍し
ている、ジェイク・リーがまさかの乱入。

ジェイクはGLGのTシャツを着用しており、雰囲気的には“NOAH離脱”では無い
感じ。どうやら27日広島大会で行われるイリミネーションマッチにも出場す
るらしいのだが・・・。

どうもスッキリできない乱入
個人的にジェイク、ルックスやフィジカルは良いのだが、プロレスラーとして
はあまり評価していない(^^;)からなのか。なんにせよ、この乱入を線にする
のなら、ジェイクの新日本継続参戦が必須。NOAHとの関係も含め、すっごく
微妙なんだけど・・・。

Gスピリッツ選集 第一巻 昭和・新日本篇

#待っていたダイジェスト


Gスピリッツ選集 第一巻 昭和・新日本篇 / Gスピリッツ編

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

G SPIRITS BOOK vol.19として発売されたのは、テーマ別再編集版書籍
Gスピリッツに関しては創刊号から現在に至るまで、関連書籍を含めて全て所持
しているのだが、判型の大きさと、バックナンバー“物量”の膨大さのおかげで
オリジナルを読み返すのがやや困難。なので、こういうダイジェスト版が出るの
は本当に大歓迎。

第一巻のテーマは、やっぱり「昭和・新日本」
もちろんどの記事も確実に読んだことがあるのだが、これだけの物量を一つのテ
ーマでまとめて来られると、まぁ圧倒的な迫力。おもしろかったのはやはり新間
さんが関わる部分で、やたら見事な大言壮語ぶりを如何無く発揮。コレは昔から
一切変わっていない、というのが凄い。おそらく黎明期の新日本に関わった人の
中で、いちばんアクティブな上に才能があり、そして極悪人だったのは、新間寿
で間違い無い、と思った。

ちなみにコチラはKindle版もアリ。
今回はどちらを買うべきかかなり迷ったが、結局書籍版を購入。どうやらコレは
間違いだったようで、絶対に電子書籍版の方が便利だった、と思います、ええ。
早い段階での昭和全日本、そして日本プロレスをテーマとした続編のリリースを
希望!次はKindle版購入かな?

WINDY CITY RIOT

#njriot #MOX


新日本プロレス『Windy City Riot』シカゴ大会のメインにて、IWGP世界
ヘビー級王座戦。両国で王座を防衛したばかりの内藤哲也に、元AEW王者
ジョン・モクスリーが挑んだ試合は・・・。

なんと、大流血戦の上で勝利したのはジョン・モクスリー
それなりに長くプロレスを観てきている僕だが、ここでタイトルが動く、
とは全く予想出来ず。もう少し内藤政権が続くと思ったのだが・・・。

コレを報じる記事を見て、ちょっとだけ違和感を覚えた。
モクスリーは『三大王座』を制覇、との記述。この三大王座とは、どうや
WWE・AEW・IWGPの3つを差すらしい。日本ではIWGP・GHC・三冠
3つでグランドスラム、と表現するが、モクスリーが達成した三大王座の
方が、若干ステータスが上、と感じてしまう。

しかし、あのディーン・アンブローズがIWGPを取るとは・・・。
もし叶うのであれば、年内は主戦場を新日本にして欲しいところ。レギュ
ラーで出てくれるのであれば、全く文句の無い世界王者なのだけど。

SAKURA GENESIS 2024

#njSG


新日本プロレス『SAKURA GENESIS』をテレ朝チャンネルにてライブ観戦。
オカダが居なくなってから最初の春のビッグマッチ。さすがにカード編成
には工夫が施されており、期待していたのだが・・・。

残念だったのは、今日組まれた全試合の中でも僕がいちばん注目していた
IWGPジュニアヘビー級選手権が、大アクシデントでほぼ「中止」に近い
カタチで終わってしまったこと。試合時間は約90秒、結果はレフェリー
ストップ。序盤で肩を脱臼し、ストップを余儀なくされた挑戦者YOH
気持ちを思うと、まぁやるせない。救いがあるとすれば、王者SHOが終
了後も悪態をつきまくり、ヒールに徹したこと。やっぱりさすがだ・・・。

IWGPジュニア戦で若干テンションが下がったが、セミファイナルで組まれ
たNEVER無差別級選手権でかなり持ち直した。ここ1年でようやくヒールの
になったEVILが持ち味を発揮し悪行三昧(^^;)。コレを全て迎え撃った上
で、新王者となった鷹木信悟も大したモノ。非常にスッキリ出来た。

そしてメイン、IWGP世界ヘビー級王者内藤哲也に、同じL.I.JNJC覇者
辻陽太が挑んだタイトルマッチは、30分に及ぶ熱戦。試合の8割を辻が
攻める展開ではあったが、終わってみれば内藤の掌。世界王者らしい試合
を魅せた上で、内藤が差を魅せつけた試合であった。

新日本、しばらくは内藤の天下が続きそう。
対抗出来るとすれば、デヴィッド・フィンレーくらいだが、出来ればもう
一人、日本人で可能性のある選手が欲しい。それが上村であれば嬉しいが、
成田海野も可能性はある。オカダ・オスプレイが居なくても、やっぱり
それなりにおもしろいね、新日本は。