What’s Smart Speaker?

基本、新しいモノにはおおよそ興味を持つ僕なのだけど、登場以来全くピン
と来ないのがいわゆるスマートスピーカー。↑↑はAmazonEcho Dotだが、
GoogleからもAppleからも同系統の製品が続々リリースされている。が・・・。

・・・やっぱりあんまり欲しくないんだよなぁ、コレ(^^;)。
原因を解析すると、いくつか理由があるのは間違い無い。

1)音楽鑑賞には向かない気がする
5,000円程度のスピーカーの音が良いワケ無いんじゃねぇか?と(^^;)。
さらにスペックから読むと、出力される音が下手すればステレオですら無い
という疑いが拭えず。そもそもそういう用途がメインじゃないんだろうけど。

2)「音声」よりも「表示」が重要
例えばこのスピーカーにクックパッドのレシピを聞いて答えてもらったとし
ても、声だけで指示されてもなんか困る(^^;)。やっぱり画面「表示」して
くれないと、結局使えないと思うなぁ・・・。

リビングのデスクにあっても場所を取らない、と思われがちだが、結局電源
は取らなきゃならないし、結果かなりのスペースを取る気が。う〜ん・・・。
実際、使ってみたら凄い便利なのかもしれないけど・・・。

取り敢えずAmazon Echo Dotは招待制販売
一応招待状を申し込んではいるのだけど、なんか買わない気がするなぁ・・・。

優しい「ジャックポットガーデン」

iOS版みんゴル新コース「ジャックポットガーデン」が登場。
前回のファラオがやたらと高難易度非道かったのに対し、今回のは初心者
でもカッチリプレイ可能な優しいコース。どれくらい優しいのかと言うと、
あっという間にビギナーからプロまで全てのコースでスター全部獲得出来る
くらい優しい。要はカンタン、ということ。

ジャックポットと言うくらいだから、モチーフはラスベガス。右側の看板は
僕も宿泊したサーカスサーカスを模したもの。行ったことのある人なら、覚
えのあるデザインが多々あって非常に楽しいと思う。

こういうアップデートが多々あるから、iOS版みんゴルは面白い。
PSP版Vita版にはこの手のアップデートがなかったからなぁ・・・。
人気あるのも当然、ということで。

PUP Scan on MOTION GALLERY

クラウドファンディングのMOTION GALLERYで資金調達中のプロジェクト、
「PUP Scan」。モノとしてはハンディタイプスキャナーなのだが、コレ
がわりと使い勝手が良さそうな雰囲気。

↑↑のビデオを見ると解るのだけど、スキャンターゲットに対して赤外線
枠が出来る。これなら無駄な大きさをスキャンする心配は無くなるし、なん
と言っても手軽。操作も簡単そう。

これがあれば、いわゆる「自炊」の作業がかなり簡略化出来るかも。
歪み補正も自動でしてくれるから、本をバラさないでもスキャン出来そう
欲しいなぁ、コレ・・・。

1台24,500円のリターンは既に売り切れているのだが、2台で48,000円
コースはまだ応募出来る。誰か一緒に買ってくれる人、いないかなぁ・・・。

参考:
第2弾!フランス発、世界最速ポケットサイズのスマートハンディスキャナー
【PUP Scan】 by 7Next(MOTION GALLERY)

世界のプロレス

YouTubeのリコメンドにいきなり出てきたお宝映像
1980年代の中盤頃にテレビ東京で放送されていた「世界のプロレス」
怪奇レスラー特集なのだが・・・。

今にして思えば、こういう番組がゴールデンタイム(!)に普通に放送さ
れていた、というのがまず凄い。スマホもネットも無かったあの時代、
僕らは本当に海外のプロレス情報に飢えており、ゴング月刊プロレス
専門誌と、この番組だけが唯一の情報源。とにかく毎週、やたら楽しみ
にしていたことを思い出す。

そして「怪奇レスラー」というカテゴリが壊滅して久しい。
逆に言えばこのジャンルは今完全に空き家であり、それなりに仕事の出来
るレスラーならすぐに入り込めそうな気がするんだけど、無理なのかなぁ、
やっぱり(^^;)。メキシコあたりに居そうなんだけど・・・。

・・・ただ、ワンマン・ギャングは別に怪奇派じゃ無いような(^^;)。

Hidden City®

最近ちょっと話題になってるスマホ「アイテム探しアドベンチャー」ゲーム。
基本は表示されるグラフィックの中から指定されたアイテムを探す、という形
なのだが、問題は「どのゲームがいいのか?」という根本的なもの。ちょっと
やってみたかったので、取り敢えず↓↓をインストールしてみた。


G5 Entertainment社Hidden City®: Mystery of Shadowsなるアプリ。
一昔前のアクションアドベンチャー的なグラフィックで、好きな人はきっと
好きなデザインだと思う。インターフェースもそこそこ解りやすく、触って
みるには最適なのだが、もちろん問題(^^;)がいくつもある。

その1.日本語ローカライズ
ある程度ならガマン出来るが、あからさまな機械翻訳の部分があるのにちょ
っとイラっとする(^^;)。まぁ、日本向けにはそんなに予算が掛けられない
んだろうけど、なんかなぁ・・・。

その2.課金催促
ハッキリとうぜぇ、コレ。
このアプリに限ったワケでは無いけど、アプリ内課金を一々プロモされるの
はもうウンザリ。実際に買い始めたらきっと大変なことになる自信アリ(^^;)。

・・・まぁ、その2に関しては、いっそのこと5,000円くらいで有料アプリにし
て欲しいくらい。追加シナリオだけ有料とか、そういう工夫をして欲しいん
だけど、向こうのゲームアプリ会社にはそういう根性が無いのがねぇ・・・。

取り敢えず無課金でやれるとこまでやって、後はアンインストールかな?
今はちょっと楽しいけど(^^;)。

参考:Hidden City®(itunes)