天神屋秋葉原本店・特製らーめん

昨日、14時から秋葉原で打ち合わせ。
同行したEJと遅めの昼飯をやや検討していたら、帰り道にあの懐かしい
お店があることを思い出し、取るものも取りあえずGo!

天神屋 秋葉原本店、特製らーめん
このお店、テイストはいわゆる“東京魚介系”の王道。一時期は毎日のよ
うに通った記憶あり。

人気を二分しているのは、特製つけめん特製らーめんなのだが、今回
はラーメンの方をチョイスした。どのへんが特製なのかと言うと、大ぶ
りのチャーシュー×2味玉×1個とトッピングが豪華なこと。

随分とブランクがあったのだが、さすがに王道だけあり、昔と変わらな
い独特な美味さは健在。しかし、以前は中盛・・・普通・中盛・大盛は全て
同じ値段!・・・をペロッと食べてたのだが、今は普通で丁度良い感じ。
こういうところでも感じるなぁ、寄る年波を(^^;)。

天神屋が秋葉原に在り続けてくれることに感謝。
そういえばアキバには、夏限定のアレを出すお店もある。楽しみ!

参考:天神屋 秋葉原本店(RDB)

圧力鍋でGO!

こないだのビーフシチューの件で、ちょっと料理に目覚めた感じが。
あの後改めていろいろなサイトでレシピを読んだのだが、問題はやっぱり
「煮込む時間」。まぁ、時間をかけてゆっくり煮込む、というのはこの料理
醍醐味でもあるワケだが、そこをもう少しサクッとやりたくなった。

で、入手したのが↑↑の圧力鍋
タマハシという会社の製品で、型番はLB-1573.2リットル(5合)の容量。
購入したのではなく、クレジットカードのポイントで交換したのだが、買う
6,000円以上するのね(^^;)。調理器具って結構するなぁ・・・。

まだ未使用の状態なのだが、コレがあればビーフシチューの煮込み時間が
30分くらいで済む。そして、自家製チャーシュー豚の角煮ボルシチなん
かも作れるらしいから、どこかでチャレンジしてみようかと。
・・・そんな時間あるのかなぁ、この先(^^;)。

風龍MAX新橋店・赤豚骨チャーシューメン

昨夜、打ち合わせで新橋へ。
思いのほか早く終わってしまい、ちょっと軽くラーメンでも、ということで、
最初は一蘭を目指したのだが、コレがやっぱり大行列。なんとなく九州系
気分になってたので、このお店をチョイスしてみた。

とんこつラーメン 風龍 MAX 新橋店・赤豚骨チャーシューメン
風龍といえば、都内に黄色の看板を構え、何店舗もチェーン展開するお店と
して有名だが、実はさっきまで風龍系のお店だとは気付かず(^^;)。だって、
すぐ隣くらいに黄色い風龍があるんだもの(^^;)。う〜ん・・・。

で、この赤豚骨ラーメンとは、おそらく通常の豚骨ラーメンのスープに赤唐
辛子を加えた辛味噌を混ぜたもの。その辛さ、辛いモノ好きには効果絶大で、
ビシっと筋の通ったワイルドなモノ。

・・・ただ、求めて無かったなぁ、昨夜はその辛さを(^^;)。
まぁ、一応替え玉は一度やり、空腹は完全に満たされたから良しとしなけれ
ばならない。一蘭が混んでたら、すっ飛ばしてMAXに行くかも(^^;)。

参考:風龍 MAX 新橋店(RDB)

豚骨一燈・半熟味玉カレーらーめん

本日の夕食はアリオ葛西
こないだの改装でテナントの飲食店が激増し、非常に便利になったのだが、
僕にとっていちばん嬉しいのはかなり好みの合うラーメン店が入ったこと。
既に幾つかのメニューは制覇しているのだが、遂に本命の↓↓を!

豚骨一燈 葛西店・半熟味玉カレーらーめん
カレーと言えば、近所に麺屋永吉というカレーつけ麺の名店があるのだが、
果たしてこちらはどうか?、という感じで、期待して食べてみた。

これまで食べたカレーラーメンで衝撃だったのは、やっぱり室蘭・大王
カレーラーメン。塩ベースという意表を突いたスープにカレーを合わせ、
完全なオリジナルの食べ物にしていたのだが、ここのカレーラーメンはその
180度違うアプローチ。ベースはおそらくこのお店の名物・ドロドロ魚介系
のスープで、そこにややとろみのあるカレーを合わせた感じ。こういうアプ
ローチで来るとは・・・。

コレはコレで非常に美味しい
ボリューム感満点で、腹一杯になりたい時には最高のラーメンかもしれない。
やっぱりやるな、一燈

参考:豚骨一燈葛西店(RDB)

How to Cook Beef Stew

土曜日にレトルトを食べたことが原因で実現した自家製ビーフシチュー
思ったよりも本格的になっちゃったので、備忘録的にレシピをメモして
おきましょう!

具材
・牛肉ブロック(カレー・シチュー用)・・・500g
・ニンジン(皮剥きベビーキャロット)・・・1袋(1本分くらい?)
・ジャガイモ・・・1個
・タマネギ・・・1個
・マッシュルーム6本入り・・・1箱
・料理用赤ワイン500cc・・・1本
・デミグラスソース缶290g(ハインツ)・・・1本

調味料など
・ローリエ・・・1枚
・バター・・・適量
・塩胡椒・・・適量
・みりん・・・大さじ1
・醤油・・・大さじ1
・ケチャップ・・・大さじ1
・水・・・今回は100cc程度

ビーフシチューの作り方はいろんなサイトに載ってるのだが、その幾つか
を読んで良さそうな工程を組み合わせてみた。作り方は下記の通り。

1)タマネギ1個をくし切りでスライスしたものと1口大に切ったジャガイ
モ、ベビーキャロット15本くらいを鍋にぶち込む。その上に牛肉を敷き詰
め、ローリエを1枚乗せ、赤ワインをヒタヒタになるまで入れる。このま
ま蓋をし、3〜6時間浸け置き。ちなみに今回は6時間実行

2)牛肉だけを取り出し、バターを引いたフライパンで焼き目が付くまで
炒める。焼けたらもう一度鍋に戻す。この段階でマッシュルームも鍋へ。
具材がワインを吸っているので、水100cc追加。ワインに余裕があればそ
れの方が尚可。

3)まずは強火でグツグツ言わせる。沸騰したら簡単にアクを取り、弱火
90分〜180分煮込む。ちなみに今回は120分

4)煮込み始めて90分くらい経過すると、タマネギがドロドロになって
がなくなる。ここで続けて煮込み、水分が1/3くらいになったところ(こ
こで約2時間)でローリエを取り出す

5)デミグラスソースを1缶290gをぶち込む。少しずつ入れ、残っている
水分に馴染ませながら作業すると良いかも。その後、かき混ぜながら塩胡
椒・みりん・醤油・ケチャップを入れ、混ぜながら更に20分くらい煮込む。

↑↑コレが完成品。鍋は煮込む段階で大きなモノにチェンジした。
まぁ、だいたい二人分くらいの分量になる筈。結構ドキドキしたのだが、
食べてみるとコレなかなかイケる! 惜しかったのはブロッコリーを入れる
のを忘れたこと(^^;)くらい。

おおよそのレシピサイトでは「タマネギを炒める」という工程があるのだ
が、今回はその方法を取らず、タマネギから水分を取ったのが勝因だった。
時間も手間もかなりかかるけど、やることはそんなに難しくない。材料は
あと1回分残ってるから、近いうちにもう1度作ってみるか・・・。