2019・G1 at 福岡・福岡市民体育館

#G1 #福岡市民体育館 #YTR


新日本プロレス「G1 CLIMAX 29」福岡・福岡市民体育館大会
今年のG1、大都市で2連戦以上する場合が多いのだが、当然連戦に選ばれるべき
土地の福岡が何故か単一興行。しかも会場が福岡国際センターですら無い。まぁ、
Bブロックだし・・・。・・・。コレってもしかして確信犯なのかなぁ?
今日はもうピックアップは1試合のみ。他はどんな試合も語るべきことが無い気
がするんだよなぁ、本当に。

第6試合、矢野通vsジョン・モクスリー
正直もうBブロックの興味は快進撃を続けるMOXのみになっちゃったのだから始
末が悪い。実は事前から、MOXが負けるとすればこの試合じゃないか?と予想
していたのだが・・・。


G1だろうが通常のシリーズだろうが、コミカルファイトを絶対に止めない矢野。
このスタイルになってもう何年経ったか解らないが、新日本でこのスタイルを
長期に渡って貫いている選手、となると、他に誰も見当たらない気がする。今
は亡きひょうきんプロレス王・荒川真ですら、一瞬マジ路線行ってるし(^^;)。


とにかくレスリングの類を一切やらず、策略だけでまんまと勝ち点をゲットし
てしまった矢野。リーグ戦の成績は今のところ3勝3敗だが、勝った相手が内藤
・ジェイ・MOXの3人、というのが凄い。


現実に、矢野はまだ優勝の可能性を残している。残り3戦を全勝し、誰かと同率
首位に並んだ場合、直接対決で勝利している可能性が高い。ウルトラCで矢野が
Bブロックを取っちゃったら、個人的には非常に盛り上がるのだが・・・。

しかしBブロック、星取り状況は混沌としているにも関わらず、緊張感が全く無
(^^;)。最終的には予想通り内藤が決勝に行く気がするのだが、果たして・・・。

※リーグ戦結果
○ジェフ・コブ(3勝3敗) vs.鷹木信悟(2勝4敗)×
○矢野通(3勝3敗)vs.ジョン・モクスリー(5勝1敗)×
×ジュース・ロビンソン(3勝3敗)vs.内藤哲也(3勝3敗)○
×タイチ(2勝4敗)vs.ジェイ・ホワイト(3勝3敗)○
×石井智宏(3勝3敗) vs.後藤洋央紀(3勝3敗)○


↓↓8/1までの星取り表↓↓

Aブロック(クリックで大きなサイズ)

Bブロック(クリックで大きなサイズ)

2019・G1 at 名古屋・ドルフィンズアリーナ vol.2

#G1 #愛知県体育館(2) #脱落の気配


新日本プロレス「G1 CLIMAX 29」名古屋・ドルフィンズアリーナ2日目
細かな数字は解らないが、昨日と今日はどちらの動員が良かったのか?そして
試合内容はどちらが良かったのか?それらをちゃんと確かめる必要があるかと。
僕の中で一つ回答は出ている。なので今日のピックアップは1試合のみ

メイン、内藤哲也vsジョン・モクスリー
負けが先行して苦戦している優勝候補本命・内藤が、新日本参戦以来負け無し
MOX「挑む」試合。そしてIC王者vsUS王者の対決でもあり、自動的に現在
のタイトルの価値が計られる試合でもある。


組み立ての基本は挑発合戦。内藤の仕掛けにMOXが応える、という内容。
おそらく内藤はMOXの良い部分を最大限に引き出す努力をしていたのだと思う
のだが、ソレが少し過剰過ぎた感。気が付いたらペースは完全にMOXが握って
いた。


内藤のセンスとこれまでの実績は評価するし、これから3年先は飯伏と共に
新日本の両翼となることは間違い無い。しかし、内藤はまだ棚橋の域には達し
ていない。どういうことかと言うと、「負けても人気が落ちない」レベルでは
なく、どんな内容でも結果を伴わせるべき時期だということ。かつてのオカダ
がそうであったように。


ターニングポイントでダーティーディーズ改めデスライダーをズバリと決めた
MOX、なんと内藤までクリアしてしまった。一人無敗で気勢を上げるMOXだが、
他の選手のイメージが余りに弱すぎる。Bブロックの人選は大きなミステイク。
コレはちょっと考慮すべきだと思う。

正直、この後のリーグ戦で内藤が巻き返したとしても、前半のモクスリー旋風
の印象が強すぎ、誰も納得しないと思う。内藤哲也というプロレスラーにとっ
て、またもや大きなダメージがやって来てしまったのかもしれない。注目でき
ないなぁ、今後のBブロックは・・・。

※リーグ戦結果
○後藤洋央紀(2勝3敗) vs. 矢野通(2勝3敗)×
×ジュース・ロビンソン(3勝2敗) vs. 石井智宏(3勝2敗)○
○ジェフ・コブ(2勝3敗) vs. タイチ(2勝3敗)×
×鷹木信悟(2勝3敗) vs. ジェイ・ホワイト(2勝3敗)○
×内藤哲也(2勝3敗) vs. ジョン・モクスリー(5勝)○

2019・G1 at 広島・広島サンプラザホール

#G1 #広島サンプラザホール #一強


新日本プロレス「G1 CLIMAX 29」広島・広島サンプラザ大会
今日から地方巡業、一発目は広島。イマイチ盛り上がりに欠けるBブロック、し
かも平日。果たして客は来るのか?というのは全然余計なお世話(^^;)。今日も
しっかり満員に近い観客を集めているのはさすが。

まずはメイン、内藤哲也vs石井智宏
これまでの両者の試合を考えると、鉄板の内容になってもおかしくないのだが、
2連敗から始まった内藤が「もう負けられない」状態にあったのがちょっと・・・。


もちろんいつもの通り激しい消耗戦となり、それなりにレベルの高い試合では
あったのだが、やっぱり少しピリッとしない内藤と、ここに来てやや疲れの見
える石井、という感じ。中盤から終盤にかけてはかなり見事だったのだが、こ
れまでこの組み合わせで感じた「緊張感」にはやっぱり欠けていたかも。

試合は内藤が勝利して両者共に2勝2敗の五分に。
しかし、内藤に勢いが付くとすれば、次戦、名古屋モクスリー戦に勝利する
ことが前提。僕の優勝候補なのだから、ココは踏ん張って欲しい。以降、全勝
にてお願いしますよ、ええ。

今日のベストバウト第七試合で行われた鷹木信悟vsジョン・モクスリー
この2人、以前はDG USAで同じユニットに属していたらしい。MOXがブレイク
したのはWWEシールドを始めてからなので、さすがにその頃の事は知らない
のだが・・・。


見事な真っ向勝負
テイストは数年前のアメリカン・インディ、EVOLVEとかCHIKARAの雰囲気。
考えてみれば現在のNXTに続くアスリートスタイルのプロレスはROHDG USA
元祖。その時代を創った二人が日本で闘う、というのがロマンだなぁ・・・。

しかし、今日も勝利したのはMOX。鷹木の強烈な攻めを受けきった上での完勝
であり、正直他のBブロックの選手たちが「勝てる!」とは到底思えない説得力
に溢れる強さ。もしかしたら、もあり得る気がしてきた。

・・・MOXのおかげで盛り上がりこそあるものの、やはりAブロックに比べると物足
りなさを感じざるを得ないBブロック。この組み合わせ、どうなんだろうか?
取り敢えずジョン・モクスリー周辺に注目だな、以降は。

※リーグ戦結果
×矢野通(2勝2敗) vs. ジュース・ロビンソン(3勝1敗) ○
○タイチ(2勝2敗)vs. 後藤洋央紀(1勝3敗)×
×鷹木信悟(2勝2敗) vs. ジョン・モクスリー(4勝)○
○ジェイ・ホワイト(1勝3敗) vs. ジェフ・コブ(1勝3敗)×
○内藤哲也(2勝2敗) vs.石井智宏(2勝2敗) ×

2019・G1 at 東京・後楽園ホール vol.2

#G1 #後楽園ホール(2) #シールド


新日本プロレス「G1 CLIMAX 29」東京・後楽園ホール大会2日目
今日は仕事があり、かなり遅くなってから朦朧とした状態でWORLDを観たのだ
が、眠気が一気に飛んだ試合2つあった。

第5試合、つまり今日のリーグ戦の最初に組まれたタイチvs鷹木信悟
共にG1初参戦だが、新日参戦からジュニアを経てすぐにG1に出場した鷹木と、
10年以上経過してようやく参戦したタイチ、というコントラスト。

戦前の舌戦では、「スーパージュニア準優勝でG1に出られるのか?」と毒づい
て魅せたタイチ。鷹木にだけは負けたくない、という意地が随所に感じられる
気迫のこもった攻撃に終始。鷹木も同じくらいのレベルでやり返すのだから、
この試合が面白くならないワケが無い。

両者共に見事だったが、勝利したのは鷹木
そもそもジュニアには無理がある(^^;)と思っていたのだが、やっぱりヘビー級
全然通用する内藤とのLIJ対決が楽しみ!

もう一つはメイン石井智宏vsジョン・モクスリー
日米ピットブル対決と目された試合だが、個人的には石井の究極のゴツゴツ
モクスリーがどこまで付いて行けるのか?とか思っていたのだが・・・。


・・・謝ります。すげぇぞ、MOX
付いていくどころか、肉弾戦であの石井と互角以上に渡り合った上に、得意の
ハードコア展開にまで持ち込み、観客を大熱狂の渦に落として魅せた。MOXは
上背こそそこそこあるが、けっして頑丈な体型には見えないのに、打撃で石井
を上回る場面すらあった。

フィニッシュのデスライダー(ダーティーディーズ)は説得力抜群
MOXはこれで3連勝、充分に決勝進出が望める位置に居る。AEWとの契約が
どうなっているのか解らないが、正直このまま新日本に定着して欲しいくらい
すばらしい。こうなったら決勝進出、マジで期待しようと思います、ええ。

ちなみに今日は内藤vs後藤ジュースvsコブなど、他にも注目するべき試合が
あった筈なのだが、残念ながらこの2試合に内容で及ばず。開幕戦で期待した
後藤にはやっぱりガッカリさせられた(^^;)が、イマイチピリッとしない内藤
も大いに不満。後半で切り返せるのかなぁ、この2人・・・。

※リーグ戦結果
○鷹木信悟(2勝1敗) vs. タイチ(1勝2敗)×
×ジュース・ロビンソン(2勝1敗) vs. ジェフ・コブ(1勝2敗)○
○矢野通(2勝1敗) vs. ジェイ・ホワイト(3敗)×
×後藤洋央紀(1勝2敗) vs. 内藤哲也(1勝2敗)○
×石井智宏(2勝1敗) vs. ジョン・モクスリー(3勝)○

Double or Nothing

ALL ELITE WRESTLING #Double or Nothing


注目の新団体・AEW(ALL ELITE WRESTLING)の旗揚げ戦は、ラスベガスの
MGMグランドアリーナFITE.TVのPPVでなんとか観れたのだけど、この団体、
いろんな意味で揉めそうな気配が(^^;)。

取り敢えずYouTubeにダイジェストが上がってたので、まずは↓↓を。

ビックリしたのは主に2つ

メイン、ケニー・オメガvsクリス・ジェリコのAEW初代世界王座決定戦への
出場権を賭けた試合、なんとジェリコの勝利。ジェリコは6月に新日本に参戦、
IWGP王者のオカダ・カズチカへの挑戦が決まっている。新日本とAEWの関係
を考えると、この結果に?マークが点くのだが・・・。

そして大問題なのはそのメインに乱入したのがついこないだまでWWEに所属
していたジョン・モクスリー(a.k.a.ディーン・アンブローズ)だったこと。
WWEの規定では、退団後6ヶ月は他団体のリングに上がれない契約の筈なの
だが、これは明らかにWWEにケンカを売るような行為。さて・・・。

全体的には「さすが!」と言えるレベルを保った旗揚げ戦。
特にセミのヤングバックスvsルチャブラザーズの試合は現代プロレス象徴
するような試合。不安があるとすれば、今後もこのレベルを維持しなければ
ならないこと(^^;)かなぁ・・・。

この旗揚げ戦を観て、新日本プロレス&ROHとWWEがどう動くのか見物。
そしてなんとか日本でも通常のTVショーが観たいのだが、どうなる?