LUCIFER

#地獄の王


あれ、このドラマのこと書いてなかったっけ?という(^^;)。

USドラマ「LUCIFER/ルシファー」シーズン4Netflixで一気に観た。
今回のシーズンから制作がFOXからNetflixに移り、もちろん独占配信となる。

初めて(^^;)なのでドラマの概略をカンタンに。
主役のルシファー・モーニングスターは、堕天使にして地獄の王ルシファー
世を忍ぶ仮の姿。地獄の管理業務に嫌気がさし、「休暇」という名目で地上
に降りてきたルシファーは、ヤバめのナイトクラブを経営するプレイボーイ。
ひょんなことから知り合った女刑事クロエ・デッカーの側に居るときだけ、
自らの“不死身”が機能しなくなることを知り、この謎を解くためにロサンゼル
ス市警察のコンサルタントになり、クロエと二人三脚で事件を解決する・・・と
いう感じの「ホラー+コメディ+刑事物」ドラマ。

一本ごとの作り込みが絶妙な上に、主要キャスト陣の個性が際立つ良作。
「SUPER NATURAL」である程度「地獄」のことを理解(^^;)した上で観たお
かげで、時折出てくる地獄の住人たちをなんとなく知っていたのがポイントだ
ったのかもしれない。

シーズン4全10話とやたら短いが、ストーリーの作り込みはこれまでで最強
シーズンファイナルになってもおかしくない完結感が出ているのだが、そこは
Netflix、きっと続編を撮ってくれる気がする。

オカルト好きはもちろん、刑事ドラマが好きな人もぜひ!

glee -DON’T STOP BELIEVIN’-

#This Time


hulu「glee」全6シーズン・合計121エピソードを全て見終わった。
なんというかもう、毎エピソードで必ず1曲は合唱してしまうくらい、
エキサイティングなドラマだった。

リアルタイムで観なかったことを最初は少し後悔したが、ブームが治まっ
てからの鑑賞はもしかしたら良かったのかも。おかげで毎週次が楽しみで
もどかしい思いをすることも、DVDのレンタル待ちで歯ぎしりすることも
無かった。

ドラマ視聴と並行してサントラ音源も集めたが、こちらも本当にすばらし
かった。リビングでかける音楽もしばらくglee castの曲だけになったのだ
から恐れ入る。影響されまくった約2ヶ月間だった。

・・・そして、歌や音楽とは違う部分でもいろいろ考えさせられたドラマでも
あった。なによりも各種の「差別」に真っ向から立ち向かう制作陣の姿勢
が印象的。それをブレることなく演じきった登場する全てのglee castの皆
に、最大級のリスペクトと、心からの拍手を贈りたい。

Don’t Stop Believin’・・・。
中学生の頃に歌詞を覚えたこの曲が、またもや最高に印象に残る曲となった。
ありがとう、glee & ALL glee casts! …and R.I.P. Cory Allan Monteith…。

イアリー 見えない顔 on WOWOW

#カルト教団の野望


久々にデスクワークに勤しんでいるため、今日も録画済みWOWOW
連続ドラマWを一気に。今日の作品はちょっと前にオンエアされていた
オダギリジョー主演のサスペンス「イアリー 見えない顔」

原作は前川裕。いつか読もうと思っていた作家なので、このタイミングで
ドラマ版が観られたのはラッキーだったかも。

連続ドラマWはどの作品もかなりレベルが高いのだが、オダギリジョーが
出演している作品はその中でもかなり良い作品になる場合が多い。このド
ラマも例外ではなく、彼のポーカーフェース全体感を創り出しちゃって
いるところが凄い。

そしてこの作品、他のキャスト陣名人級が揃えられているため、とにか
緊張感が半端ない。民放のドラマではここまでやれねぇだろうなぁ、と
改めて思った。

ネタバレになるので詳しくストーリーには触れないが、カルト教団の巧妙
さと恐ろしさがジワジワくる名作。もうすぐDVDが出るらしいので、興味
のある方は是非!

ダイイング・アイ on WOWOW

#忘却の彼方


録画しておいたWOWOW連続ドラマW「ダイイング・アイ」を一気に。
東野圭吾原作のドラマ、ということは、原作を間違い無く読んでいる筈な
のだが、ストーリーを全く覚えていなかった(^^;)。あまりにピンと来な
いので過去AREAを調べてみたら、やっぱりレビューが書いてある(^^;)。
ただしその内容はスカスカ、あんまり印象に残らなかったのが如実に解っ
たのだが・・・。

ということで、期せずして「初めて観る」感に溢れたドラマ(^^;)。
主役バーテンダーを演じる三浦春馬が一貫して「渋い男」を演じており、
それがキッチリとハマっている。女性キャスト陣にやや役不足を感じたの
だが、春馬の存在感がそのあたりをしっかりフォローしており、結果ハー
ドなサイコミステリーに仕上がっている。ドラマとしては相当優秀かと。

・・・ただ、やっぱりストーリーにちょっと難あり、かな?
確かに東野圭吾マニアの中にはこの作品を「ワースト」と表現する人たち
も多く、その意見にもやや頷ける気がする。ドラマの出来が良いだけに、
ちょっと残念。東野圭吾作品といえども、なんでもかんでもドラマ化しな
い方がいいかも。

STRAWBERRY NIGHT SAGA

#焼き直し


今クールのCX木10は、名作・ストロベリーナイト
ただし、竹内結子率いるお馴染みのキャストによる続編ではなく、二階堂ふみ
亀梨和也W主演に据えたリメイク。タイトルは「ストロベリーナイト・サーガ」

“新しいドラマ”として観よう、と決めていたのだが、やはりバラエティに富んだ
旧ストロベリーナイターズと比較すると、あまりにアクが弱い感は否めず。特に
キリングビューティー姫川玲子を演じる二階堂ふみが残念ながら役不足。個人的
に好き嫌いで言えばけっして好きな女優ではない(^^;)のだが、演技力はかなりあ
る人だと思うので、次回以降での巻き返しに期待。

そして今や誰もがスポーツキャスターが本職だと思っている亀梨和也も本領発揮
とは成らず。とはいえ「菊田和男が主演」という設定はこれまでには無いアレン
ジなので、こちらも希望を持って今後に期待しとく。

勝負はこれまで映像化されていないエピソード「ブルー・マーダー」あたりか?
原作が非常に秀逸なことは間違い無いので、後はもう制作・演出がどれだけ工夫
出来るかにかかっている!ということで、ガンバレ!