AEW、PPVまもなく!

#ALL ELITE WRESTLING #Double or Nothing


気が付いてみたらもう今週末に開催されるAEWのPPV「Double or Nothing」
発表された時はそりゃあもうトキめいたのだけど、何故だか今はそれ程でも
無いのだから不思議。

おそらく新日本のMSG大会がかなり良かった所為で、日本人ファンにアレ以上
訴えることの出来るイベントを今のAEWがやれるとは思えないから。出揃った
カードはそこそこ魅力的だけど、メインのケニーvsジェリコが新日本の時ほど
盛り上がるかどうか、正直疑問。

・・・まぁ、一応何かでチェックするつもりだけど、果たしてどうか?
注目すべきはヤングバックスvsフェニックス&ペンタかな?

夜の虹を架ける

#四天王プロレス #超世代軍


▼夜の虹を架ける / 市瀬英俊(Kindle版)

元週刊プロレス編集者市瀬英俊による、全盛期全日本プロレスの回顧録。
主要登場人物は三沢光晴・川田利明・田上明・小橋建太、いわゆる全日四天王
の4名に加え、G馬場・J鶴田・天龍源一郎・菊池毅・秋山準・Sハンセン他。
天龍革命後期から三沢NOAH設立までの時期、週プロで全日本を担当しなが
ら、編集長のターザン山本と共に影のマッチメイカーを勤めた、とされる作者
の、強大な思い入れが詰まった作品。

あの頃の全日本に対する僕の思いは、非常に複雑なモノがある。
生まれてから今に至るまで、基本猪木信者である僕にとって、全日本プロレス
とは目の上のたんこぶ三銃士の時代を迎えていた新日本プロレスに対し、そ
の試合の激しさで真っ向から対抗した全日本は、正直やたらウザかった

が、一度でも試合を観てしまうとそういう感情は引っ込めざるを得ない
何故なら四天王の繰り広げたプロレスはその説得力が尋常では無かったから。
相手のをけして避けず、首だろうが腰だろうが、ほぼどんな部位でも対戦相
手に無防備に差し出す。そればかりが、投げ技を本当に「脳天」から落とすの
だから、そういう試合を魅せてくれる選手たちに文句などある筈が無い。対極
に居た筈の新日ファンさえ黙らせたのだから凄い。

・・・四天王全員が(事実上)リングを去っている今、「四天王プロレス」の是非
を問う論争が各所で起こっている。論調は「やはりやり過ぎ」「選手も客も異
常だった」、そして「今のプロレスをダメにした」など、正直肯定的な意見は
殆ど出ない。本来これは我々ファンの側が論じて良い内容でないことは明白。
なぜなら、我々が「求め」なければ、彼らは「実行」しなかった筈なのだから。

だから。
誤解を恐れずに、そして失礼を承知で書くのだが、市瀬英俊にこんな作品を書
いて欲しくなかった、というのが本音。あの頃の週プロは間違い無く今起こっ
ている事態の主犯であり、我々も間違い無く共犯者である。あの時代で麻薬の
ような高揚感を味わった我々が今できる「贖罪」とは、人間を破壊してしまう、
もっと言えば人の命を奪ってしまうような「過剰さ」を、プロレスに出来るだ
け求めないことなんじゃないか、と僕は思っている。

市瀬さんはこの本を書くことでどうしたいのか?が、正直見えてこない
今後のプロレス界に警鐘を鳴らすことが目的なのか、それとも単に「あの頃は
凄かった」なのか。臨場感はたっぷりだし、文章にもさすがの迫力がある。
それだけに、目的を曖昧にしたまま終わってしまった感のある構成はちょっと
残念。あの頃の署名原稿のような、一刀両断さが欲しかったなぁ・・・。

SILVER KING

#ロス・カウボーイズ


そんな馬鹿な・・・と思った。
5月11日、英国・ロンドンで行われた大会にて、フベントゥ・ゲレーラ
のシングルマッチを行っていたシルバー・キングが、試合中の心筋梗塞
死去。享年51・・・。

ついこの間、後楽園ホールで試合を観たばかり。
コンディションの良さに驚かされ、相変わらずルチャドールとしては珍し
「強さ」を前面に出した試合を魅せてくれた。まさかシルバーが、こん
なにも早く逝くなんて・・・。

ロス・カウボーイズは最高のタッグチームだった。相棒のエル・テハノは、
きっとアッチで怒っている筈。なんでこんなに早くコッチへ来たんだ?と。
僕らも呆然とするしかない。だって、あのシルバー・キングなのだから。

どうして・・・という思いが本当に・・・。
せめて最高のルチャドールの一人であるシルバーの行き先が、すばらしい
世界でありますように。また必ず、どこかで。

シルバー・キング
父はドクトル・ワグナー。19歳の時にドクトル・ワグナー・ジュニアとし
て全日本プロレスに初来日。ユニバーサルプロレスにロス・カウボーイズ
として参加し、一躍人気レスラーに。2001年には新日本プロレスに3代目
ブラック・タイガーとして来日し、ケンドー・カシンとタッグを組んだ。
2008年、中嶋勝彦を破って世界ジュニアヘビー級王者に。最後の来日は
2019年3月14日・後楽園ホール「Lucha Libre Estrella Fiesta」。

※現役のまま生涯を終えた故人に敬意を表し、敬称を略させていただきました。

証言「橋本真也34歳 小川直也に負けたら即引退!」の真実

#破壊王


▼証言「橋本真也34歳 小川直也に負けたら即引退!」の真実 / V.A

宝島「証言」シリーズ最新作。
前回の「1.4」に続き、「晩年の橋本真也」にスポットを当てた企画本。
99.1.4以降、新日本退団前後から逝去までの間に橋本に関わった人たち
の証言集となっている。

読後ただただ思ったのは、橋本真也というプロレスラーの稀有な存在感
お世辞にもルックスは良くないし、大事な筈の試合ではコロコロ負けたし、
オンナ関係もよろしくない噂の飛び交う人だったのに、おおよそのプロレ
スファンは未だに強烈な印象を持っている。豪快で、無茶苦茶で、見るか
らに強そう、という、最近ではほぼ存在しなくなったタイプのプロレスラー
が、もうこの世に居ない、という事実が悲しくてならない。そんな思いが
新たになるような、印象的な証言集に仕上がっている。

今回インタビューに応えた人物の中に、当時の新日本プロレス社長だっ
藤波辰爾の名前があるのがポイント。「優柔不断」と一刀両断される
ことの多い藤波だが、あの時期の新日本で社長をやった場合、優柔不断
にならざるを得なかったのではないか、という同情心が。まぁ、元々僕
藤波信者だというのも大きな原因なのだが(^^;)。

もし「証言」シリーズがもう一度橋本関連の本を出すのであれば、次回
小川直也アントニオ猪木を引っ張り出すべき。特に小川のコメント
が取れれば、このシリーズは「傑作」として後世に名を残すと思う。

なかなかの良作。宝島のこの路線、凄く良いと思います!

WRESTLING DONTAKU 2019

#Back to Wrestling


新日本プロレス「レスリングどんたく2019」博多大会をNJPW WORLDにて。
ゴールデンウィークのビッグマッチとして定着した博多大会だが、今年はなん
2days。新日本、無理してないか?とちょっと心配になった(^^;)。

今日の注目は↑↑、石森太二のタッグパートナー・Xとして登場したイギリス
エル・ファンタズモ。評判は聞いていたのだが、これが相当な実力者

あのオスプレイを相手に全く互角の展開。僕のオスプレイの評価はかなり高い
のだが、空中技・パワー・打たれ強さ・テクニック4点で全く引けを取らない。
それどころか、最後はそのオスプレイをフォールしてしまったのだから凄い。
BOSJに参加するようだが、今日の一試合で優勝候補に躍り出た。今後が楽しみ。

メインはオカダ・カズチカIWGPヘビー級王座SANADAが挑んだ一戦。
正直期待していなかったのだけど、これが僕好みの名勝負となった。


両者共に切り返しの応酬。最近の「削り合い」的な試合にちょっと食傷気味
だったのだが、こういう“ザ・レスリング”的な展開こそ新日本プロレスだと
思う。31歳同士メインでこういう試合を魅せてくれるのだから、今の新日
懐は深い。当面は一人勝ちが続く気がする。

防衛したオカダの次の相手は、なんとクリス・ジェリコ
AEWと新日本の両方に出られるオプションを持っている2人のうち、1人が
早くも新日本に出てくることに。これでもしジェリコがタイトルを取ったら、
今後のWRESTLING POLITICS混沌とするハズ。

・・・本当は新日本にはAEWとも絡んで欲しいんだよなぁ(^^;)。
ここはジェリコに期待!