STAR BATTLE JAPAN 2016

本当に久しぶりに後楽園ホールへ。
ここに来るのは今年4月の王道旗揚げ戦以来。物心が付いてからこれだ
け長い間プロレス観戦から遠ざかったのは下手すれば初めて(^^;)かも。

メキシコのプロレス団体・AAAが12年ぶりに団体ごと日本に上陸。
ライバルのCMLL新日本と提携し、毎年1回必ず日本で興行を打つの
だが、オポジションであるAAAは本当に久しぶり。観客のノリもやっ
ぱりCMLLとはちょっと違う。こっちの方がプロレスっぽい感じ。

注目はセミとメインの2試合。
セミファイナルは今年のトリプレマニアメインイベントと同じカード
で、前回勝利したサイコ・クラウンに雪辱を期すパガノが挑んだハード
コアマッチ。両者とも間違い無くヘビー級なのに、動きが速いこと!!

サイコはあのブラソ・デ・プラタの息子。つまりCMLLのマキシモの兄
に当たるレスラーで、おどろおどろしいマスクの割にコミカルで激しい
プロレスが特徴。対するパガノは見るからに大日本系の危険人物(^^;)。
声援を集めるサイコを振り切り、パガノがリベンジを果たすッ!

メインは日墨混成の豪華トリオが実現。
元WWE王者レイ・ミステリオJr.NOAH丸藤正道王道と組み、
ペンタゴンJr.テハノJr.ブライアン・ケイジと闘う好カード。
大中小の3人、同じコーナーに居るだけで絵になる♪

一方、AAAルード軍のキーマンはセロ・ミエドことペンタゴンJr.
王道に初来日した時から注目していたのだが、この選手相変わらず凄い
跳び技などの派手さは無いが、迸る雰囲気は正しくプロレスラー
まるでダイナマイト・キッドの試合を観ているかのよう。

フィニッシュはファンタスティック・フリップからのボディプレス
ミステリオがケイジをフォール。この2人にしか出来ないフィニッシュ。
場内は大爆発

最後は3人でこんなポーズも。
プロレスの面白さが詰まった、最高のメインイベント。なんなら、あと
20分くらいやってくれても全然良かった気がする。

終了後にマイクを持った曙は、来年AAA大会開催を宣言。コレに観客
も大歓声で応える。こりゃあ来年が楽しみになって来たぞ・・・。

最初から最後まで、本当にすばらしい興行。
しばらく観戦から離れていた所為もあるのだが、こういう試合なら何度
でも見たい。実現してくれたAAAと、NOAH・ZERO1・王道・WAVE
感謝。そして誰よりもミステリオJr.ペンタゴンJr.に感謝だ!

“LU” on SAMURAI!

「LUCHA UNDERGROUND」とは、 メキシコのAAA(トリプレ・ア)が、米国・
L.Aの常設会場・TEMPLEで展開するレスリング・ショー。配信前提のハウスショー
であり、EL REY NETWORKが毎週中継。このご時世には珍しく、予算相当余裕の
ある団体で、エグゼクティブプロデューサーに映画監督のロバート・ロドリゲス
起用。WWEとも新日本とも違ったプロレスを展開している。

参加選手はレイ・ミステリオJr.ペンタゴンJr.フェニックスジョニー・ムンド
リコシェリッキー・マルビンもマスクマンとして出場。なんかECWの香りが・・・。

残念ながらEL REYは日本からのアクセスを遮断しており、LUの映像はオフィシャルHP
のダイジェストを観ることしか出来なかったのだが、なんと!!

10月14日よりFighting TV SAMURAI!にてシーズン1よりオンエア決定!
タイムラグはあるが(米国では既にシーズン3)、日本語字幕の付いた状態で毎週観れ
るのはかなり嬉しい! 恐ろしくハードで危険なルチャ、遂に日本上陸

iPPVでルチャワールドカップ!

予告通り6月4日・6日の早朝より、メキシコ・AAAのビッグマッチ、
「LUCHA LIBRE VICTORIA WORLD CUP 2016」をインターネット観戦。
試合内容その他はもう腐るほど呟いた(^^;)ので、今回はinternetvなる
メキシコ配信サービスについて。

視聴環境は、まぁこんな感じ。
事前に英語スペイン語のページから情報を入力し、PayPal等で支払い
をすると、番組表のURLが送られてくるので、それを選んで見ればいい。

いわゆるPPV(番組毎に料金を支払う仕組み)、それも海外モノを購入
したのは初めて。さらにメキシコ発ライブ中継だから、向こうのイン
フラが劣悪なんじゃねぇか?と勘ぐっていたのだが、どうしてどうして。
途中で若干映像が止まったり音声が途切れたりはあったのだが、我慢出
来るレベル。わりとしっかりしてるな、このシステム。

そして後から気付いたのだが、ログイン後の言語選択に日本語アリ!
次回からかなり解りやすくなると思う、コレ。

考えてみると、プロレスに関しては気になる大会は全てネット観戦にな
っている。国内は新日本プロレスワールド、アメリカはWWE NETWORK
メキシコAAAもこのルチャワールドカップトリプレマニアはチェック
しときたいので、このiPPVの使い方を覚えたのは良かったかもしれない。

使えることは解った。あとは開催さえ見逃さないようにすればOK。
・・・しばらく会場行けないな、こりゃ(^^;)。

LUCHA LIBRE VICTORIA WORLD CUP 2016

メキシコAAAの主催する『LUCHA LIBRE VICTORIA WORLD CUP 2016』
6人タッグのトーナメントで、主にメキシコ・アメリカ・日本の3カ国から
チームが選出され、優勝を競う大会。

参加国は3つだが、現状世界でプロレスが根付いているのはこの3カ国のみ。
つまり文字通りプロレス版のW杯であり、今年で2回目の開催。昨年開催され
た第一回大会は残念ながら観ることが出来なかったのだが、今年は・・・

まずは参加チームの紹介。今年は女子のトーナメントも行われるが、ここでは
男子のみ。全8チーム。

メキシコ代表①:AAA選抜
ペンタゴンJr. & テハノJr. & サイコクラウン

メキシコ代表②:レジェンド
ラ・パルカ & カネック & ブルー・デモンJr.

メキシコ代表③:メキシコ・インターナショナルチーム
レイ・ミステリオJr. & ドクトル・ワグナーJr. & ドラゴン・アステカJr.

アメリカ代表①:チームTNA
EC3 & タイラス & イーライ・ドレイク

アメリカ代表②:LUCHA UNDERGROUND
チャボ・ゲレロJr. & ジョニー・ムンド & ブライアン・ケイジ

日本代表①:プロレスリング・ノア
丸藤正道 & マイバッハ谷口 & 石森太二

日本代表②:王道+ZERO1
曙 & 田中将斗 & 日高郁人

多国籍チーム
アポロ & ミル・ムエルテス & ロックスター・スパッド

応援しているのはもちろん日本代表②曙&田中&日高組。
ただ、この3人は日常的に組んでいるワケではなく、チームワークが不安。
安定感があるのは日本代表①・丸藤&谷口&石森組であり、このチームが
優勝候補の筆頭と見ている。

とは言え、開催国メキシコの代表チームも皆強力な布陣。
特にインターナショナルのミステリオJr.&ワグナーJr.&アステカJr.組は
かなり強そう。いろんな意味で勝敗予想が難しいな、この大会・・・。

『LUCHA LIBRE VICTORIA WORLD CUP 2016』はiPPVでライブ中継。
取り敢えずプレオーダーは済ませたので、後は朝10:30の開始を待つのみ!
・・・起きられるんだろうか(^^;)。

日本語でのオーダー方法はエヌヒトさんのブログを確認!