Jurassic World:Fallen Kingdom

『ジュラシック・ワールド 炎の王国』、シネマイクスピアリ。

25年前に公開された「ジュラシック・パーク」の第一作以来、僕の中で
は本当に特別な映画スピルバーグがメガホンを取ることを知った段階
でまずマイケル・クライトン原作を一気に読み、有楽町日劇前売り
指定席を取り、最初から最後まで口をアングリ開けた状態で画面に見
入った。

以降、続編は全て劇場鑑賞。作品によっては複数回映画館へ
もちろんDVDも全て購入し、これまでの4作はもう何十回・・・いや、ヘタ
すれば100回以上観ているハズ。だからもちろん、今回の新作もかなり
期待してレイトショーに足を運んだのだが・・・。

・・・もしかしたら、これまで観た映画の中で「最高」かもしれない。
驚異的なCG特撮はもちろん、これまでの歴史がキッチリ凝縮された
ストーリー。さらにこの作品、驚いたことにいろいろな「愛」に溢れ
ているのが凄い。

特に、今回の“主役”と言って過言の無い最高のラプトル・ブルーと、
彼女を見事に調教して最高の絆を築いたオーエンとの物語は、思わず涙
を流してしまうくらいすばらしい。

この作品、おそらく全てのバージョンで3回以上は観に行くことになる。
25年以上僕を魅了し続けた映画が、25年目にして最高の幸せを提示して
くれた。スピルバーグと故マイケル・クライトンに、同じく最高の感謝を。
・・・これが、映画だ

BANANA FISH on TV!

僕はいわゆる「読書家」。幸いなことに某所では「レビュアー」という
肩書きをいただき、書評を書くことで幾ばくかの報酬を得ることもある。
読んでいるのは今では殆どが小説で、年間100作品くらいのペースで片
っ端から読み漁っている。であるが故に、周囲からは“小説第一主義”
と思われているが、実はそうではない。

僕がいちばん好きな本とは、間違い無く「マンガ」である。
人生のターニングポイントには必ず重要なマンガがあり、ソレに影響さ
れてここまで生きてきた、と言っても間違いではない。じゃあ具体的に
どの作品なの?とか聞かれると話が長くなるので、その話題はまた別の
機会に。

そういう作品の中に、吉田秋生「BANANA FISH」がある。
1985年から約10年間、小学館の別冊少女コミックに連載された作品で、
そのあまりに生々しいストーリー展開から少女マンガの枠を軽々と越え
てしまった問題作。幼き頃から少女マンガに抵抗が無く、中高生の頃は
普通に毎月別冊少女マーガレットを購読していた僕であったが、この時
代はBANANA FISHを読むためだけに別コミを購入していた程。

そんなBANANA FISHが、作者・吉田秋生の40周年記念プロジェクト
一環としてフジテレビノイタミナ枠でアニメ化。先週からオンエアが
開始され、現状で2話まで放送されている。

あまりにも思い入れの深い作品だと、アニメ化された段階で落胆するこ
とが多い。なので、2週分のオンエアが終わるまで感想は控えていたの
だけど・・・。

すばらしいと思います、このアニメ。
いろいろあって「原作通り」というワケでは無いけども、漂う緊迫感
原作と同等がそれ以上。声優のキャスティングもイメージが全く壊れず、
初めて原作を読んだ時と同じくらい心臓の鼓動が早くなった。毎週木曜
にオンエアされるが、見逃しても1時間後にAmazonプライムに落ちて
くる。大きな楽しみが一つ増えた!

たった一つ心配なのは、この大河ドラマが途中で打ち切りになってしま
う可能性がある(^^;)こと。安定した数字が毎週稼げればいいのだけど、
視聴率だけは水モノだからなぁ・・・。

docomoケータイ・セルフ機種変更

3日前のエントリで報告したdocomoガラケーの買い換え計画
結局オークションで中古をあたり、最終的に決定したのが↓↓この機種。

・・・SHARP SH-03E(^^;)。
型番だけでなく、色まで全く同じモノ。いろいろ迷った結果、microSD
のバックアップからの復元が容易、という点に重きを置いてチョイス。
ところが、ガラケー全盛時代からずっとやってたハズの復旧作業、コレ
いささか大変だった。

電話帳やメールのインポートは一発で出来た。
問題はおサイフ機能。SIMカードを入れ替える前にEdy・nanacoの2つ
の電子マネーは残高をセンターに預け、ヨドバシゴールドポイント
web連携を確認した上でアプリを削除した。で、新しい方の端末で全て
をセットアップしようとしたところ・・・。

以前は存在していた「iアプリストア」が既にサービスを停止(^^;)。
nanacoアプリ・Edyアプリ・ヨドバシアプリをそれぞれ探さなければ
ならなかった。nanacoとヨドはすぐに見つかったが、肝心のEdy用の
iアプリが全く見当たらない。どうやら携帯用EdyサイトiMode
アクセスしないとダウンロードリンクが表示されないようになってい
たらしく、コレを見つけるまでに30分を費やしてしまった(–X)。

しかも、↑↑のように、機種毎に最適化されていないアプリしか残っ
ていない。以前は全画面で表示されていたEdyアプリの画面が、上下
にスペースのある間抜けな状態での使用を余儀なくされてしまった。

・・・正直思いましたよ、ガラケー間もなく終わるって(^^;)。
FOMAの電波っていつまで出てるのかなぁ、マジで(^^;)。

豚骨一燈・濃厚魚介つけめん

昼過ぎ、備品買い出しでまたもアリオへ。
独立以来、デスクワークの日はもの凄い頻度でココに来てる気がする・・・。
どうもリストラされたサラリーマンのような気分なのだけど、まぁいいか。
ということで今日の昼食もこちらで。

豚骨一燈 葛西店・濃厚魚介つけめん
オープン以来通っているが、これまでつけめん系を一切食べていないこと
に気付き、とにかくまず看板メニューの「濃厚魚介つけめん」をチョイス。
本来、このお店ならコレを最初に食べないとダメなんだけど(^^;)。

考えてみると、こういうバリバリ魚介系のつけめん自体が久しぶり。
ラーメンよりも3段階くらいドロドロなつけ汁はさすがに強力で、インパ
クトはなかなか。これが太麺に絡むと今風な東京魚介つけめんが完成する。

・・・久しぶりの所為か、なかなか美味い
どちらかと言えばラーメン派な僕だが、たまにはこういうつけめんも良い
かもしれない、と思った。でも、もはや魚介ドロドロ系ヘビーには食べ
られない、ということも自覚(^^;)。年取ったなぁ、やっぱり(^^;)。

とにかく、後はカレーつけめんを食べればこのお店の全メニュー制覇。
体調の良い時に挑戦しよう、うん。

参考:豚骨一燈葛西店(RDB)

SUNTORY BEER RECIPE ORANGE

I社E社長より頂いたお誕生日プレゼント
「海の向こうのビアレシピ・オレンジピールのさわやかビール」という
長い名称のビールをなんと2ケースも。

話を聞いた時からいつか試してみたい、と思ってたのだが、コンビニ等
では手が伸びず。何故かと言うと、パッケージデザインすら知らなかっ
たから(^^;)。勉強不足だな、うん。

で、さっそく冷やして飲んでみたら、ちょっと驚いた
こういうフルーツテイストのビールは海外等で何度か飲んだ記憶がある
のだが、どれも最初は良い感じ→途中で普通のビールが飲みたくなる
ループ。ところがこのビール、オレンジテイストの感じ方が他と全く
違う・・・。

まず、飲んでいる段階では完璧なビール。一口飲み終わって「プハ〜」
となったところで、口中いっぱいにオレンジのテイストが広がる、と言
2段階仕掛け。こういうのは初めて経験したかもしれない。

もうコンビニでビール買う時はコレをチョイスする気がする(^^;)。
すばらしいプレゼントでした! ありがとうございます!