『正しいプロレスラー』

#バトルライガー・両国で壮絶に散る


新日本プロレス「KING OF PRO-WRESTLING」両国国技館。
年明けドームのメインカードが確定する重要な大会であり、IWGP王者
のオカダ・カズチカ、権利証保持者の飯伏幸太がそれぞれ最後の防衛戦
を行う日。しかし、その2つを差し置き、最も事前の注目を集めたのは、
第4試合に組まれたスペシャルシングルマッチだった。

獣神サンダー・ライガーvs鈴木みのる
上半身裸のバトルライガー仕様で花道に姿を現したライガーに大歓声。
この姿を観ただけで、僕も唸りとも叫びとも言えない変な声が漏れた。



打撃関節技を主体とした闘いは、二人の「原点」を思い起こさせる攻防。
体格に劣るライガーだが、前半はあの鈴木を相手に五分以上に渡り合った。
この時点で僕はもう号泣していた。




しかし、ペースは徐々に自力に勝る鈴木へ傾く。
スタミナを使い果たしたライガーはそれでも食い下がったが、スリーパー
からゴッチ式パイルドライバーという鈴木の必勝パターンが決まり、敢え
なく試合は終了。ライガーは完膚なきまでに叩きのめされた


試合後、イスを持ち出した鈴木だが、ダウンするライガーの前でイスを投
げ捨て、その場で土下座。この試合にタイトルマッチを凌ぐ価値観を創っ
てくれたのは間違い無く鈴木みのるである。あまりに見事なプロフェッシ
ョナル振りに感服した。

・・・おそらく今日は、実質的な獣神サンダー・ライガーの引退試合だった
のだと思う。退場時、リングに向かい深々と礼をしたライガーは、最後に
全力を出せた、という達成感に満ちていた気がする。

ある作家はライガーを「正しいプロレスラー」と称した。
30年以上、ずっと変わらずに僕の正しいプロレスラーで在り続けてくれ
た獣神サンダー・ライガーに、心から感謝する。

最終章もやっぱり最高だった。何度言っても言い足りない「ありがとう」
を、僕は東京ドームで直接ライガーに言わなければならない。

バカサバイバーの逆襲

#ジャパニーズMMA・舐めんなよ!


夜になってからふと思い出し、abemaTVでONE Championship・両国大会
観戦。最近はMMAの大会に殆ど興味が持てなくなっているのだが、この男の
試合だけは別。


青木真也vsホノリオ・バナリオ
ホノリオのことは全く知らなくて申し訳無い気持ちもあったのだが、今後も
思い出すことは無い気がする。何故ならば・・・。


開始後すぐにテイクダウンを取り、あっという間にサイドポジションを取っ
てしまった青木。そのままスルスル首・手を引っかけ、あっという間に得意
ダースチョーク。為す術なくひっくり返ったホノリオだが、出来ることは
タップすることくらいであった。

僕は一貫して青木真也という総合格闘家が大好きである。
勝つ時も負ける時もとにかく圧倒的な存在感を示せるのは、プロの格闘家と
して満点。観客を退屈させないことに関しては日本一だと思う。

MMAプロモーションのONE、今日を見る限りではなかなかの面白さ。
天心や朝倉みたいな若いスター選手が出てくれば、一層面白くなる気がする。
少なくともRIZINよりは好きだな、コッチの方が。

19 Nervus Breakdown

#…still alive…


・・・異様な光景だった。
外れの方にあるとは言え、僕の住む街も一応東京23区内。それなりに
も居るハズだし、それなりにたくさんの店がある。しかし、店の殆どが
シャッターを下ろし、人通りも全く無い。更に首都圏では、殆どの交通
機関がストップした。毎日聞こえて来るハズのディズニーランドの花火
の音も、今日は聞こえない。

夜9時、風雨がピークに達したところで多摩川氾濫のニュース。
ウチの近くにも荒川・旧江戸川という同様の大河川があり、緊張感
どんどん増して行く。0時を回ったところまで全く安心出来なかった。

ピーク時、ヒマワリのプランターが倒れていることに気付き、暴風雨
のバルコニーに一瞬だけ出たのだが、それだけでハッキリと「恐怖」
ちょっと前まで台風にワクワクしていた自分が信じられない。

家に居られて本当に良かった。
もし予定通り東北の仕事に無理矢理行っていたら、一生後悔すること
になったかもしれない。早い判断をしてくれた皆様に感謝。
そして「判断」の大事さについては、また場所を改めて。

逃ゲ場無シ!

#ゼロメートル地帯


↑↑、ウチの近辺の水害避難所マップ
僕の家がどこにあるのか知ってる人なら解ってもらえると思うのだが。
ウチの近所には水害・・・冠水や洪水など・・・時に利用出来る避難所が無い

旧江戸川荒川に挟まれている我が街の通称は「ゼロメートル地帯」
川が氾濫してしまったら、もう逃げ場は無い、ということ。
コレは宿命だと思って受け止めるしか無いなぁ、さすがに。

・・・酷い台風になりませんように!

麺処 瓦屋・フグ天瓦そば

#名物でも美味いモノアリ!


山口本番無事終了。
宿でステキなご飯を用意してくれており、それも美味しく頂いたのだが、
名プロデューサーのS子さんが「クルマで30分のところに24時間営業の
瓦そば屋があるみたいだよ」、とアクマの囁き(^^;)。ええ、行きました
よみんなで(^^;)。

麺処 瓦屋・フグ天瓦そば
山口名物瓦そばだが、コレに山口グルメの頂点であるフグの天ぷら
2尾トッピングした豪華版。まずはこの見た目の豪快さを楽しんで欲しい。

このお店、なんと中国自動車道・美東サービスエリアの中にある。ただ、
SAの外側にも駐車スペースがあり、高速利用者以外でも利用出来るよう
になっている。なるほど、だから24時間営業なのね、凄い。

ちなみに肝心の味だが、これがかなり美味い
瓦で焦げた部分が特に美味、フグ天の揚げ方も高レベル。パーキング飯
のレベルではない、本当に美味しい瓦そばが食べられます。

山口でレンタカーを借りてドライブする人は絶対寄って欲しい。
オススメです!

参考:麺処 瓦屋(食べログ)