村田諒太、初防衛に成功!

#ミドル級王座を防衛する意味


井上尚弥の活躍もあり、やたらと盛り上がった2019年の日本ボクシング。
今年最大にして最後のビッグマッチは、この男の試合であった。

WBA世界ミドル級チャンピオンシップ
正規王者村田諒太に、KO率80%のカナダ人、スティーブン・バトラー
が挑んだ一戦。この試合、村田がかなり苦戦すると思っていたのだが・・・。

1Rから主導権を握ったのは村田。バトラーも重そうなパンチを振り回して
来るのだが、村田の屈強なガードがなかなか越えられない。序盤、ボディ
への攻撃が何度か村田を捉えたのだが、その殆どをクロスガードで防いで
見せた村田に唸る。3Rくらいで負けは無い、と確信した。


KOラウンドである5Rの村田の攻撃は本当に見事だった。
回復の早い新鋭を手玉に取り、ロープに追い詰めた上での左フック。タフ
なバトラーもこの攻撃には耐えられず、ノーカウントで村田のKO勝ち。
思わず快哉を叫んでしまった。

試合後のインタビューで村田本人が語ったように、これからは「リアル」
な試合をするべき。となると、相手はカネロゴロフキンの2択。正直言
って勝つのは非常に難しい相手だが、もしかしたら、があるかも。
今日の村田はそれを充分に期待出来るファイトを魅せてくれたと思う。

ミドル級の世界王座を日本人が防衛したのはコレが初めてな気がする。
今回はその偉業を称えると共に、今後良い意味での「番狂わせ」に期待。
1:10の確率だが、もしかしたら村田諒太は僕らに夢を魅せてくれるかも

風雲急を告げるバンタム級・井上の対戦相手は?

#バンタム級世界戦線


英国・バーミンガムで行われたWBO世界バンタム級王座統一戦
正規王者ゾラニ・テテ暫定王者ジョンリル・カシメロが挑んだ一戦。
テテはWBSS負傷途中棄権しており、「ドネアから逃げた」とウワサ
される始末。ここですっきり勝ち、井上尚弥との対戦を実現したいところ
だったのだが・・・。

カシメロ一方的な展開
3R、強烈なボディでダウンを奪ったカシメロは正規王者を蹂躙。テテに殆
ど何もさせないまま王座統一に成功。バンタム級にまた一人、面白そうな
選手が出てきた。

しかし、両者共に井上のレベルまで達しているか?と問われると、?マー
を付けざるを得ない。この試合によってテテは完全に権利を無くしたが、
勝利したカシメロ、更にWBC王者ウーバーリでも、今のところ井上に全
く勝てる気がしないのだが・・・。

となると、次に井上が対戦すべき強敵はスーパーバンタム級から降りてく
ギジェルモ・リゴンドーくらいか? 相応しい対戦相手を探すのが困難に
なってきたなぁ、井上尚弥。

井上尚弥 / ノニト・ドネア

#This is THE BOXING #怪物 #WBSS


待ちに待ったWORLD BOXING SUPER SIRIES・バンタム級決勝戦
超満員のさいたまスーパーアリーナ、カードは井上尚弥vsノニト・ドネア
早いラウンドでのKO勝利が期待された井上だが、この試合がとんでもない
ことになった。


1Rの攻防では、明らかにパンチ力で上回る井上の快勝が予想されたのだが、
2Rにドネアのフックで井上が右瞼をカット。井上のこれまでのキャリアで
初の流血。このラウンド以降、ずっと井上はハンデを背負う事になる。

それでも中盤の5Rは井上らしい展開でドネアを追い込む。しかし、これま
ではこの必勝パターンでKOに繋がらなかったことは無かった。そもそも、
5Rかかるなんて・・・。

ピンチを凌いだドネアは井上の強打に「閃光」と呼ばれる左フックで対抗。
9Rには見事な一撃を当て、怪物をふらつかせる。クリンチに行く井上の姿
なんて、これまで見たことが無い。もしかしたら、という悪い予感が・・・。


ところが11R、接近戦で井上の「恐怖」と呼ばれる左ボディ・肝臓打ち
炸裂。これにはたまらずドネアもダウン。10カウント入ったかと思われた
が、ギリギリで立ち上がるドネア。フラフラだが、目は死んでいない

最終ラウンドに入っても全く手を止めようとしない両者。あまりにすばら
しい「THE BOXING」に、感動を抑えることが出来なかった。


12R終了のゴングと同時にノーサイド。判定も聞かずに抱き合う両者に、
万雷の拍手が。こんな試合、今後また観られるかどうか解らない

WBSSバンタム級覇者井上尚弥
ただ、今回の主役は間違い無く36歳五階級制覇王者ノニト・ドネア
だったような気がする。

井上尚弥が「辛勝」を経験してしまうのがボクシングの怖さ。でも、こ
の試合でまた1段階井上は強くなる、と確信した次第。

次の相手は弟・井上拓真を破ってWBCバンタム級統一王者となったウー
バーリ、あるいは「日本ボクシング界の天敵」か。まだまだ井上尚弥か
ら目が離せない状況は続く!

GREAT BIG REVENGE

#村田諒太 #ミドル級世界戦線


エディオンアリーナ大阪で行われたWBA世界ミドル級タイトルマッチ
王者ロブ・ブラントに挑んだのは、前同級王者の村田諒太。いわゆる、
リベンジマッチである。

前回ラスベガスで行われた試合の時は、村田が「伏兵に足をすくわれる」
展開。当時のブラントはまだ無名であり、KOはともかく村田の勝利は動
かない、と予想された試合だったが、結果は村田の「惨敗」
正直、僕はあの試合が村田のラストマッチだった、と勝手に思っていた。

両者共に気合い充分
やや堅さの見える村田に対し、既に1度タイトルを防衛しているブラント
は余裕の表情。オープニングから出入りの激しい左右の連打を繰り出し、
村田の出鼻を挫こうとしていたのだが・・・!。


連打の殆どをガードで裁き、少ない手数ながらも強烈な一撃を返して行く
村田。特にボディブローは強烈で、1Rの途中からブラントの顔色が確実に
変わっていく。


こうなるともう村田の世界で、2Rはボディからの左右ワンツーが面白いよう
に当たる。1度目のダウンの時点で、事実上試合は終了していたように思う。

最後は村田の強打を浴びながら棒立ちになったブランドを見てレフェリー
が試合をストップ。見事に村田がリベンジを果たし、WBA世界ミドル級
王者返り咲いた!!

試合後のリング上で感極まった表情を魅せた村田。見ていたコチラが思わ
ず貰い泣きしてしまうくらい、感動に溢れたシーンだった。
前回を見る限り、村田の勝ち目は限りなく薄いと思われた試合だが、下馬
評を覆す見事な完勝劇。ここに来ての復活、もの凄く嬉しい。

完璧なリベンジマッチではあったが、村田は再びスタートラインに立てた
だけだと思う。本当のミドル級世界王者を名乗るのであれば、スーパー王
者のカネロ・サウス・アルバレスゲンナジー・ゴロフキン、同じ元五輪
金メダリストのWBO王者、デメトリアス・アンドラーデあたりと勝負し、
勝利する必要がある。日本人には到底届かないと思われたミドル級で、真
の王者になれるチャンスは村田にしか無い

もう一度夢を見せてくれ!>WBA世界ミドル級チャンピオン・村田諒太!

那須川天心vs亀田興毅

#ボクシングルール #TVマッチ


abemaTVの企画「那須川天心をKOしたら1,000万円」シリーズのスペシャル、
那須川天心vs亀田興毅のボクシングルールによる3Rマッチが本日オンエアされた。

天心は好きだが、この企画はどうも好きになれず、これまで一度も観たことは
なかったのだが、今日はさすがに視聴した。天心の「ボクサーとしての実力」
確認するためである。

いろいろあった亀田興毅だが、まがりなりにも3階級制覇を達成したボクサー。
正直、現役時代のどの試合も話題性以外のインパクトは無かった選手だが、一点
だけ観るべきところがあるとすればディフェンスの巧みさ。さすがに天心も攻め
あぐねるんじゃないか?と思っていたのだが・・・。


ルールは3分3Rのボクシングルール12オンスグラブ及びヘッドギア着用。
1Rから天心のが冴え、回転の速い連打が面白いように当たるのだから凄い。
特に開幕に放ったテンプルへのフックは強烈で、ヘッドギアが無かったら興毅
はKOされていたと思う。


最終の3R、なんと両者はヘッドギアを外して再開
押され続けていた興毅も意地を見せ、幾つかのパンチを当てたのだが、天心の
回転は全く止まらず。KOこそ逃したものの、内容的には天心の「快勝」だった。

那須川天心、純粋にボクシングをやったとしても、世界を狙えるレベルにある、
と感じた。一方、またもやボクシング界に泥を塗った形となった亀田興毅だが、
これまでの亀田の試合でいちばん良かった気がする。終盤、あきらかにやせ我
慢しながらの「打ってこい!」には、不覚にも感動した。現役時代に1試合でも
こういう試合を魅せてくれたら、もっと人気が出たんじゃないか?と思った。

前夜、日本ボクシングコミッションと日本プロボクシング協会が共同声明を出し、
格闘技界やネットテレビなどで行われている「ボクシング」と銘打つイベント
否定的な立場を表明した。思わぬ逆風の吹いた企画だが、エキシビションのレベ
ルを上回る試合を魅せてくれた2人の選手に感謝したい。

ただ、天心はもうこの手の企画に乗らないで欲しい、とも思う。
今後プロボクサーとの対戦が組まれたとしても、ルールはMMAかキックで体重
の釣り合う選手とのみ試合して欲しいのが本音。ボクシングルールは天心にも
対戦相手にもリスクが大きすぎるので・・・。