LEON SPINKS

#NEON LEON #THE JUNK


WBA・WBC統一世界ヘビー級王者レオン・スピンクス氏が、2月5日
に死去。死因は明らかでは無いが、前立腺癌でかねてより闘病中であった。
享年67

故人に敬意を表し、以下敬称略で記載します。

モントリオール五輪金メダリストであり、プロでの世界王座獲得はあの
モハメド・アリを破ってのモノ。本来なら『伝説』の位置に居てもおかし
くない実績なのにも関わらず、ボクシングから退いた頃の生活は荒れ、一
時はホームレスにまで身を落としたという。

↑↑このアリ戦も「世紀の番狂わせ」と形容された。
確かにアリの動きは鈍く、後日アリ本人も練習不足であったことを認めて
いるが、実はスピンクスの攻めもなかなかのモノ。フロックであったこと
は間違いないと思うが、ラッキーだけでアリに勝つことは出来ない

そんなスピンクスを何故僕らが覚えているのかというと、アントニオ猪木
の対戦相手としてプロレスのリングに上がったから。あの試合は正直酷い
内容だったが、スピンクスは意外なカタチで日本のプロレスと関わりを持
ち続けることになる。

なんとFMWに参戦し、大仁田厚金網デスマッチで対戦する、という、
あまりにトリッキーな復活。しかも、通常のシリーズに全戦参加し、いわ
ゆる「ドサ回り」までこなした。この時期のFMW、僕は何度も会場で観て
いたのだが、この時のスピンクスは動きも良く、プロレスラーとしてしっ
かり成立。ボクシング出身のプロレスラーとしては、今もNO.1だと思う。

ボクシングの元世界王者でありながら、そのジャンクっぷりが際立つ、
あまりに見事な生き様だった。次の機会が出来れば、今度はスピンクスの
ちゃんとしたボクシングの試合が観たい。

だからまた必ず、どこかで。

井岡一翔 vs 田中恒成

#「意地」


大晦日といえば大体格闘技なのだが、今年のRIZINはライブで観ようという
気に全くならない。これは選手の問題ではなく、大会運営側の体勢・姿勢
が死ぬほど気に入らない、ということ。で、チョイスしたのが↓↓の試合。

WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチ
四階級制覇の王者・井岡一翔に、デビュー当時の井上尚弥と同等に近い評
価を受ける三階級制覇王者田中恒成が挑んだ試合。下馬評では若い田中
が有利とされていたのだが・・・。

1Rは田中のペース、だと思った。かなり早い段階で世代交代となる、と
思っていたのだが、2Rで様子が変わった。ガードを固めつつジャブをま
とめる井岡に対し、田中の足が動かない

そして5R、井岡の狙い澄ましたカウンター左ジャブで、絵に描いたよう
なダウンを喫する田中。なんとか立ち上がりこそしたものの、田中のこ
ういう倒れ方は見たことが無い。

以降は完全に井岡のゲーム。田中も怯まずに前に出たモノの、終始冷静
に有効打を与えた井岡は、結果3つのダウンを奪い、貫禄のTKO勝ち

・・・正直、僕の井岡に対する評価はかなり低かったのだが、この試合に
関しては「最高」と評価する。王者として、先輩として、そしてとし
ての『意地』で、最強の挑戦者を退けて魅せたのだから。感服である。

アンダーマッチでバンタム級の東洋太平洋王座を奪取した比嘉大吾も合
わせ、Ambition GYM周辺の選手たちも大いに期待出来る。年末に良い
試合が観られて、本当に良かった。来年もよろしくね!

TYSON vs JONES Jr.

#IRON


正直、最初に試合開催のニュースを聞いた時には「何を馬鹿げたことを・・・」
と思っていた、マイク・タイソンvsロイ・ジョーンズJr.のボクシング・エキ
シビションマッチ。どんなお茶の濁し方をするのか、と思っていたら・・・。

両者共にあまりに「本気」。特に身体を絞り、全盛期とは言わないまでも、
スピード感溢れる攻撃を繰り出すタイソンの姿は、神々しささえあった。
相手のジョーンズは失礼ながら殆ど試合を観たことの無い選手だったのだが、
デトロイト・ヒットマンスタイルを使いこなすトリッキーな闘いを仕掛けて
来る実力者。おもしろくないワケが無かった。

1R2分エキシビションとはいえ、8Rをフルに闘い続けた両者に感嘆した。
ジョーンズは51歳、タイソンに至っては54歳。そんな2人が本気丸出しで
闘う姿はに、不覚にも感動してしまった。

日本で大金を儲けようとしている元世界チャンピオンに言いたい。
・・・これこそが、本当のエキシビションマッチだ、と。
相手にするのなら、異分野の格闘家、いわゆる素人のボクサーではなく、
引退した選手でも現役の選手でも構わないから、同階級・同じレベルの
「プロボクサー」「真剣なショー」をしてもらいたい。そうでない限り、
僕はアイツを認めたくない。

・・・まぁ、タイソンとアイツとでは、ボクサーとしての価値天と地程の
差はあるんだけど(^^;)。

いつまであるか定かではないけど、一応フルラウンドを!

MONSTER is BACK!

#PFP #LAS VEGAS


ラスベガスで行われたWBAスーパー&IBF世界バンタム級タイトルマッチ
王者の井上尚弥にオーストラリアのジェイソン・モロニーが挑んだ一戦を、
WOWOWエキサイトマッチライブにて観戦。

モロニーに対する予備知識は、WBSSでロドリゲスに判定で敗れた、くら
いしか無かったのだが、試合が始まったところで“かなり良い選手”である
ことに気付く。

勇敢にも怪物の懐に飛び込み、有効打こそ無いものの果敢に拳を振る。
なにが凄いかというと、尚弥の「恐怖」と表現されるボディブローをある
程度耐えて魅せたところ。距離を取られそうになるとクリンチ、という戦
方は褒められたモノでは無いが、ハートも身体も打たれ強い。これは長い
試合になるかも、と思ったら・・・。

6ラウンド最初のダウンを取った左フックは、正直全く見えなかった。
打ち合いの最中であの左を出せる、というのは、よっぽど実戦練習を積ま
なければ出来ない芸当。ダメージは少なかったが、この時点でほぼ試合の
結果を確信した。

7ラウンドは突き刺すような左ジャブのみで試合を支配。コレに翻弄され
たモロニーに一瞬出来た隙を見逃さず、完璧な右ストレート。足から崩れ
た挑戦者は、もう一度立ち上がる事は出来なかった。

前半はちょっとハラハラしたが、終わってみればあまりにも井上尚弥らし
いボクシング。おそらく日本ボクシング史上、最強かつ最高のボクサー
ある、と思う。

次はカシメロか、ウーバーリか・・・。どちらが出て来ても、尚弥が負ける
イメージが全く出来ない。4階級制覇もあるなぁ、コレは。

Fury vs Wilder II

#Gypsy King


“世紀の再戦”として行われたWBC世界ヘビー級タイトルマッチ
王者のデオンティ・ワイルダータイソン・フューリーが挑んだ
一戦を、WOWOWエキサイトマッチでチェック。

ヘビー級はしばらくワイルダーの天下が続くと思っていたのだけど、
今回のフューリー鬼のように強かった。1Rから強打のワイルダー
の右を許さず、迫力満点の左ジャブをおもしろいように当てる。2R
でダウンを奪ってからはフューリーの独壇場で、難攻不落と言われ
た無敗のワイルダーを7RTKO。見事にWBC王座に返り咲いた。

・・・いやぁ、これぞヘビー級
一発々々の重さがやたら伝わるし、さらにフューリーはテクニカル
ですらあった。ファイト内容にムラがあるのがフューリーの弱点と
されているが、今日のような試合を見せつけられると、誰もフュー
リーに挑戦しようとしないと思う。

一方、ワイルダーの今後がちょっと心配。
非凡なチャンピオンであるのは認めるが、この完敗はやはり痛い。
復活してくれるといいんだけど・・・。