GREAT BIG REVENGE

#村田諒太 #ミドル級世界戦線


エディオンアリーナ大阪で行われたWBA世界ミドル級タイトルマッチ
王者ロブ・ブラントに挑んだのは、前同級王者の村田諒太。いわゆる、
リベンジマッチである。

前回ラスベガスで行われた試合の時は、村田が「伏兵に足をすくわれる」
展開。当時のブラントはまだ無名であり、KOはともかく村田の勝利は動
かない、と予想された試合だったが、結果は村田の「惨敗」
正直、僕はあの試合が村田のラストマッチだった、と勝手に思っていた。

両者共に気合い充分
やや堅さの見える村田に対し、既に1度タイトルを防衛しているブラント
は余裕の表情。オープニングから出入りの激しい左右の連打を繰り出し、
村田の出鼻を挫こうとしていたのだが・・・!。


連打の殆どをガードで裁き、少ない手数ながらも強烈な一撃を返して行く
村田。特にボディブローは強烈で、1Rの途中からブラントの顔色が確実に
変わっていく。


こうなるともう村田の世界で、2Rはボディからの左右ワンツーが面白いよう
に当たる。1度目のダウンの時点で、事実上試合は終了していたように思う。

最後は村田の強打を浴びながら棒立ちになったブランドを見てレフェリー
が試合をストップ。見事に村田がリベンジを果たし、WBA世界ミドル級
王者返り咲いた!!

試合後のリング上で感極まった表情を魅せた村田。見ていたコチラが思わ
ず貰い泣きしてしまうくらい、感動に溢れたシーンだった。
前回を見る限り、村田の勝ち目は限りなく薄いと思われた試合だが、下馬
評を覆す見事な完勝劇。ここに来ての復活、もの凄く嬉しい。

完璧なリベンジマッチではあったが、村田は再びスタートラインに立てた
だけだと思う。本当のミドル級世界王者を名乗るのであれば、スーパー王
者のカネロ・サウス・アルバレスゲンナジー・ゴロフキン、同じ元五輪
金メダリストのWBO王者、デメトリアス・アンドラーデあたりと勝負し、
勝利する必要がある。日本人には到底届かないと思われたミドル級で、真
の王者になれるチャンスは村田にしか無い

もう一度夢を見せてくれ!>WBA世界ミドル級チャンピオン・村田諒太!

那須川天心vs亀田興毅

#ボクシングルール #TVマッチ


abemaTVの企画「那須川天心をKOしたら1,000万円」シリーズのスペシャル、
那須川天心vs亀田興毅のボクシングルールによる3Rマッチが本日オンエアされた。

天心は好きだが、この企画はどうも好きになれず、これまで一度も観たことは
なかったのだが、今日はさすがに視聴した。天心の「ボクサーとしての実力」
確認するためである。

いろいろあった亀田興毅だが、まがりなりにも3階級制覇を達成したボクサー。
正直、現役時代のどの試合も話題性以外のインパクトは無かった選手だが、一点
だけ観るべきところがあるとすればディフェンスの巧みさ。さすがに天心も攻め
あぐねるんじゃないか?と思っていたのだが・・・。


ルールは3分3Rのボクシングルール12オンスグラブ及びヘッドギア着用。
1Rから天心のが冴え、回転の速い連打が面白いように当たるのだから凄い。
特に開幕に放ったテンプルへのフックは強烈で、ヘッドギアが無かったら興毅
はKOされていたと思う。


最終の3R、なんと両者はヘッドギアを外して再開
押され続けていた興毅も意地を見せ、幾つかのパンチを当てたのだが、天心の
回転は全く止まらず。KOこそ逃したものの、内容的には天心の「快勝」だった。

那須川天心、純粋にボクシングをやったとしても、世界を狙えるレベルにある、
と感じた。一方、またもやボクシング界に泥を塗った形となった亀田興毅だが、
これまでの亀田の試合でいちばん良かった気がする。終盤、あきらかにやせ我
慢しながらの「打ってこい!」には、不覚にも感動した。現役時代に1試合でも
こういう試合を魅せてくれたら、もっと人気が出たんじゃないか?と思った。

前夜、日本ボクシングコミッションと日本プロボクシング協会が共同声明を出し、
格闘技界やネットテレビなどで行われている「ボクシング」と銘打つイベント
否定的な立場を表明した。思わぬ逆風の吹いた企画だが、エキシビションのレベ
ルを上回る試合を魅せてくれた2人の選手に感謝したい。

ただ、天心はもうこの手の企画に乗らないで欲しい、とも思う。
今後プロボクサーとの対戦が組まれたとしても、ルールはMMAかキックで体重
の釣り合う選手とのみ試合して欲しいのが本音。ボクシングルールは天心にも
対戦相手にもリスクが大きすぎるので・・・。

“THE MONSTER” in Europe

#怪物 #WBSS


WORLD BOXING SUPER SIRIESバンタム級準決勝英国・グラスゴー大会
WBA同級王者井上尚弥が、IBF同級王者エマヌエル・ロドリゲスに挑んだ
試合。何故に「挑んだ」と表現しなければならないか?と言うと、IBFがWBA
スーパー王座以外のタイトルとの統一戦を認めなかったから。従ってこの試合、
IBF世界バンタム級選手権として行われたワケだが・・・。

前日から完徹し、朝4時半WOWOW生中継をリアルタイムで。
1R、あの井上に対してプレッシャーをかけてきたロドリゲスにまず驚く。さす
がに「事実上の決勝戦」に出てくる選手だけあり、井上の強打を恐れずに前に
出る。それだけでも凄いのに、クリーンヒットを許さずにカウンターを狙って
来た。実際、ヤバそうなパンチが1・2発。今回はマズい、と思ったのだが・・・。

2Rに入ると、井上が一段ギアを上げた。この段階でもうロドリゲスは付いてく
ることが出来ず、接近戦で井上の完璧な左フックが炸裂し、致命的なダウン。
なんとか立ち上がったロドリゲスだが、追撃の「恐怖」と表現されるボディブ
ローで敢えなく二度目のダウン。

↑↑はそのボディを喰らった直後のロドリゲス。セコンドに向かって首を横に
振り、「もう無理だ」の表情。それでも立ち上がった根性は立派だったが、既
に戦闘意欲は無く、井上のラッシュで崩れ落ち、レフリーが試合を止めた。

井上尚弥、IBF世界バンタム級王座獲得!
一応、事前に「もしかしたら・・・」を何度もシミュレーションしてみたのだが、
そんなもの全く必要無かった。今回井上の創った記録は、日本人選手として初
となる欧州での防衛達成、公認4団体(WBA・WBC・IBF・WBO)全てのベル
ト獲得、リングマガジンベルト獲得、その他諸々。もはや、国民的英雄である。

WBSS決勝戦の相手は日本ボクシング史に残る名王者・西岡利晃に引導を渡し
たフィリピンのノニト・ドネア。現在、WBA世界バンタム級スーパー王者で、
個人的には大好きなボクサーだが、今の井上に太刀打ち出来るとは思えない。

WBSS制覇はもうすぐ。その後はおそらく一階級上のスーパーバンタム級で王
者を目指すことになると思うのだが、その前に・・・。
アイツをもぉ原型がなくなるくらいボコボコにして欲しい。日本ボクシング界
をトコトンバカにしてくれたヤツを、井上尚弥ならぶちのめしてくれる筈。

とにかく、名実共に「世界一」はほぼ確定。
しかしこの怪物、まだまだ成長過程なんだよね・・・。すげぇなぁ・・・。

メイウェザー、大晦日出ないってよ

・・・あ〜、早くもそういうこと、という感じ。
今朝ポストされたフロイド・メイウェザーJr.instagramにて、大晦日
那須川天心戦キャンセルする、的な長文が。自身はエキシビション
マッチのつもりだったのに通常の試合とされた、と憤っているらしい。

メイウェザーを責めるつもりは毛頭無い。
考えてみれば天心と闘っても彼になんのメリットも無い。10kg以上軽い
キックボクサーとボクシングルールで試合をしても、まぁ勝って当然だし、
もし負けでもしたら大ダメージ。コレを回避するのは当然の権利なのだ
から。

これはもうRIZIN運営側の問題。
まずはきっちりと「試合契約」が済んだ状態で会見に臨んだのか?とい
うのをハッキリさせるべき。世間を大騒ぎさせ、たった3日後やっぱり
やりません、というのはちょっと酷すぎる。すっかりやる気になり、あ
マクレガーとSNSでやり取りまでして煽りに加わった天心気の毒
ならない。

RIZINのやるべきことはたった一つ。なんとしても大晦日にメイウェザー
を引っ張りだしてくること。それ以外に名誉回復の方法は無いと思う。

そして、THE MONEYにも一言言いたい。
・・・モハメド・アリは、受けたぜ?!

フロイド・メイウェザーJr. vs 那須川天心

・・・さすがにビックリした。
本日都内で行われた記者会見で、RIZINが大晦日のカードを一部発表。
全くノーマークの会見だったのだが、そこで発表されたカードは・・・。

フロイド・メイウェザーJr. vs 那須川天心
まさか、まさかのメイウェザー参戦。それも天心と闘う、となったら、
話題になるのは当然。しかし・・・。

スーパーウェルター級のメイウェザーに対し、天心はスーパーフェザー
。体重差は約13kgもあり、本来であれば組んではいけないカード
だとするなら、「キックあり」のルールが最低条件。そうでないのなら、
正直天心に勝ち目は無い。

ただ、メイウェザーがボクシング以外のルールを受諾するとは思えない。
おそらくウェルター級契約のボクシングマッチになると思うが、そうだ
とすると腹立たしいことこの上無い。

もしRIZINがキックルールでの対戦をメイウェザーに認めさせたら、凄く
このプロモーションを見直すんだけどなぁ・・・。続報に期待。一応。