MONSTER is BACK!

#PFP #LAS VEGAS


ラスベガスで行われたWBAスーパー&IBF世界バンタム級タイトルマッチ
王者の井上尚弥にオーストラリアのジェイソン・モロニーが挑んだ一戦を、
WOWOWエキサイトマッチライブにて観戦。

モロニーに対する予備知識は、WBSSでロドリゲスに判定で敗れた、くら
いしか無かったのだが、試合が始まったところで“かなり良い選手”である
ことに気付く。

勇敢にも怪物の懐に飛び込み、有効打こそ無いものの果敢に拳を振る。
なにが凄いかというと、尚弥の「恐怖」と表現されるボディブローをある
程度耐えて魅せたところ。距離を取られそうになるとクリンチ、という戦
方は褒められたモノでは無いが、ハートも身体も打たれ強い。これは長い
試合になるかも、と思ったら・・・。

6ラウンド最初のダウンを取った左フックは、正直全く見えなかった。
打ち合いの最中であの左を出せる、というのは、よっぽど実戦練習を積ま
なければ出来ない芸当。ダメージは少なかったが、この時点でほぼ試合の
結果を確信した。

7ラウンドは突き刺すような左ジャブのみで試合を支配。コレに翻弄され
たモロニーに一瞬出来た隙を見逃さず、完璧な右ストレート。足から崩れ
た挑戦者は、もう一度立ち上がる事は出来なかった。

前半はちょっとハラハラしたが、終わってみればあまりにも井上尚弥らし
いボクシング。おそらく日本ボクシング史上、最強かつ最高のボクサー
ある、と思う。

次はカシメロか、ウーバーリか・・・。どちらが出て来ても、尚弥が負ける
イメージが全く出来ない。4階級制覇もあるなぁ、コレは。

Fury vs Wilder II

#Gypsy King


“世紀の再戦”として行われたWBC世界ヘビー級タイトルマッチ
王者のデオンティ・ワイルダータイソン・フューリーが挑んだ
一戦を、WOWOWエキサイトマッチでチェック。

ヘビー級はしばらくワイルダーの天下が続くと思っていたのだけど、
今回のフューリー鬼のように強かった。1Rから強打のワイルダー
の右を許さず、迫力満点の左ジャブをおもしろいように当てる。2R
でダウンを奪ってからはフューリーの独壇場で、難攻不落と言われ
た無敗のワイルダーを7RTKO。見事にWBC王座に返り咲いた。

・・・いやぁ、これぞヘビー級
一発々々の重さがやたら伝わるし、さらにフューリーはテクニカル
ですらあった。ファイト内容にムラがあるのがフューリーの弱点と
されているが、今日のような試合を見せつけられると、誰もフュー
リーに挑戦しようとしないと思う。

一方、ワイルダーの今後がちょっと心配。
非凡なチャンピオンであるのは認めるが、この完敗はやはり痛い。
復活してくれるといいんだけど・・・。

村田諒太、初防衛に成功!

#ミドル級王座を防衛する意味


井上尚弥の活躍もあり、やたらと盛り上がった2019年の日本ボクシング。
今年最大にして最後のビッグマッチは、この男の試合であった。

WBA世界ミドル級チャンピオンシップ
正規王者村田諒太に、KO率80%のカナダ人、スティーブン・バトラー
が挑んだ一戦。この試合、村田がかなり苦戦すると思っていたのだが・・・。

1Rから主導権を握ったのは村田。バトラーも重そうなパンチを振り回して
来るのだが、村田の屈強なガードがなかなか越えられない。序盤、ボディ
への攻撃が何度か村田を捉えたのだが、その殆どをクロスガードで防いで
見せた村田に唸る。3Rくらいで負けは無い、と確信した。


KOラウンドである5Rの村田の攻撃は本当に見事だった。
回復の早い新鋭を手玉に取り、ロープに追い詰めた上での左フック。タフ
なバトラーもこの攻撃には耐えられず、ノーカウントで村田のKO勝ち。
思わず快哉を叫んでしまった。

試合後のインタビューで村田本人が語ったように、これからは「リアル」
な試合をするべき。となると、相手はカネロゴロフキンの2択。正直言
って勝つのは非常に難しい相手だが、もしかしたら、があるかも。
今日の村田はそれを充分に期待出来るファイトを魅せてくれたと思う。

ミドル級の世界王座を日本人が防衛したのはコレが初めてな気がする。
今回はその偉業を称えると共に、今後良い意味での「番狂わせ」に期待。
1:10の確率だが、もしかしたら村田諒太は僕らに夢を魅せてくれるかも

風雲急を告げるバンタム級・井上の対戦相手は?

#バンタム級世界戦線


英国・バーミンガムで行われたWBO世界バンタム級王座統一戦
正規王者ゾラニ・テテ暫定王者ジョンリル・カシメロが挑んだ一戦。
テテはWBSS負傷途中棄権しており、「ドネアから逃げた」とウワサ
される始末。ここですっきり勝ち、井上尚弥との対戦を実現したいところ
だったのだが・・・。

カシメロ一方的な展開
3R、強烈なボディでダウンを奪ったカシメロは正規王者を蹂躙。テテに殆
ど何もさせないまま王座統一に成功。バンタム級にまた一人、面白そうな
選手が出てきた。

しかし、両者共に井上のレベルまで達しているか?と問われると、?マー
を付けざるを得ない。この試合によってテテは完全に権利を無くしたが、
勝利したカシメロ、更にWBC王者ウーバーリでも、今のところ井上に全
く勝てる気がしないのだが・・・。

となると、次に井上が対戦すべき強敵はスーパーバンタム級から降りてく
ギジェルモ・リゴンドーくらいか? 相応しい対戦相手を探すのが困難に
なってきたなぁ、井上尚弥。

井上尚弥 / ノニト・ドネア

#This is THE BOXING #怪物 #WBSS


待ちに待ったWORLD BOXING SUPER SIRIES・バンタム級決勝戦
超満員のさいたまスーパーアリーナ、カードは井上尚弥vsノニト・ドネア
早いラウンドでのKO勝利が期待された井上だが、この試合がとんでもない
ことになった。


1Rの攻防では、明らかにパンチ力で上回る井上の快勝が予想されたのだが、
2Rにドネアのフックで井上が右瞼をカット。井上のこれまでのキャリアで
初の流血。このラウンド以降、ずっと井上はハンデを背負う事になる。

それでも中盤の5Rは井上らしい展開でドネアを追い込む。しかし、これま
ではこの必勝パターンでKOに繋がらなかったことは無かった。そもそも、
5Rかかるなんて・・・。

ピンチを凌いだドネアは井上の強打に「閃光」と呼ばれる左フックで対抗。
9Rには見事な一撃を当て、怪物をふらつかせる。クリンチに行く井上の姿
なんて、これまで見たことが無い。もしかしたら、という悪い予感が・・・。


ところが11R、接近戦で井上の「恐怖」と呼ばれる左ボディ・肝臓打ち
炸裂。これにはたまらずドネアもダウン。10カウント入ったかと思われた
が、ギリギリで立ち上がるドネア。フラフラだが、目は死んでいない

最終ラウンドに入っても全く手を止めようとしない両者。あまりにすばら
しい「THE BOXING」に、感動を抑えることが出来なかった。


12R終了のゴングと同時にノーサイド。判定も聞かずに抱き合う両者に、
万雷の拍手が。こんな試合、今後また観られるかどうか解らない

WBSSバンタム級覇者井上尚弥
ただ、今回の主役は間違い無く36歳五階級制覇王者ノニト・ドネア
だったような気がする。

井上尚弥が「辛勝」を経験してしまうのがボクシングの怖さ。でも、こ
の試合でまた1段階井上は強くなる、と確信した次第。

次の相手は弟・井上拓真を破ってWBCバンタム級統一王者となったウー
バーリ、あるいは「日本ボクシング界の天敵」か。まだまだ井上尚弥か
ら目が離せない状況は続く!