Holyfield vs Belfort

#正気の沙汰では無い


フロリダ州で行われたボクシング(風)マッチの件。
元統一世界ヘビー級王者イベンダー・ホリフィールドと、桜庭和志
に完敗した男として不本意ながら日本でも有名な元UFC王者ビクト
ー・ベウフォートの一戦。

当初はビクトーと元6階級制覇王者のオスカー・デラホーヤが闘う筈
だったが、デラホーヤの病欠(コロナ感染?)で大会8日前にホリフ
ィールドにオファーがかかったという。

全盛期のマイク・タイソン2勝しているホリフィールドは、間違い
なくボクシング史に残る選手。だからこそ、この試合のオファーを
「受けた」こと自体が間違い、と思われる内容。力の無いジャブし
か打てない老人が、金目当てで取り敢えずリングに上がったとしか
思えない。

結局、2分間も保たずにレフェリーストップ
試合後、ホリフィールドは不満を口にしたそうだが、レフェリーの
ストップは間違いなく正解。アレ以上パンチを喰らったら、下手す
れば命の危険すらあった。

このなんちゃってボクシング流行りの風潮、ちょっとよろしく無い。
あのビクトーがこんな試合に出ちゃうのも悲しいのだから、以前の
印象が強烈なホリフィールドなら尚更。
そんなに金が無いのかなぁ・・・。う〜ん・・・。

CASIMERO vs RIGONDEAUX

#3位と4位


WOWOWエキサイトマッチでオンエアされたWBO世界バンタム級
選手権王者ジョンリール・カシメロにWBA同級“正規”王者の
ギジェルモ・リゴンドーが挑んだ試合をリアルタイムで観た。

試合前から舌戦(というかカシメロの一方的な罵倒)を繰り広げた
両者だが、試合が始まってもまぁ不穏(^^;)。↑↑の開始前だけで
なく、試合中もこういう感じの場面が多々あった。

肝心の試合は、アウトボクシングのカウンター狙いだけを遂行した
リンゴンドーを、王者のカシメロ追い回す展開。リゴンドーの側
から考えてみれば、パンチのあるカシメロに勝つにはこの展開しか
選択肢が無かった、というところか。結局この状態のまま12Rが過
ぎていき、2-1のスプリットでカシメロが辛くも防衛を果たした。

リゴンドーの一級品だが、12Rやって左の一発も当てられない
のは王者として問題。もし今日の相手がリゴンドーでなくて当初の
予定通りノニト・ドネアであったら、カシメロの王座は今日で終わ
っていた気がする。要するに、今日は世界3位と4位の闘いであった、
ということ。

・・・こんなクソみたいな勝ち方しか出来なかったのに、試合後のイン
タビューで井上尚弥に対してこの態度。あの悪童・ネリに比べれば
まだマシだが、コイツはコイツでマジでクソ(^^;)。

尚弥、マジで頼む! コイツをボッコボコにしてくれ!

HERE IS THE “MONSTER”

#PFP #LAS VEGAS


またもベガスで行われたWBAスーパー&IBF世界バンタム級統一王座戦
王者井上尚弥に挑戦したのは、フィリピンのマイケル・ダスマリナス
戦前の下馬評は、ほぼ10-0で尚弥。前回に続き、比較的軽い相手・・・と
思われたのだが、よく考えればそれがオカシイことが解るハズ。だって、
ダスマリナスはIBF世界ランキング1位なのだから。

もし【怪物】が不覚を取るとするのなら、こういうノーマークの相手
の試合かも、というヘンなドキドキがあった。まがりなりにもトップラ
ンカー、そしてリーチのあるサウスポー。もしダスマリナスが隠れた強
豪だったら?という根拠の薄い(^^;)怖さ。でも・・・。

「完璧」とは、こういう試合。
1Rから距離を取って足を使い、手数を出してくるダスマリナスに対し、
尚弥はほぼベタ足のヘッドスリップのみでパンチを軽々躱す。初回に
直弥の放ったカウンターの左フックは、なんとかスリッピング・アウ
ェイで躱したダスマリナスだが、この段階で実力差を悟った模様。

以降、尚弥の懐に潜り込むことが出来なくなったダスマリナス。
結果的にその弱気が原因で、地獄の苦しみとされる直弥の悶絶ボディ
喰らって3Rで轟沈した。

ほぼ一発も有効打を喰らわずに完勝して魅せた井上尚弥。
次戦は遂にカシメロドネアとの『二冠王対決』が実現する模様。ただ、
どちらが出て来てもおそらく尚弥の牙城は崩せない、と断言できる。
おそらく次の試合で四冠を統一すれば、日本人初のPFP1位となるハズ。

・・・そろそろ次の階級での試合を考えた方が良いかも(^^;)。

Donaire vs Oubaali

#バンタムの象徴


カリフォルニア州カーソンで行われたWBC世界バンタム級王座戦
井上拓真を破って王座に就いたフランスのノルディーヌ・ウバーリが、
WBSS決勝で井上尚弥と名勝負を演じたノニト・ドネアの挑戦を受けた。

・・・いやぁ、ドネアすげぇ
考えてみれば、WBSSでも井上尚弥とちゃんとした試合をすることが出
来たのはドネア唯一人。ウバーリも悪い選手では無いと思うけど、残念
ながら役者が違った感。

当然ドネアは井上との統一戦を希望。そう遠く無い将来、このカードは
実現する気がするし、ぜひもう一度観たいのだが、その前にドネアはも
う一人の「失礼な王者」ジョンリール・カシメロと闘い、二冠王にな
った上で尚弥と再戦して欲しい。そうなったら最高だな、きっと。

天罰、下る!

#ざまぁみろ!


アッチにちょっと書いた件。
先週アメリカで行われたWBA・WBC世界スーパーバンタム級選手権の映像
がYouTubeとかで出回り始めたので、さっそく確認してみた。

WBA王者ブランドン・フィゲロアWBC王者があのルイス・ネリ
珍しく前日計量をパスしたネリ、期せずして正々堂々の戦いになったのだが。

ネットに上がっている映像の殆どがハイライトなのだけど、1ラウンド目
KO回の7ラウンド目で、明らかにネリの動きが違うのに注目。適正体重に合
わせて試合をしたら、案の定スタミナ切れを起こしやがった。

ずっとプロレスファンだった僕は、メキシコ人に強烈なシンパシーを持って
いたのだが、唯一「大嫌い」と言い切れるメキシカンネリ。久しぶりに心
の底からざまぁみろ、と思ったくらい。

そしてもう一つ、注目すべきは新統一王者のフィゲロアさんの動き。
前半、あのネリのスピードにしっかり対応した上、要所で有効打を的確に入
る「正しいボクシング」を展開。あの悪童に天罰を喰らわせてくれたのが、
こういうボクサーで本当に良かった。

今までの所業を考えると、おそらくネリは今後ノーチャンス。
どうせ減量なんて出来ないのだから、スーパーフェザー級くらいの階級で試
合をし、体格の違いでぶちのめされてキャリアを終えればいい、と心から。

もし井上尚弥がスーパーバンタム級まで階級を上げるのであれば、その時は
ぜひフィゲロアさんとの一騎打ちが見たい。長期戴冠して欲しいなぁ・・・。