POUND FOR POUND

#PFP


遂に・・・。遂に、日本人プロボクサーが、世界最高権威を獲得!

米国『THE RING』こと、リングマガジンが独自に選定するPFPランキングにて、
バンタム級三冠王井上尚弥1位を獲得。これで尚弥はカネロウシク、もっ
と言うならアリタイソンと同じ位置まで上り詰めたことになる。

ちなみにPFPとは【Pound For Pound】の略で、凄〜くカンタンに説明すると、
「もし全員が同じ体重だった場合」ランキング。このランキングはESPN
ボクシングシーンなども選定しているが、歴史的に見てリングマガジンのラン
キングが世界でいちばん価値がある、とされる。

・・・一時期、山中慎介で夢を見たが、さすがに叶うことは無かった。
日本人がこの位置に行くなんてことはあり得ない、とある種諦めていたのだが、
井上尚弥の登場で夢が再燃。まさか、本当に実現するとは・・・。

正直、個人的には四冠統一よりもこちらの方が価値がある気がする。
井上尚弥の全盛期に生きてて良かったよ、本当に。

INOUE vs DONAIRE 2

#PFP #三冠王


さいたまスーパーアリーナ、井上尚弥ノニト・ドネア再戦
前回と違うのは、ドネアWBC王座を奪取し、しっかり再戦の資格を持つこ
とをアピールした上での【王座統一戦】であること。

尚弥のキャリアを振り返って考えてみると、間違い無くいちばん苦戦したの
がドネアとのWBSS決勝戦。それだけで充分ドネアに挑戦する権利はあると
思うのだが、世界王者にカムバックしたドネアはおそらく今が“最強”の状態。
いくら尚弥でも、さすがに苦戦する、と予想。

1R、ドネアがいきなり伝説の左フックを振るう。
尚弥は辛うじてガードしたと思ったが、後の談話ではガードを割って被弾し
ていたらしい。一瞬焦ったが、尚弥は逆に冷静になり、ジャブを上下に打ち
分ける丁寧なボクシング。これは長くなるかな、と思ったのだが・・・。

初回終盤、尚弥が離れ際に放った右ストレート・・・チョッピングライト・・・が
ドネアのテンプルを捉える。ドネアはたたらを踏んでダウン。明らかなダメ
ージを抱えたまま、2Rへ。

チャンスを逃さない尚弥は、2R初頭から鬼のラッシュ
見るだけで頭痛がしそうなくらい強烈な連打を食らったドネアは防戦一方。
尚弥は手を止めず、コーナーに押し込んで連打・連打・連打。ドネアがコ
ーナーでうずくまる前に、レフェリーが試合を止めた。

・・・圧巻、としか言い様が無い。
あれからドネアは凄く強くなっている、と思っていたが、井上尚弥はその
何倍も強くなっていたらしい。今日の尚弥の戦いを観る限り、バンタム級
に敵はもう居ない。WBO王者ポール・バトラーは正直格落ちの感はある
が、行きがけの駄賃でタイトルをいただき、日本ボクシング史上初の四団
体統一を果たした上で、スーパーバンタム級でも世界王者になって欲しい。
カシメロ?誰だっけ、それ??

MURATA vs GOLOVKIN

#爪痕


さいたまスーパーアリーナで行われたWBA・IBF世界ミドル級統一王座戦
WBAスーパー王者村田諒太と、IBF王者ゲンナジー・ゴロフキンの対戦は、
あまりに感動的な、歴史に残る一戦となった。

試合序盤、ペースを握ったのはなんと村田
GGG背筋が凍るような左ジャブをものともせず、距離を詰めた村田が強烈な
左右のボディ。あのGGGが、伝説のゲンナジー・ゴロフキンが、明らかに村田
の攻撃を嫌がり、苦痛の表情を見せる。カネロとの試合でも、GGGはこんな顔
を見せなかった気がする。

判官贔屓が凄くある見方だが、3Rまでは明らかに村田のペース・・・な気がした。
この段階で、僕は間違い無く夢を見た。もしかしたら、本当に最強のミドル級
の日本人世界王者が誕生するのではないか?と。

しかし、GGGはやはり規格外の強さ
村田のボディを嫌いながらも、時折強烈に入る左ジャブワンツーの効果は絶
大で、村田の顔はラウンドを重ねる毎に大きく腫れていく・・・。

間違い無く劣勢の村田だが、それでも果敢に前に出てパンチを放つ。
そんな村田の姿を観ていたら、試合の途中なのにも関わらず、涙腺が崩壊した。

9R。あのGGGを相手に、9Rまで勇敢に打ち合った村田を、誰が責められよう。
この一戦で村田はカネロやGGGと同じ土俵に居ることをしっかり証明。そして、
村田諒太というボクサーがオールタイムで最強の重量級日本人ボクサーである
ことも証明された。心から拍手を贈りたい。

おそらく今日を最後に、村田諒太はグローブを壁に掛ける
最後の試合を生涯のベストバウトとし、負け試合にも関わらず観客を感動させ
た村田を、僕は心の底からリスペクトする。最高の試合を、ありがとう!

ReMATCH

#黄金のバンタム


井上尚弥が本日記者会見
2022年6月7日、さいたまスーパーアリーナでのタイトルマッチ開催を発表。

WBA・IBF王者井上尚弥と、WBC王者ノニト・ドネアによる3団体統一
王座戦。今や伝説となりつつある3年前のWBSS決勝の再戦。この試合をきっ
かけに、40歳を手前にしたドネアは大復活。もう一度最強の「挑戦者」とし
て、井上の待つリングに上がる。

本当の気持ちを言えば、ジョンリール・カシメロを破って三団体統一王者と
なった井上が、バンタム級最後の試合としてドネアと再戦、の流れが好まし
かったが、カシメロの現在はウェイト調整の失敗などで惨憺たるモノ。カシ
メロは4月にタイトルマッチの予定があるが、正直期待が薄い。

つまり、この試合が事実上のバンタム級最強王者決定戦
井上の年齢を考慮すると、スーパーバンタムに転向するにはこのタイミング
がベストであり、相手がドネアであれば内容も期待できる、もしかしたら、
負けもあり得るかもしれないのがちょっと心配だが・・・。

とにかく期待大。今度はKOで勝利して欲しいなぁ、尚弥・・・。

2022年4月9日(土)・さいたまスーパーアリーナ

#MEGAMATCH


昨年末に予定されながら、コロナ禍で延期となっていた日本ボクシング史上
最大の【メガマッチ】の日程が、遂に決定した。

2022年4月9日(土)・さいたまスーパーアリーナ
WBA世界ミドル級スーパー王座及びIBF世界ミドル級王座統一戦
WBA王者は日本の村田諒太、IBF王者は元統一王者であり、今もなお最強の
呼び声の高いカザフスタンのゲンナジー・ゴロフキン

この延期が、村田にどのような影響を与えているのか?がカギとなる。
村田がミドル級のトップどころと当たるのはこの試合が初めてであり、これ
までの実績を考えればGGGの絶対的な優勢は否めない。しかし・・・。

村田諒太はオリンピックで金メダルを獲得した男。アマチュアルールでは、
誰よりもテクニックに長けていなければ金は取れないハズで、その村田がこ
の延期された期間を徹底したゴロフキン対策に充てていれば、あの強打者を
封じ込めることができるかもしれない。

今風の言い方なら「ワンチャンある」かもしれない。できることなら、その
ワンチャンの可能性が、この期間で格段に上がっていることを切に願う。

・・・もし勝利すれば、村田諒太は神の領域に達するな、きっと。