映画『騙し絵の牙』

#大泉またもや騙される!


本来、昨年6月に公開予定だった映画「騙し絵の牙」、コロナ禍が原因
で今日まで延期。塩田武士原作小説も、そして大泉洋も大好きな僕と
しては、正に待望の日。もちろんチケット買って初日に鑑賞しました!

・・・開始からわずか3分、様子がおかしいことに気付く。
登場人物の名前に心当たりはあるのだが、ストーリーが原作と全く一致
しない(^^;)、という、ある意味で大惨事(^^;)。僕の場合、30分観た
ところでアタマを切り替え、全く新しいストーリーとして画面を追った。
原作に思い入れのある人たちは怒るだろうなぁ、と思ったけど、個人的
には「コレはコレですげぇ面白い!」という気になったから凄い。

この映画、主演は間違いなく若手女性編集者を演じた松岡茉優
社内政治に翻弄されながら、それでも自分の好きなモノを追い求める
本好きな女性を好演。以前から大好きな女優さんであったけど、この
映画でまた1ランク上がったかも。今現在、僕の中で『最強の女優』
間違いなく松岡茉優。とんでもない才能だな、この人・・・。

気の毒なのは本来主演の筈大泉洋(^^;)。
自分を当て書きされた原作の映画で、まさか主役を持って行かれること
になるとは、さすがに本人も予想しなかったハズ。どうでしょうに続き、
【主演】の座がまたもや他人のところに・・・。さすが究極の騙され芸人
しっかり自分の仕事をしてくれました。コレもある意味凄いよ、うん。

とにかく作品としての完成度はかなり高い。原作を読んでいない人は間
違いなく楽しめるし、原作ファンの人も苦笑いくらいは出来るかと(^^;)。
待たされた甲斐がありました!面白かったです!

シン・ウルトラマン

#空想特撮映画


少し前から話題になっている映画『シン・ウルトラマン』特報が公開中。

・・・最高の惹きだ、この映像。
庵野秀明・樋口真嗣「シン・ゴジラ」コンビによる、リアルなウルトラマン
それだけでかなりワクワクするのに、この緊迫感溢れる特報。もう観る前から
クオリティの保証が出来てしまった感あり。

カラータイマーの無いウルトラマンと、ネロンガ・ガボラという渋すぎる怪獣
チョイス。おそらくは続報でもう1〜2体の怪獣、もしくは宇宙人の登場が発表
されることになると思う。

ベムラーは外せないとして、残るはバルタン星人か、ゼットンか・・・。
待ちきれないな、公開が。

ドラえもん「のび太の新恐竜」

#Fイズム


映画ドラえもん「のび太の新恐竜」DVDにて鑑賞。
劇場でドラ映画を観なくなってからもう余裕で20年以上が経過。原作者で
ある藤子・F・不二雄先生もお亡くなりになり、声優陣も全員が変わった。
3D系のSTAND BY MEシリーズはともかく、オリジナルシリーズはもう観る
ことは無い、と思っていたのだけど・・・。

正直、ドラえもん映画の第一作にして最高傑作とされる「のび太の恐竜」
リメイク版だと高を括っていたのだが、驚いたことに完全オリジナルストー
リー。のび太のパートナーとなる恐竜、今回はどうやら始祖鳥の模様。

キュウ・ミュウと名付けられた双子の始祖鳥がやたらカワイイ
最近の恐竜モノはやたらリアルなモノが多いし、ソレが嫌いなワケでは無い
のだが、ドラえもんの世界で描かれる恐竜はこうであって欲しい、という
理想の姿。彼らの為に頑張るのび太とその仲間たちの一喜一憂に引き込まれ、
上映中に何度も大粒のが流れた。

・・・が、いちばん泣いたのが↑↑このシーン。
海に落ちたのび太とキュウを助けた首長竜は、かつて「ピューイ!」と鳴い
ていたのび太の弟分(に違いない)。カメオで突然登場したピー助はさすが
に卑怯(^^;)。そりゃあ泣くわ!という圧巻のシーンだった。

F先生がいなくなっても、その意思は下の世代にちゃんと引き継がれている。
ドラえもんはこの先もずっと、Fイズムと共にそこに居続けてくれる、と信じ
ることが出来る、最高の映画だった。

・・・もしかしたらこの後、ドラ映画を遡ることになるかも(^^;)。

新解釈・三国志

#歴史ファン苦笑必至


・・・まずは、ようやく映画館に復帰出来たことが嬉しい。
とにかく僕は「映画館に行きたい人」であり、大音量大きな画面遠目
から観ている時が本当に幸せなのだが・・・。

このクソみたいな騒動のおかげで、およそ1年ぶりのシネマイクスピアリ
いつもの席のチケットもちゃんと取れて、着席しただけで感無量だった。

ということで、『新解釈・三国志』at シネマイクスピアリ。
新コメディ王・福田雄一監督が長年温めてきた企画で、主演はなんと我ら
大泉洋ムロツヨシ・小栗旬・賀来賢人など、あまりに豪華なキャステ
ィングで、やたらくだらない世界を突き詰めた映画。

永遠のヒーローな筈の劉備元徳が、こんなにカッコ悪い設定で登場するの
は、さすがにやたら脱力する。番宣で大泉洋が「三国志ファンは観なくて
いい」と何度も言っていたが、そりゃあそうも言いたくなると思う(^^;)。

ただ、一応僕は横山光輝三国志を読んでいた人間だが、それでもしっか
爆笑した。復帰後最初に観る映画は「絶対に笑えるモノ」を望んでいた
のだが、その期待にはしっかり応えてくれた気がする。

個人的には高橋努の演技に注目して欲しい。あの人、あんなにおもしろか
ったんだ・・・。

MIDNIGHT SPECIAL

#ONGAKU-SENKA


『今日のiPod「POP」から流れた曲』
サザンロック元祖であり、誰もが知っているメロディを何曲もこの世に
創出した、有名なバンドのある意味隠れた名曲

Midnight Special by Creedence Clearwater Revival.
通称C.C.R「雨を見たかい」があまりに有名だが、この曲に関しては違う
シーンから火が点いた。

1983年に公開された映画「トワイライトゾーン・超次元の体験」オープ
ニング/エンディングテーマとして使用された、やたらノリの良い曲。実際、
ドライブ中にかかると、思わず一緒に歌いたくなる。ハモりがカンタンに付
けられるのもポイントが高い。

トワイライトゾーンミッドナイト・スペシャルも、僕の中では若き日の良
き思い出。この曲を聴くと、観たくなっちゃうんだよなぁ、映画・・・。

▼Willy And The Poor Boys / Creedence Clearwater Revival