青木篤志

#閃光


朝のニュース配信を見て、思わず目を疑った。
「プロレスラー・青木篤志さん、交通事故死」・・・。

何がなんだか解らなくなった。
NOAHでデビューした頃から試合を観ている選手であり、全日本系の選手の
中ではあまりに異質なストロングスタイル。センスは当時から抜きん出てお
り、こんな選手が新日本でデビューしてたら・・・と何度も思った。

青木は現役世界ジュニアヘビー級チャンピオン
ようやく調子が上向いてきた今の全日本プロレスだが、その要因を作った
主要人物の一人であり、今後ももっともっと活躍しなければならない選手。
どうして・・・。

だから僕は神を信じない。
こんな仕打ち、あんまりじゃないか・・・。

SILVER KING

#ロス・カウボーイズ


そんな馬鹿な・・・と思った。
5月11日、英国・ロンドンで行われた大会にて、フベントゥ・ゲレーラ
のシングルマッチを行っていたシルバー・キングが、試合中の心筋梗塞
死去。享年51・・・。

ついこの間、後楽園ホールで試合を観たばかり。
コンディションの良さに驚かされ、相変わらずルチャドールとしては珍し
「強さ」を前面に出した試合を魅せてくれた。まさかシルバーが、こん
なにも早く逝くなんて・・・。

ロス・カウボーイズは最高のタッグチームだった。相棒のエル・テハノは、
きっとアッチで怒っている筈。なんでこんなに早くコッチへ来たんだ?と。
僕らも呆然とするしかない。だって、あのシルバー・キングなのだから。

どうして・・・という思いが本当に・・・。
せめて最高のルチャドールの一人であるシルバーの行き先が、すばらしい
世界でありますように。また必ず、どこかで。

シルバー・キング
父はドクトル・ワグナー。19歳の時にドクトル・ワグナー・ジュニアとし
て全日本プロレスに初来日。ユニバーサルプロレスにロス・カウボーイズ
として参加し、一躍人気レスラーに。2001年には新日本プロレスに3代目
ブラック・タイガーとして来日し、ケンドー・カシンとタッグを組んだ。
2008年、中嶋勝彦を破って世界ジュニアヘビー級王者に。最後の来日は
2019年3月14日・後楽園ホール「Lucha Libre Estrella Fiesta」。

※現役のまま生涯を終えた故人に敬意を表し、敬称を略させていただきました。

遠藤ミチロウ :THE STALIN

#吐き気がするほどロマンチックだぜ


「スターリン! スターリン! スターリン! スターリン! ・・・」

僕が初めて自分で選択し、プレイガイドでチケットを購入し、足を運んだ
ライブ会場は後楽園ホール。その後に足繁く通うことになるこの会場で初
めて耳にしたのは、劈くような観客のスターリンコールだった。

開演前から客席のボルテージがハッキリと「ヤバい」
爆竹が飛び交い、モッシュが自然発生する会場の雰囲気にたまらず主催者
が舞台に登場し、誰も耳を貸さない状況で説明を行う。観客が反応したの
は前座バンド・ラビッツの出演が発表された時。ほぼ全ての観客が「No」
を突きつけ、スターリンコールの大合唱。結局ラビッツの登場は見送られ、
早々にカリスマが姿を現した。

・・・衝撃だった。
あの時の僕が体験したのはコンサート、いや下手すれば音楽ですらなく、
圧倒的な「PUNK」だった。その世界に魅入られ、足を突っ込んでしまっ
たらもう抜けられない。多感な時期の全てをパンク一辺倒で過ごしたのは、
スターリン・・・遠藤ミチロウの存在があればこそ、だった。

遠藤ミチロウは、遠い場所に行った。
僕の人生に大きな影響を与えてくれた人が、また一人居なくなった。
願わくば僕が同じ世界に行った時に、ミチロウがあの恐ろしい眼差し
パフォーマンスを繰り広げてくれていることを強く望む。

遠藤ミチロウ、日本最高のパンクバンド「THE STALIN」のボーカリスト。
2019年4月25日、膵臓癌に倒れる。享年68。
彼の存在は永遠に、アタマから輝いている

北尾光司

#八百長野郎 #空拳道


元大相撲第60代横綱で元プロレスラー・元武道家・元総合格闘家
北尾光司氏が2月10日に逝去していた模様。死因は慢性腎不全、享年55

僕らにとって北尾とは、長い間ずっと「A級戦犯」であった。
許せなかったのはやっぱりSWS時代、ジョン・テンタとの試合中にいき
なりマイクを掴み、「この八百長野郎!」と叫んだこと。あの頃の僕は
“八百長”という言葉に敏感で、それをプロレスラー自らが叫んだ事実が
腹立たしいやら悔しいやら。その段階でもう二度と見ることの無い選手
だと思っていたのだが・・・。

それでも北尾を実力者として認めざるを得なくなったのは、Uインター
での山崎・高田との二連戦。あの山崎を子ども扱いし、満を持して行わ
れた高田との一戦では後に伝説となったハイキックでのKO負け。未だに
この試合は僕の観たプロレスの試合の中でもベストと言えるモノである。


逝去のニュースを見て、もう一度北尾のデビュー戦ビガロ戦を確認し
てみた。今この試合だけを改めて見れば、決して悪い内容ではない。
この日は他の試合が凄すぎただけだった、というのはフォローしすぎな
んだろうか?

出来ればもう一度だけ、プロレスファンの前に姿を見せて欲しかった。
ビガロとの決着戦があるのなら、その時はあちらで必ず観戦したい。
ご冥福をお祈りします。

ロックン・ロール

どうかな?と思った時期もあるし、期間としてはその方が長いのかも。
でも、やっぱりこの人が居なければ日本ロックン・ロールは根付か
なかったのかもしれない。

一瞬たりともブレなかったその人生は、間違い無く認める
内田裕也、アンタやたらカッコ良かったぜ!