復活のiPhone

#灯台下暗し


2011年購入だからもう9年選手になる僕のiPhone4S
クルマでDockコネクタ型のトランスミッターを使っていたおかげで、
長い間iPodとして使用されてきたのだけど、限界が訪れた。

容量(^^;)。
現在母艦MacBook Pro・iTunesで保管している楽曲数は4万曲を余
裕で超えている。この中の1/3は業務で使用するBGMや効果音であり、
全てをiPodに入れる必要は無いので、必要なプレイリストのみを同期
してきたのだが、64GBの残り容量が遂に1GBを割った。上記はあまり
聴かない曲を省いて調整した結果なのだが、イチイチその作業をする
のも面倒くさい。128GB以上のiPod touchを買おうかなぁ、と思った
のだが・・・。

思い出しました、iPhone6・128GBがしまってあったことを(^^;)。
容量だけで言えばiPod Classic160GBまで持っているのだが、ソレ
だとBluetoothのヘッドフォンが使用出来ないのがネック。とっとい
て良かったな、コレ。

iPhone7に機種変更してから全く手を付けていなかったので、インス
トールしてあったアプリを全削除、写真・ムービー系のデータも全削
除した上でPhone Cleanで掃除。初期化しても良かったのだが、そう
すると軽量でストレスの無いiOS10.3.2が更新されてしまう。手間は
かかったけどそっちの方が良い、と判断した。

ちなみにこのiPhone6はソフトバンク製で、SIMロックフリー機では
無い。クラウド系の音楽も聴きたかったので、ついでとばかりに久々
下駄を購入し、MVNOSIMを入れて完成。最近では下駄の価格が
やたら安くなってることにビックリ。しかも4G掴むんだから凄い。

これで当分の間は容量を気にしないで済みそう。
しかしポータブルオーディオ「容量」で悩むのなんて、何年ぶり
なのかなぁ(^^;)。

トランシーバー

#オモチャ感覚


Amazon Japan初開催Black Friday Saleのサイトをなんとなく覗い
ていたら、ちょっとお得っぽいアイテムを発見。すっごく安かったの
で、思わずポチってみた。

モノは特定省電力トランシーバー2台セット。お値段約2,500円
我々の業界ではトランシーバーという機器は必需品であり、しっかり
した会社が整備してレンタルしてくれるプロ機を使用する。従って、
普段ならこういうオモチャのような機材にはまず手を出さないのだが、
小さな場所での簡易な仕事の時にどんなのでもいいからシーバーが欲
しい時がある。この値段なら、ということで購入したのだが・・・。

・・・ここまでオモチャっぽいとは思わなかった(^^;)。
単四乾電池3本使用するタイプで、明らかに中国製(^^;)。未テスト
だが、電池を無駄にするのもイヤなので、現在エネループを充電中。

本体自体は安かったのだが、僕らの用途で使用するにはイヤホンマイ
が必須。コレが別売りで1個950円もしちゃうのだから、結局のと
ころトータル5,000円かかっちゃったのは痛恨(^^;)。

どの程度の性能なのか、試してみるのが楽しみ。
失敗したらギャンブルでスッたと思って諦めることにするので(^^;)。

無用の長物と化したグッズ

#ちょっとレガシー


道具箱を整理していたら、かなり懐かしいモノが何点か出てきた。
↓↓の写真の向かって右側の3点

どれもUSB形式カードリーダー
上からコンパクトフラッシュ、真ん中がメモリースティック、下の小さ
いのはなんとminiSD(!)で、それぞれのデータをPCに取り込むため
のグッズ。ちょっと前まではこういうのを持っていないと色々困ったの
だが。

今やCFもメモリースティックも殆ど出番は無い。何よりもminiSDに関し
てはあっという間に逝かれた覚えが。携帯電話で使ったのかなぁ、一瞬。

今はほぼ全てのメディアをを取り込めるマルチカードリーダー(左側)が
1個あれば事足りるし、それですらほぼほぼ出番は無い。こういう機器類
レガシー化するのは早いなぁ・・・。

audio-technica・ATH-S200BT

#bluetooth


前回のBOSEの時にちょっと書いた「押さえておくべきメーカー」のもう
一つは、やっぱりオーディオテクニカということになる。日本のオーディ
オメーカーとしてはかなり有名どころ。実は1つだけ所持している。

ATH-S200BT・BRD
いわゆるオンイヤータイプのbluetooth専用ヘッドフォンで、この種の
機器の中ではかなり安価。オンイヤーと言いながら、僕のやや大きめの
耳もスッポリ覆い尽くしてくれるくらい径が大きい

肝心の音質だが、基本的に高品位。低音がそこそこ出る上に、中音域よ
り上の音はハッキリとした明快な音。さすがはテクニカ、レコードプレ
ーヤーのカートリッジからお世話になっている音響メーカーの製品って、
やっぱりダテでは無い。

しかし、難点も。
まぁ、解っていたことではあるのだが、見た目がちょっと安っぽい(^^;)。
もちろんもうちょっと上のグレードのヘッドフォンを選べばいいだけの
話であって、テクニカさんの所為では無い(^^;)。あとはもうちょっとだ
けコンパクトに折りたためるといいんだけどなぁ・・・。

ちなみに購入価格は1,687円(!)。
廉価だけど音質の良いヘッドフォンを探してる人は一度試すべし!

↓↓Amazonでは結構な値段するなぁ・・・。

BOSE SoundLink OE

#bluetooth #坊主


beatsでおおよそ目標を達成してしまったヘッドフォン収集だが、ここに
来て押さえておくべきメーカー2つばかり忘れていたことが発覚。良い
価格でオークションに出てたので、まずは↓↓を。


BOSE SoundLink OE Bluetooth
BOSEのオンイヤーと言えば主流はQuietComfortなのだが、こちらはソレ
よりもやや径の小さい携帯型。写真のようにかなりコンパクトに畳める
め、持ち運びには持ってこい。実際、他のどのヘッドフォンよりも取り回
しは良い。

肝心の音質は、さすがはBOSE、という非常にフラットな音。
パイオニアと同系統だが、若干低音が出ている感。おそらく前の持ち主が
結構良い感じでエージングしたんじゃないかな、と思う。掘り出し物かも。

一点難あり。スイッチがちょっと不良で電源が入らない時がある。充電し
てあげればすぐに元に戻るし、モバイルバッテリーはいつも持ち歩いてる
から特に問題無いんだけど。

ということで、オンイヤーとしてはJBLと交互に持ち歩く相棒になりそう。
坊主使いだな、オレも(^^;)。

↓↓コチラも現在後継機発売中!