SDHCカード

こないだの現場は越谷レイクタウン
この中のテナントに秋葉原でお馴染みのドスパラ・上海問屋が入っており、久し
ぶりに覗いてみた。いや、ちょっと買い物もした(^^;)。

Class1032GBSDHCカード×1枚、同容量のmicroSDHCカード×2枚
以前は“大容量”とされていたメモリーカードで、それなりに高価だったのだが、
SDの方が969円、microSDに至っては700円。う〜ん、複雑(^^;)。

共にカメラ用のメモリとして使うつもりなのだが、32GBって広大なんだよなぁ、
実は。取り敢えずなくさないようにちゃんとカメラバッグに保管しておくつもり。
しかし、記憶メモリ関連って今ここまで安いのか・・・。1GB20円強だもん(^^;)。

jetfon

久々にちょっと興味をそそるテクノロジーを搭載したアイテムがリリースされ
る、とのニュース。モノ自体はAndroidスマホで、本来なら全くと言って良い
ほど興味が無い種類の製品。しかし・・・。

MAYA SYSTEMが8月28日に発売する「jetfon」。
日本初のクラウドSIMテクノロジーを搭載したスマホで、価格は税別39,800円。

SIMカードは基本不要。クラウド上に世界各国のSIMを格納し、位置情報から最
適な現地通信キャリアを選択、自動接続される仕組み。いわゆるローミング
使用せず、現地キャリアに直接接続するため、高額になりがちな通信費がかなり
削減出来るらしい。通信プラン内蔵アプリで購入出来るとか。

フォローする地域はアジア・ヨーロッパ・北米・南米・オセアニア・アフリカで、
100ヵ国以上を網羅。海外出張の多いサラリーマンにはかなり便利だし、ちょっ
旅行に行く、なんて時も保ってると役に立ちそう。もちろん普通にテザリング
も出来るから、海外旅行時にイチイチWiFiルーターレンタルしなくて良くなる。

・・・便利かも
今のところ海外に出る予定はあんまり無いが、そういう機会が出来た場合には購
入検討対象に入りそう。もし日本国内の大手キャリアがSIMを全てクラウドにし
てくれるのなら、機種変更とか楽になる気がする。

いいなぁ、こういうの。
Androidでなければもっといいんだけど(^^;)。

docomoケータイ・セルフ機種変更

3日前のエントリで報告したdocomoガラケーの買い換え計画
結局オークションで中古をあたり、最終的に決定したのが↓↓この機種。

・・・SHARP SH-03E(^^;)。
型番だけでなく、色まで全く同じモノ。いろいろ迷った結果、microSD
のバックアップからの復元が容易、という点に重きを置いてチョイス。
ところが、ガラケー全盛時代からずっとやってたハズの復旧作業、コレ
いささか大変だった。

電話帳やメールのインポートは一発で出来た。
問題はおサイフ機能。SIMカードを入れ替える前にEdy・nanacoの2つ
の電子マネーは残高をセンターに預け、ヨドバシゴールドポイント
web連携を確認した上でアプリを削除した。で、新しい方の端末で全て
をセットアップしようとしたところ・・・。

以前は存在していた「iアプリストア」が既にサービスを停止(^^;)。
nanacoアプリ・Edyアプリ・ヨドバシアプリをそれぞれ探さなければ
ならなかった。nanacoとヨドはすぐに見つかったが、肝心のEdy用の
iアプリが全く見当たらない。どうやら携帯用EdyサイトiMode
アクセスしないとダウンロードリンクが表示されないようになってい
たらしく、コレを見つけるまでに30分を費やしてしまった(–X)。

しかも、↑↑のように、機種毎に最適化されていないアプリしか残っ
ていない。以前は全画面で表示されていたEdyアプリの画面が、上下
にスペースのある間抜けな状態での使用を余儀なくされてしまった。

・・・正直思いましたよ、ガラケー間もなく終わるって(^^;)。
FOMAの電波っていつまで出てるのかなぁ、マジで(^^;)。

docomoケータイに異変!

↑↑、愛用のdocomoケータイ・SHARP SH-03E
2014年1月30日13台目のドコモケータイとして僕の手元にやってき
て、それから5年近くの間「通話・おサイフ・時々SMS」な端末として、
月およそ3,500円という低料金で活躍してくれたガラケー

携帯はある時期からずっとPanasonic端末を使って来たのだが、この時
止ん事無き事情SHARP端末をチョイス。そこらへんの顛末に関して
昔のエントリを読んでいただくとよろし。

まぁ、SHARPということで若干抵抗はあったのだが、この携帯は非常に
使いやすかった。考えてみれば5年も同じ端末を使い続ける、というの
驚異的なことで、おそらくこれまでの最長記録。さすがに外装は傷だ
らけになったけど、メカ的な不具合は皆無。バッテリーすらヘタって無
いのだから、これからも使い続けることは可能。しかし・・・。
本日買い換えを決心した。

理由、↑↑この蓋部分を紛失したから(^^;)。
この携帯、完全防水がウリなのだが、この蓋が無ければ台無しになる。
汗っかきの僕には致命傷。何の文句も無い端末だけど、これは引退させ
るしか無い、と判断した。

ところで、コレに入っているUSIMFOMA契約
ということは、現在販売中のdocomoケータイには対象機種が存在しな
、という面倒な事態となっている。ということは、どこかで白ロム
購入しなければならないのだが、さてどうすべきか・・・。

狙いとしてはPanasonicのP-04シリーズか、SHARPの同一機種
・・・いくらすんだろう、ガラケー中古って(^^;)。

Type C電源アダプタ・買い換え

新しいMacBook Proで使うType C電源アダプタ買い換えた。
コレ、結構事故が起こるかもしれないから一応ここで書いておきますよ、ええ。

これまで使ってたのが↑↑のiVAPOなる怪しげなメーカーのアダプタ。
問題無い、と思ってたら、こないだ恐ろしいことが起こった。このアダプタ、
ノートPC等の電圧の高い機器のACアダプタとして使用すると、やたら発熱する。
この熱がちょっと尋常でなく、素手で触ったら間違い無く火傷するレベル。ちょ
っと触ったところで気付いたから事なきを得たものの、例えば充電しっぱなしで
寝てたら、とか考えるとマジで怖い

この商品、現状Amazonでも品切れになっているし、レビューを見ると同じよう
なケースが多々報告されている。熱でプラスチックが溶けてるのをみて、改めて
ゾッとした。コレ使ってる人、早めに使用停止してください!

代わりに購入したのが↑↑コレ。helperincというこれまた怪しげなメーカーの
製品だが、少なくとも作りはしっかりしており、MacBook Proもサポートリスト
にちゃんと載っている。試しにバッテリー残量50%のMBPを充電しながら使用し
てみたが、本体に熱を持つこと無くしっかり使えた。

旅用などにはオススメ。まぁ、純正を使うにこしたことは無いと思うけど。