Express USB3.0 Card for MacBook

もうず〜っと欲しい、と思っていた周辺機器を昨日になって入手。
↑↑はソネットテクノロジーTenpo Duoという製品で、eSATAポート
USB3.0ポート2つずつ搭載されている。規格はExpress34

・・・本当は、MBPのLate2008を買った段階で一緒に入手すべきカードだった。
なぜなら、当時Expressスロット搭載のMacBook Proに正式対応したカードは
コレを含めて2機種しか無く、USB3.0を使うにはそのどちらかを選ぶしか無
かったから。しかし、どちらも1万円超えという価格の高さから導入を躊躇。
結局10年(!)も躊躇したママの状態になっていた。

Late2008は昨年さすがに引退したが、17インチのMid2009は音楽の処理等
で今も稼働率が高い。遅ればせながらカードを導入しようと思ったら、既に
双方が生産停止(^^;)。Amazonをはじめ、どこのネットショップにも在庫が
無くなっている状況となっていた。

以前、ちょっとアレ系なソフト・MultiBeastを使って違うメーカーのカードを
使ってみたのだが、どうやらその頃からLate2008の調子がおかしくなった
Mid2009で同じ轍は踏めないので、正規対応品を探していたのだが、前述の
通りどこにも売っていない。で、昨日久しぶりに昔から何かと世話になってい
る秋葉原のMac専門ショップ・秋葉館に立ち寄ったら、1個だけ残っていたモノ
を発見。・・・速攻で購入した。

さすがに正規対応品だけあって、動作はやたら安定しているのだが、↑↑の
通り、外側にカッコ悪くはみ出すのが難点。しかも電源供給でUSBが一つ潰さ
れちゃうのもいただけない。でも速いんだよなぁ、やっぱり(^^;)。

ともかくこれで骨董品扱いのMid2009も、もうしばらく延命可能
しかし出来ることなら、早めにMBP2017に作業環境全てを移したいんだけど
なぁ・・・。

What’s Smart Speaker?

基本、新しいモノにはおおよそ興味を持つ僕なのだけど、登場以来全くピン
と来ないのがいわゆるスマートスピーカー。↑↑はAmazonEcho Dotだが、
GoogleからもAppleからも同系統の製品が続々リリースされている。が・・・。

・・・やっぱりあんまり欲しくないんだよなぁ、コレ(^^;)。
原因を解析すると、いくつか理由があるのは間違い無い。

1)音楽鑑賞には向かない気がする
5,000円程度のスピーカーの音が良いワケ無いんじゃねぇか?と(^^;)。
さらにスペックから読むと、出力される音が下手すればステレオですら無い
という疑いが拭えず。そもそもそういう用途がメインじゃないんだろうけど。

2)「音声」よりも「表示」が重要
例えばこのスピーカーにクックパッドのレシピを聞いて答えてもらったとし
ても、声だけで指示されてもなんか困る(^^;)。やっぱり画面「表示」して
くれないと、結局使えないと思うなぁ・・・。

リビングのデスクにあっても場所を取らない、と思われがちだが、結局電源
は取らなきゃならないし、結果かなりのスペースを取る気が。う〜ん・・・。
実際、使ってみたら凄い便利なのかもしれないけど・・・。

取り敢えずAmazon Echo Dotは招待制販売
一応招待状を申し込んではいるのだけど、なんか買わない気がするなぁ・・・。

大活躍のMBA11

↑↑現状のMacBook Air 11 Late2010
8年前のマシンだけど、ちょっと前のモデルとサイズに違いが無いので、現状
でもケースが購入可能。ということで、ライトブルーハードケースと同じ色
キーボードカバーが付いた状態。

そしてこのMBA11、意外にも大活躍中。
今でもそこそこ動くスペックに加え、何より小さいから、持ち運びが全く苦
にならない。泊まりで出張なんて時はもちろんのこと、ちょっとそこら辺に
出掛ける、なんて時も割と持ち歩く。なんつっても手持ちのiPadとほぼ変わ
らない大きさ・重さなのだから。

ただし、使いすぎは禁物(^^;)。
SSDが128GBしか無いからムービーとか音楽とかをやたら入れるのは無理
だし、これ以上アプリケーションをインストールするのもダメ。Windows
環境なんて以ての外だと思ってるから、きっと大丈夫だと思うんだけど。

長く付き合えればいいなぁ、コイツとも。

PUP Scan on MOTION GALLERY

クラウドファンディングのMOTION GALLERYで資金調達中のプロジェクト、
「PUP Scan」。モノとしてはハンディタイプスキャナーなのだが、コレ
がわりと使い勝手が良さそうな雰囲気。

↑↑のビデオを見ると解るのだけど、スキャンターゲットに対して赤外線
枠が出来る。これなら無駄な大きさをスキャンする心配は無くなるし、なん
と言っても手軽。操作も簡単そう。

これがあれば、いわゆる「自炊」の作業がかなり簡略化出来るかも。
歪み補正も自動でしてくれるから、本をバラさないでもスキャン出来そう
欲しいなぁ、コレ・・・。

1台24,500円のリターンは既に売り切れているのだが、2台で48,000円
コースはまだ応募出来る。誰か一緒に買ってくれる人、いないかなぁ・・・。

参考:
第2弾!フランス発、世界最速ポケットサイズのスマートハンディスキャナー
【PUP Scan】 by 7Next(MOTION GALLERY)

頑張るインクジェット!

自宅で仕事をすようになってからやたら稼働率が高くなったのがプリンタ
僕の持っているプリンタは一昔前のブラザー複合機(MFC-930CDN)で、
もちろんインクジェットタイプ。これまではジャスト家庭用で、稼働頻度も
月に1度あるか無いか。その所為か、インクヘッドの目詰まり頻発。使う
度にヘッドクリーニング、という状況だったのだが・・・。

ある日を境にいきなり酷使されるようになっっちゃった複合機(^^;)。
最近では、最低10枚、多いときは100枚近くプリントすることもある。
その状況になってからというもの、プリンタの調子が非常に良い(^^;)。
インクジェットプリンタの一番良いメンテナンスは間違い無く「使うこと」。
寿命は確実に延びると思う。

ただ、やっぱりインク代というのはバカにならない。
僕の場合、純正をほぼ使わず、リサイクルカートリッジを中心に購入して
いるのだが、このタイプのインクが何故だかバカ安(^^;)。今後の使用分も
考えて、↓↓を2セット購入しておいた。

リサイクルカートリッジは大体安いが、10色セット646円というのは
これまで前例が無いくらい安い。この他にもストックはあるし、当分の間
はインクカートリッジを買わなくていいかも・・・。

ただ、やっぱり印刷には少し時間がかかってしまうから、どこかのタイミ
ングでレーザー複合機に乗り換えたい。ちょっと儲けないとなぁ・・・。