もののふの国

#螺旋プロジェクト


▼もののふの国 / 天野純希(Kindle版)

気が付いたら全てが出揃っており、個人的にやや出遅れた感の否めない
「螺旋プロジェクト」第三弾2作同時リリースで、いよいよ時代が
過去に向かう。まずは千年続いた「武士の時代」が描かれる天野純希
「もののふの国」から。

何度か書いているが、時代小説はかなり苦手(^^;)。そんなワケでコレ
は最初パスしようかと思ったのだけど、結果から言えば「飛ばしてい
たら後悔した」
。学校教育で日本史を学んだ者であれば、誰もが楽し
める筈の小説である。

考えてみれば、螺旋プロジェクトのテーマである「海族と山族の争い」
をいちばん端的に表現出来るのが武士の時代。古の源平の闘いに始まり、
本能寺の変戦国時代幕末と、歴史の要所で起こった日本人なら誰も
が知る「争い」海vs山に落とし込んでいるのだから、面白く無いワケ
が無い。

正直これだけ時代小説にのめり込んだのは初めて。天野純希という作家
ももちろん初めてなのだが、「海族vs山族」というファンタジーを当て
込みながら、圧倒的とも言えるリアリティを醸し出している筆力はかな
りのモノ。螺旋プロジェクトを読み終えたら、間違い無く他の作品にも
手を出してしまいそう。

伊坂幸太郎の与えたテーマは才能ある作家陣を更に加速させている感。
このプロジェクト、やっぱり凄い。遅れを取り戻さねば・・・。

毒虎シュート夜話 昭和プロレス暗黒対談

#日本プロレス #米国定住


▼毒虎シュート夜話 / ザ・グレート・カブキ、タイガー戸口(Kindle版)

“東洋の神秘”ことザ・グレート・カブキと、“野生の虎”ことタイガー戸口
対談集。Amazonの紹介文を読むと、2人が誌面上でケンカしているような
内容(^^;)だと勘違いしそうだが、基本的に仲良く喋っているので念のため。
ただし、話していることはやっぱりのあるビッグマウスなのだが(^^;)。

両名とも愛読しているGスピリッツ等で語り部としてよく登場するため、そ
れぞれの話が面白いのは良く知っているつもりだったが、やっぱり会話とな
ると(良い意味で)余計な一言が出てくる。正直、どれもこれもどこかで聞
きかじっているエピソードではあるのだが、2人の毒舌で改めて語られると
3割増しの面白さ。やっぱりアメリカでも一流だった選手は違うな、と感じ
た次第。

面白かったのはジャイアント馬場のエピソードで、2人の愛憎入り乱れる
感情がストレートに入ってくる。新日本系の裏話は楽しめない場合が多い
のだが、“王道”に関するネタは鉄板。生々しい話でも普通に読めちゃうの
は、やっぱり「よその家」の話だからなのかなぁ・・・。

無論、かなり専門性の高い内容なので、ファン以外が読んでも絶対に何が
なんだか解りません(^^;)。間違い無くマニア向けなのでご注意を!

・・・この2人に、次はキラー・カーンを混ぜてくんないかなぁ(^^;)。

小説 天気の子

#後か先か


▼天気の子 / 新海誠(Kindle版)

現在公開中の映画「天気の子」ノベライズ版
リリースタイミングはどうやら映画の公開とほぼ同時。映画が先か、小説が
先かは好みが別れるところだけど、僕はどちらかと言えば「先読み派」
こちらでストーリーを熟知しておかないと、変なところで泣いてしまうかも
しれないので(^^;)。

この先はなるべくネタバレの無いように(^^;)。

映画・小説に関わらず、新海誠作品は「大いなる恋愛モノ」が殆ど。
宇宙←→地球の超遠距離恋愛とか、壮大なすれ違いの物語とか、時空を超え
た入れ替わりとか、おおよそが下手すれば「ベタ」と表現される世界観の元
に構築されているのだが、そのベタが非常に心地よく感じてしまうのが凄い。

この作品のラストでは、「世界」とんでもない状態と化してしまう。
しかし、そんな状況を最後に持ってきたとしても、間違い無く感動と清涼感
に満ちた気分になる筈。それだけは保証しておく。当代一流のヒットメーカ
ーの才能、やはりダテでは無い。

どのタイミングで映画を観に行くか解らないのだが、間違い無く劇場鑑賞
るつもり。この瑞々しい感動が、映像になったところでどうなるのか?
楽しみにしておきます、うん。

連続殺人鬼カエル男ふたたび

#忘却の彼方


▼連続殺人鬼カエル男ふたたび / 中山七里

中山七里初期の名作「連続殺人鬼カエル男」続編
僕が中山七里にハマり始めた頃に読んだ作品であり、ファンの間では未だに
No.1と推す人の多い前作。当然期待して読んだのだが・・・。

・・・え〜、忘れてます、前作の内容を(^^;)。
とにかく序盤から前作を引き摺る事件が多々起こり、その度に「あれ、こん
なことってあったっけ?」とか「え?コイツって誰だっけ?」みたいな疑問
がいくつも沸いて出てくるのだから、非常に始末が悪い。さすがに途中で読
むのを中断し、前作をおさらいするべきだった、と自分でも思うのだが、そ
んな中途半端な状態でも先が気になる奥深さ偉大な作家だよな、やっぱり。

ということでひとまず読了してしまったのだが、端的に言うのであればコレ
中山七里版のオールスター戦。他作品で何度も登場する重鎮たちが最高の
タイミングで登場し、深い言葉を吐いていくのだから、中止しようにも中止
出来ない、という呆れる程の完成度。もちろん「帝王」と形容される氏の得
意技、「どんでん返し」も冴え渡っており、前作が未読の人でもそれなりの
満足感が得られてしまいそうなのが凄い。

・・・とはいえ、やっぱり前作を読んでいない人、それから前作を読んでいる
にも関わらず忘れてしまっている人(^^;)に関しては、やはり事の始まり
あるオリジナルカエル男を読むべき。そうすれば誰もが恐ろしいまでの悪意
満腹になりそうな気がする。

予断だが、この作品は久々に購入した「文庫本」
出来る限り電子書籍キャンペーンを張っている僕だが、さすがにこのタイト
ルの本を放っておくことは出来なかった。

げに恐るべしカエル男。どんでん返しの帝王・中山七里に栄光あれ!

クジラアタマの王様

#本当に効果的なコラボレーションの見本


▼クジラアタマの王様 / 伊坂幸太郎

伊坂幸太郎新作
タイトル「クジラアタマの王様」とは、ペリカンの仲間である巨大な薄黒い鳥
ハシビロコウラテン語での名称を和訳したモノ。当然、物語のモチーフはこ
悪党面をした鳥。まさかあの鳥から、こんな物語が生まれるとは・・・。

伊坂フリークを自認する僕だが、この作品は本当に語るべきことが山ほどある。
いつものシニカルでカッコイイ言い回し、けっして斬新では無いのに独創的な
アイデアを加えることで全く新しいモノに思えてしまう設定、魅力的なキャラ
クターなど、伊坂幸太郎の「全て」が詰まっていることを前提とした上で、遂
恐ろしい手法を実践に移してきた。

重要なのは、普通の書籍で言うところの「挿絵」
いや、僕の感覚ではもう「サイレントマンガ」とも言える、効果絶大なイラス
トページが、場面の合間ごとに堂々と展開されていること。これまでも小説と
マンガのミックスなどは幾らでもあったのだが、文章→絵→文章→絵と続いて
行くストーリーはどちらが欠けても成立しない本当に効果のあるコラボレー
ションとは、こういう作品のことを言う気がする。

だから、この作品に関しては絶対に紙の本を買った方が良い、と断言。このと
んでもなく説得力に溢れるストーリーの神髄は、「紙」でなければ体感出来な
い、と言い切ってしまおう。

こちらでは殆どマンガのレビューを書かない僕は、小説愛好家だと思われてい
ると思うのだが、実は出版物の中で「最強」と思っているのはマンガ。その考
え方を、一部改めなければならない、とすら感じてしまった。

読了してからもう数日が経過しているのだが、久々に興奮が抜けない
あれ以来、闘いこそしないものの、誰かが何か恐ろしいモノと闘っている場面
を実況しているような夢まで見てしまう始末。

いやぁ、本当にまいりました! 文句無く、傑作
僕の中ではこれまで読んだ伊坂幸太郎作品の中で3本の指に入る。
今年のNo.1だな、いまのところ。