ドキュメント

#文化系部活動


▼ドキュメント / 湊かなえ

湊かなえ、待望の新作は名作『ブロードキャスト』続編
交通事故陸上選手としての夢を絶たれ、やむなく放送部に所属した男子
高校生が、放送コンテスト「Jコン」全国制覇を目指す物語。前作は
優勝にあと一歩及ばず、翌年のリベンジを誓うところで終わっていた。
今作は主人公と放送部の面々の、その後の物語である。

かつて“イヤミスの女王”と言われた湊かなえだが、最近はイヤミスを殆ど
頼りにしていない作品が多い。もちろん僕もイヤミスで湊かなえに入った
ので、最初は違和感があったのだが、脱イヤミス作品もなかなかに面白か
った、というのが湊かなえの凄いところ。その中でもいちばん共感したの
が3年前にリリースされた『ブロードキャスト』という青春モノであり、
個人的にはずっと続編を待っていた。

今回は最先端の文化系部活動の物語だと思っていたのだが、かなりレベル
の高い学園ミステリーに変貌。思春期の少年少女の心模様を描きながら、
ある日起こった事件の犯人を炙り出す、という構成。悔しいことに、僕は
最後まで犯人が解らなかった。いや、解らなかったというよりも、誰一人
犯人であって欲しく無い、という先入観を植え付けられた結果な気がする。

ということで、読み応え抜群青春群像ミステリーであることは保証する。
誰が読んでも絶対に熱くなれる、とは思うのだけど、この単行本の為に書
き下ろされた「終章」があまりに切ない。不覚にも、ちょっと涙が出た

・・・おそらく今後はこういうスタイルの小説が増えていく気がする。
この作品に関しては、今の騒動が【過去】になった時にもう一度読みたい。
せっかくの傑作なのだから。

Mil Máscaras

#50th Anniversary


『仮面貴族』ミル・マスカラス初来日から、今年で50年が経過する。
これを記念し、Gスピリッツが大々的なマスカラス特集。本人への最新イン
タビューの他、弟のドス・カラスのインタビュー、獲得メジャータイトル
の解説など、非常に興味深い内容となっているのだが・・・。

最近発掘されたゴング・ポケットダイジェスト③マスカラス特集と並べてみた。
マスカラスが日本で大人気になったのは、本人が来日する前から毎月のよう
プッシュした月刊ゴングのおかけ、というのはほぼ全てのプロレスファン
が知っている事実。「ゴングのマスカラスか、マスカラスのゴングか」とい
うキャッチフレーズまであった。

Gスピリッツの編集チーム首脳陣はみなが元ゴング編集者。そういう意味で
マスカラスの特集本が出るのは頷けるのだが、その前に大きな奇跡に感謝
しなければなるまい。

ミル・マスカラスが、未だに存命であり、元気で過ごしていること。
更に凄いのは、ミル・マスカラスが未だ現役のプロレスラーであること。
マスカラスももう78歳(!)。こうなったら僕が死ぬまで生きてて欲しい。

「千の顔を持つ男」「百の年を重ねた男」になったらカッコイイじゃん♪

▼G SPIRITS No.59

こうふく あかの

#道


▼こうふく あかの / 西加奈子

西加奈子「こうふく みどりの」の姉妹作
2冊で1作品、ということだが、普通に【続編】と理解した方が良いかも。
だから、もしこの作品を読もう、という人が居るのなら、先に「みどりの」
を読んでからの方がおもしろい、と最初に言っておくことにします。

「あかの」主人公二人で、それぞれのタイムラインの物語が交互に進む、
という構成。一人は2007年の段階で調査会社に中間管理職として勤務する男
で、典型的な「事なかれ主義」を貫くサラリーマン。もう一人は2039年の
段階で「最強」とされるプロレスラー。残念ながら、その時代のプロレスは
かなり衰退している模様。

2007年のある日、の突然の「妊娠報告」に狼狽する夫。妻とは長い間夜の
コンタクトが無かったため、お腹の子どもが自分の子ではない、ということ
は確定。妻を問いただし、揶揄したいという願望はあるものの、事なかれ主
義が身体に染みついている男は何をどうしたら良いか解らない。
一方2039年、ドサ回りをしながら少ない観客の前で最強を証明し続ける48歳
のプロレスラーは、新人選手の挑戦を受ける。対戦相手はコレがデビュー戦。
普通では考えられないシチュエーションの試合で、王者は…という内容。

「みどりの」に比べれば、束も薄く、苦手な大阪弁表記も無いので読みやす
いハズなのだが、こちらの方が読み終えるのにかなりの時間を要した。本当
なら嫌悪すべきな調査会社課長に多大なる感情移入をして読んでしまい、そ
いたたまれなさに読書を数度中断したのが原因。おそらく僕も「事なかれ
主義」の権化であり、問題対処の考え方が主人公とほぼ同一。共感するたび
に情けなくなる、という、やたら精神に突き刺さる作品であった。

この作品の根底には、「みどりの」よりも数倍色の濃い『アントニオ猪木』
が流れている。『俺が今まで、猪木のような眼をすることがあったかと、四
十を手前にして思うのは大変に辛く、ただただ手遅れであった』という一文
が、この作品の全てを表現している、と言って過言は無い。

僕もだ
50年近くアントニオ猪木を見続けて来たのに、猪木のような眼で何かに立ち
向かったことが一度でもあったのか?そう考えると、涙が出てくる

僕より一回り若い女性は、きっと猪木と同じ眼をして小説を書き、結果的に
直木賞を受賞した。そう考えるとかなり悔しいけど、悔しさ以上に西加奈子
という稀有な才能をリスペクトせざるを得ない。

【こうふく】連作、凄いインパクト。目が覚めました、本当に。

こうふく みどりの

#道


▼こうふく みどりの / 西加奈子

先日「G SPIRITS SPECIAL EDITION vol.1 アントニオ猪木」を入手。
10年前のMOOKで、これについては改めてちゃんと書きたいのだが、その中
に今や直木賞作家となった西加奈子インタビューが掲載されていた。
西加奈子がプロレス好き、というのは周知の事実なのだけど、何故に世代の
全く違う猪木のMOOKに彼女が・・・?

・・・インタビューを読み込み、その後すぐに2冊の本を注文。そのうちの1冊
がこちらの作品となる。

大阪の下町を舞台としたヒューマンドラマ
裕福では無いが、何故だか近所の人が集まりがちな家に住む中学生女子が主
人公。祖母・母・叔母・イトコに加え、2匹の猫、1匹の犬までが女性という
少しだけ特殊な家族と暮らす主人公のそばに、背の高い転校生男子が現れて
・・・という内容。

メインは主人公の日常とその心情描写なのだが、章の合間に異なった語り部
による独白が挿入される、という構成。タイムラインがはっきりせず、普通
ならとっちらかって解りにくい内容になってしまうのが常なのだが、幾つか
のキーワード統一感を保っているのは見事。もちろん、何の関連性も見え
ない話はラストでキッチリ繋がる。

僕は「大阪弁の表記」が苦手で、以前に読んだ他の西加奈子作品でもちょっ
としたアレルギーを感じたのだが、この作品はすんなりと入ってきたどころ
か、ちょっとした心地よさすら感じた。不思議な世界観を有する唯一無二の
作品、とまで思う。

そして、アントニオ猪木という存在が非常に重要。何故に今までこの作品を
知らなかったのか、と自分を責めた(^^;)くらい。

この1冊だけでもかなりの完成度なのだが、【こうふく】2冊で1作品、と
いうことらしい。このまま『こうふく あかの』を読むつもりである。

大泉洋のホラ話③&②

#雪面の飛び魚


▼水曜どうでしょう ~大泉洋のホラ話~ ③ / 大泉洋・星野倖一郎

週刊少年チャンピオンで連載されていた(らしい)マニアックマンガの金字塔
『大泉洋のホラ話』3巻がリリースされた。

1巻の時に、「1巻があるということは2巻もある」と書いたが、普通に3巻ま
で出てるのだから呆れるやら驚くやら(^^;)。そして、DVDの特典映像にしか
なっていない【ひぐまの洋】を、しっかり劇画にするという楽しすぎる悪ノリ
・・・にも関わらず、作者編集者にやたら共感してしまうのだから、僕もかな
りのバカだと思う。

さすがにコレで打ち止め・・・だと思うのだけど(^^;)。
取り敢えずマンガになっていないホラ話なんて、もう無い気がするので。

↓↓もちろん2巻も出てるよん♪

▼水曜どうでしょう ~大泉洋のホラ話~ ② / 大泉洋・星野倖一郎