戦慄するメガロポリス

#天才クラッカー、北へ


▼戦慄するメガロポリス / 志駕晃(Kindle版)

志駕晃「スマホを落としただけなのに」シリーズ第三弾
現状ではこの作品が最新作ということに。前作のラストの「含み」
をどう拡げてくるかと期待したのだが、良い意味で「まさかこんな
手で来るとは!」という驚きが。

前作に続いて主役を張る警視庁サイバー捜査官・桐野と、その宿敵
である浦井はもちろん登場するのだが、物語の始まりは普通のOL
ある有希「公園のベンチでスマホを拾う」、という第一作を踏襲
した感じなのがまず面白い。この新たなキャラクターも含めた主役
クラスの連中がランダムに語り部を務める構成。読者のミスリード
を誘う展開だが、「そうはさせるか!」とばかりに注意した・・・のだ
が、まぁ見事にやられた(^^;)。

今現在を考慮すると「かなり近い未来の話」ということになる。
その辺りの想像を膨らませながら読むと本当にドキドキするし、ま
たもや「実際に起こりうる」と感じてしまったのだから凄い。

シリーズとしての惹きも充分に残した上でのラスト、実際のところ
かなりすばらしいと思います、ええ。続編出たら即買いだな、コレ。

囚われの殺人鬼

#シリアルキラー+天才クラッカー


▼囚われの殺人鬼 / 志駕晃(Kindle版)

志駕晃「スマホを落としただけなのに」シリーズ第二弾
前作のラストで逮捕され、死刑確実連続殺人鬼にして天才クラッ
カーの浦井が、どういうワケだかサイバー犯罪の解決に協力する
という驚きの展開。

前作に比べると事件の規模がかなり拡大しており、さすがにファン
タジックな香りが漂うが、それでも事件の「リアリティ」は大した
モノ。さらに今回は主役としてワケアリ気味警視庁サイバー捜査
官・桐野が登場し、物語の緩急が明確になったのが大きいかもしれ
ない。

最後の最後は思わず口アングリの怒濤の展開。
シリーズモノにするには必要な状態ではあると思うのだが、コレは
さすがに無理があった(^^;)。しかし、以降の展開は正直楽しみ
こういうあざとさなら、まぁアリ(^^;)。さぁ、続編読もう!

スマホを落としただけなのに

#現代リアルサスペンス


▼スマホを落としただけなのに / 志駕晃(Kindle版)

数年前の「このミス」で話題となり、既に映画化もされている小説。
作者の志駕晃とはペンネームで、中の人はLFプロジェクト取締役
かつてニッポン放送にこの人あり、とされる程の超大物ディレクタ
で、小説をリリースする前から僕も名前だけは知っていた人。

そんなワケでかなり早い段階から興味はあったのだが、タイミング
が合わずに今の今まで読めず。読む本が尽きたところで運良く思い
出し、ようやく読むことができた。

・・・いやぁ、恐ろしい(^^;)。
物語のキッカケは主人公の女性派遣社員の彼氏がタクシーにスマホ
を置き忘れた、というタイトル通りの小さな日常ミス。我々の生活
の中でも充分に起こりうることなのに、そこから個人情報が丸裸に
されていく様は正しく「恐怖」。仮にココに書いてある通りのこと
を実践すれば、世界中の誰もがクラッカーたり得てしまう、という
事実に身震いした程。

正直、やや平淡な文体に迫力の欠ける感はあるが、反面不気味さ
増す、という理想的な構成。若干先読み出来てしまった(^^;)のだが、
ミステリーとしての伏線も各所に散りばめられ、しかもラストでし
っかり回収されているのは、評価すべきポイントだと思う。

どうやらシリーズになっているらしく、続編が幾つかある模様。
現代テクノロジーの中で生きる者としては、読んでおくべきかもし
れない。ちなみに僕はもうfacebookは絶対やりません(^^;)!コレ
を読み終えたら皆そう思う気がするな、きっと。

たとえば、君という裏切り

#循環する物語


▼たとえば、君という裏切り / 佐藤青南・栗俣力也(Kindle版)

楯岡絵麻シリーズ・八木小春シリーズを読み切り、熱が冷めないウチ
に、ということで単品の作品を。原案栗俣力也著者佐藤青南
いうコラボレーションタイプの一冊。

基本は3篇の物語で構成されており、それらが最後、まさかの形で融
合する、という構成。3篇それぞれのテイストが大きく異なり、最後
を読むまでは正直「なんじゃこれ?」とまで思った(^^;)。

純愛ミステリーと銘打たれた作品だが、正直「純愛」の部分について
はちょっと食い足りない感あり。おそらくはミステリー部分を強調
するための仕掛けだとは思うのだが、せっかく「人間」を描ける佐藤
青南なのだから、その辺りでも才能を発揮すべきだった気がする。

この連名著作、他にも出ている模様。
せっかくなので次の読書候補に入れておくべし。

ハロウィンの花

#PSYCHOPATH


▼ハロウィンの花 / 佐藤青南(Kindle版)

佐藤青南「犯罪心理分析班・八木小春」シリーズ3作目
今回の犯罪心理分析班・通称「C-Mas」が挑むのはハロウィンの夜に
渋谷の交差点で若い女性がコアラマスクの男に刺殺された事件。先輩
間柴に捜査協力を依頼された小春は・・・という内容。

今回の注目は小春の「葛藤」。なにをどう勘違いしたのか解らないが、
自らを「サイコパス」かもしれない、と疑い始めちゃったのが面白い。
まぁ、普段からサイコパスと接し、彼らのやり方を見ているうちにそ
ういう思いにかられてしまうのも解らないでも無いが、その葛藤を物
語の中軸に置く、という斬新なアイデア。さらにこの葛藤にもちゃん
「オチ」が付いているのだからすばらしい。

このシリーズは今のところこれが最終作品なのだが、楯岡絵麻シリー
ズ同様、続きがやたら気になる。出してくれればいくらでも読むので、
続きを早く!